安倍首相にこそ見せたい番組
〜ETV特集「戦時徴用船」〜

2014. 2. 9  大西五郎 (CBC-OB)     



軍に徴用された商船の悲劇


 2月8日(土)の午後11時から午前0時までのNHK・ETV特集「戦時徴用船〜知られざる民間商船の悲劇〜」という番組を視ました。
ロウバイ  戦時徴用船というのは、先の大戦中に軍が海運会社が所有する商船の何隻かを強制的に軍の支配下において、本土と日本の占領地の間の軍需品や物資・捕虜などの輸送に当たらせた船のことです。アメリカやヨーロッパ航路、南米航路の豪華客船も徴用されました。日本軍が南太平洋の制空権、制海権を失う中で、十分な対抗防備を持たなかった徴用船は、米軍機や潜水艦の攻撃を受け、多くの船が撃沈され、多くの乗組員が船と運命を共にしました。
 この徴用船の最後を記録した絵画が30数枚残されています。大阪商船(現在は大阪商船三井船舶)の豪華客船だった「ぶらじる丸」が撃沈された時、その悲惨な最後の模様を知った当時の岡田社長が大阪商船の嘱託画家だった大久保一郎さんに記録としてその悲劇を書き残すよう命じました。その後も大久保さんは生き残った船員の証言を基に犠牲になった船の最後の様子を描き留めました。乗客の婦人に救命ボートの席を譲って自分たちは海に飛び込んだ若い船員たち。部下を避難させた後沈みゆく船の艦橋で万歳をして船と運命を共にした船長の姿などが描かれています。
 こうして犠牲になった民間人である船員は全国の海運会社の合計で6万人に上るといわれています。海軍の兵士の損耗率(戦死した人の割合)が16%なのにたいして船員の損耗率は43%と3倍近くになることを番組は伝えていました。



戦争責任と首相の靖国参拝


 私はこの番組を視て、無謀な戦争を始め、ひたすら戦線を拡大し、民間人までをも戦場に動員し、十分な護衛体制も組まずに敵国の航空機や潜水艦が待ち受ける海域に出動を強制した当時の国の指導者に対する憤りを覚えました。これらの戦争指導者〈A級戦犯ら〉に対する戦争責任の追及が日本では弱かったことを思い返しました。
シナマンサク  安倍首相はA級戦犯を神として祀った靖国神社に参拝しました。「国のために命を捧げた方々に尊崇の念を現すため」だといいます。「中国や韓国の人たちの気持ちを傷つけるつもりはない」といい、A級戦犯の問題には触れないようにしています。国の最高責任者としてA級戦犯をどう思っているのかを明らかにする必要があります。
 首相は「(A級戦犯を裁いた)東京裁判は日本への空襲や原爆投下で多くの日本人を虐殺した自分たちの罪をごまかすために連合国が行った」と公衆の前で演説した百田尚樹氏をNHKの経営委員に任命しました。「日本を取り戻す」と主張する安倍氏は、本心ではA級戦犯に責任はないと思っているのではないかと思います。
 首相はぜひ「戦時徴用船の悲劇」の録画をNHKから取り寄せてでも視て、戦争中に一般国民がどのような犠牲を強いられたのか。それを推進した戦争指導者の責任について考えるべきです。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ