NHK安倍人事の弊害早くも出現

2014. 1.26  大西五郎 (CBC-OB)     



 NHKの新しい会長に25日就任した籾井勝人氏が同日就任会見を行い、領土問題を放送で扱うNHKのスタンス、従軍慰安婦の問題や特定秘密保護法などについて「持論を展開」(中日新聞)しましたが、公共放送の責任者として相応しくない内容を含んでいました。



ボルトやナットを締め直す


 まず、「私の任務はボルトやナットを締め直すことである」と述べた後、尖閣諸島などの領土問題についての放送の方針についての記者の質問に「(尖閣諸島は)日本の領土ですから、これを国民にきちんと理解してもらう必要がある。今までの放送で十分かどうか検証したい」と述べました。また国際放送の問題については「国際放送では日本の立場を主張するのは当然のこと。政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」といいました。



従軍慰安婦の補償蒸し返しはおかしい


 従軍慰安婦をめぐる問題の質問に対しては「戦時中だからいいとか悪いとかいうつもりは毛頭無いが、この問題はどこの国にもあったこと。ドイツやフランスにはなかったと言えるのか。会長の職はさておき、韓国は日本だけが強制連行したみたいなことを言うからややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っているわけだが、日韓条約ですべて解決していることをなぜ蒸し返すのか。おかしい」と述べましたが、記者から「会長の職はさておきとおっしゃったが、この会見は(NHK会長としての)公式会見だ」と指摘されて「なら全部取り消します」。



首相の靖国神社参拝は問題ない


 安倍首相の靖国神社参拝についても「総理が新年で行かれたということで、それはそれでよろしい。いいの悪いのという立場にない」と云いました。



秘密保護法に「カッカしないで」


 さらに特定秘密保護法の内容や成立の過程に疑問が出されていることについては「世間が心配していることが政府の目的であれば大変だが、そういうことはないだろう。あまりかっかかっかすることはない」と述べました。(きょう26日の朝日新聞が会長発言と記者とのやりとりを伝えています)



NHK会長は単なる企業経営者ではない


シナマンサク

 放送に関わる仕事をしてきたOBの人には今更言うまでもないことですが、放送法の条文を確認しておきましょう。
放送法第三条第二項は「国内放送の放送番組の編集」の基準を示しています。

@ 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


 従軍慰安婦という制度があったことを肯定するような発言は第一号に反します。
 特定秘密保護法に反対する動きにたいして「かっかするな」ということは第四号に反します。特定秘密保護法の法律の内容、成立にいたる強引な国会運営は法律成立後50日以上経った今でも国民のあいだで廃案を求める運動が弱まっていません。大きく意見の対立している問題です。
 首相の靖国神社参拝についても国民の間で賛否の意見が分かれている問題ですし、外交問題にもなっている問題ですから、この問題をどの様に伝えるかは放送局にとって重要なテーマです。
 籾井会長の就任会見における発言はこの放送法が放送局に課している放送基準に反しています。籾井会長は商社(三井物産)の副社長やユニシスという会社の社長を経験した人だそうですが、そういう財界人の感覚でNHKという公共放送の運営を指揮する感覚でいるのではないでしょうか。



安倍人事の弊害


 NHKには「(放送)協会の経営方針その他の業務の運営に関する重要事項を決定する」経営委員会が置かれています(放送法第一三条)。そしてこの経営委員会が会長、副会長、理事を選任し、理事会が執行機関になります(放送法第二四条〜二七条)。
シナマンサク  経営委員の任期は3年で、昨年11月に5人が任期満了となり新しい委員が安倍首相によって任命(他1人が再任)されましたが、作家の百田尚樹氏や長谷川三千子埼玉大学名誉教授、首相の家庭教師だった日本たばこ産業顧問の本田勝彦氏ら保守的な論客や安倍首相のブレーンでNHKの報道姿勢を批判しているJR東海の葛西敬之会長に近いと云われる人が選ばれました。
 安倍首相は昨年国連総会に出席のため渡米した機会に保守系のシンクタンク、ハドソン研究所で講演を行い「私のことを右翼・軍国主義者と呼びたいのなら呼べばいい」といいましたが、「安倍色」の濃い人事でした。その経営委員会が会長に選んだのが籾井勝人氏です。早速の問題発言です。  「メディアのトップとしてありえない失言で怒りを覚える。即刻辞任すべきだ」。閣僚の一人は従軍慰安婦をめぐる発言を受け、籾井氏の辞任を求めた。経営委員からも「なんて節度のない発言をするんだ」。NHKのある幹部は「トップが個人の心情を公にすれば、NHKがその方向にかじを切ったと勘違いされる」。あるプロデューサーも「どんな番組を作っても『政権寄りだ』と色眼鏡で見られかねない」と話しています。(朝日新聞)。
 また籾井氏が「私の任務はボルトやナットを締め直すことである」と述べたことは何を意味するのでしょうか。NHKの番組の内容をチェックすると考えているのかもしれません。
 籾井氏のNHK会長としての適格性に疑問を持たせる就任会見です。



メディアの反応様々 鈍感な読売・産経


 この問題は新聞各紙が26日の朝刊で一斉に取り上げましたが、朝日・毎日・中日の各紙は解説も含めて「中立・公平性に疑問の声」「NHK新会長の慰安婦発言 内部から疑問の声」「NHK新会長持論展開」などという記事とともに、大石泰彦青山学院大学教授などメディア研究者の批判的意見を紹介していました。
 しかし読売新聞は「NHK籾井会長『放送法を遵守』 就任記者会見」という1段見出しの短い記事で会長の発言だけを伝えていて、問題にしていません。産経新聞の名古屋配達版は1日遅れるので27日の紙面で報道されると思いますが、インターネット版では「NHK新会長の籾井氏が韓国の対応疑問視『慰安婦問題は解決している』」と籾井会長の言い分だけを伝えていました。
(NHKのニュースは避けていたようです(報道していたかも知れませんが見ていません)。民放ではTBSがニュースとして報道しましたが、この日は日曜のためニュースの枠が小さく、他の局については確認できていません。)





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ



ロウバイ