過剰なオリンピック報道
〜安倍改憲の問題提起薄く〜

2014. 2.16  大西五郎 (CBC-OB)     



画面(時間)を占領したオリンピック


福寿草

 2月7日からロシアのソチで始まった冬季オリンピックで日本人選手のメダルが期待されるとして、日本のテレビも新聞もかなりの分量をオリンピック関連の報道にあてています。
 放送では、フィギュアースケートで羽生結弦選手が金メダルを獲得した後の15日の朝のテレビのニュースから夜のニュースまで、「それでは羽生選手の滑りをご覧いただきましょう」などと羽生選手の演技(中には4分間の全て)を繰り返し再生しながら、採点の細部の説明まで含めて元スケート選手の解説や羽生選手の母校(東北高校に集まって応援している模様などを伝えました。
 スキージャンプの葛西紀明選手が15日(日本時間で16日未明)にノーマルヒルで銀メダルを獲得しました。16日朝のニュースは葛西選手のジャンプの映像を繰り返し、繰り返し伝えました。NHKは朝5時に「ニュースの時間ですが、葛西選手の競技の模様をお伝えします」と言って、ニュースが始まったのは5時25分でした。その分ニュースの内容が少なくなりました。



新聞も「羽生」が紙面ジャック


 新聞も15日の夕刊、16日の朝刊で「金メダル獲得」を伝えましたが、放送に劣らずかなりのスペースを割いていました。各紙の16日朝刊の記事の見出しを紹介しますと、

[朝日新聞]

1面

 羽生 金色の跳躍 男子フィギュアー初の頂点 復興願い挑んだ4回転
 19歳「これがスタート」(受賞の花束をさし上げる埴生選手の写真)

18〜19面見開き

 王子から王者に 羽生ジャンプで引き離す 重圧 チャンの十字架
  男子の主な選手の得点表 男子時代が変わった瞬間

20面

 出し切った 後は託した(高橋大輔選手の談話) 町田ヒストリーは続く
  男子フィギュアー界と羽生の歩み 羽生の金、10個目

21面

 日本カナダに惜敗 カーリング 伊藤準決勝敗退 スケート ショートトラック

35面

 羽生時代 羽ばたく 重圧耐え19歳栄冠 「僕のアイドル」プルシェンコ
 親友「大きな感動くれた」 悔しがる姿「ユヅらしい」 仙台
 高橋「最高のソチだった」 桜井の健闘後押し 同僚14人応援団


[毎日新聞]

1面

 羽生「金 誇りに」 男子フィギュアー新たなページ 勢力地図書き換え
  首相、電話で祝福

16〜17面見開き

 羽生時代幕開け 憧れの人に感謝 「これで十分」コーチは連続金
  10頭身のロミオ羽生結弦 貴公子いま戴冠 あっぱれ後半の踏ん張り
  憧れのプルシェンコは「スケート界の神」 苦しんだ絶対王者
  町田 20年分の思い 高橋 静かに終演 若い国に錦飾る(デニス・テン)
  第8・9日の記録

26面

 世界の応援 背負えた 羽生結弦の精神的成長 「被災」と向き合った3年間
 スノーボード各種目の絵入り解説


[読売新聞]

1面

 羽生「金」 フィギュアー男子初 町田5位 高橋6位
 転倒「悔しい」4年後に視線

19面

 日本カナダに惜敗 カーリング 通算2勝4敗 準決勝進出瀬戸際
  スケルトン 小室感謝の滑りで19位 ショートトラック 伊東準決勝敗退
  スピードスケート 長島が引退示唆 アイスホッケー第5日の結果
  スノーボード きょうクロス女子 変化に富むコース スピード競う

20〜21面見開き

 羽生 祈り届いた 転倒2度・・・あきらめず栄冠
  羽生の出場大会得点推移 注目5選手のフリー得点詳細
 冬季五輪の日本の金メダル 10代日本人メダリスト
 高橋 出し切った 「最高にやりがい感じる場所」
 町田 食らいついた 転倒からの復活
 チャン 重圧に沈む
 スタミナ強化 羽生のびやか
 9日目の成績 10日目の競技

28面

 被災地「私たちの誇り」 ゆかりの幼稚園 副園長ら祝福
  羽生「夢かなった」 平昌へ「自分との戦い」
  大ちゃんいい表情だった 20年支えた「お姉ちゃん


[中日新聞]

1面

 羽生 金「誇り」 フリー「魔物感じた」
 ジャンプLH葛西ら4人挑む
 3面 期待種目も遠いメダル 精神面 支援不足■情報戦で遅れ 重圧 技術 新鋭
 1990年代以降の冬季五輪の日本獲得メダル数
 18〜23面変則見開き(19〜22面は「ジュニア中日」)
 羽生 攻めて頂 加点構成転倒をカバー 皇帝も祝福「彼は天才だ」
 後半跳んだ執念 チャン 着氷乱れた テン 一気に浮上
 羽生、パトリック・チャン、デニス・テン、高橋、町田の採点表
 細い食に「汁物作戦」 支えた快挙 豪華な分業「チームゆづ」
 町田「一歩踏み出す」 高橋 バトンつないだ
 ダンスに酔う一夜を フィギュアー アイスダンス注目選手

38面

 もらったよ 勇気 ゆづぽん、仙台の宝



集団的自衛権問題など重要ニュースを押しのけて


 先週から今週にかけては重要な政治の課題がありました。安倍首相が「米艦船がどこかから攻撃された時に、近くにいた自衛艦が対処(その敵と戦う)しなかったら日米同盟に大きなダメージを受ける」 シナマンサク 「集団的自衛権について今までの解釈のままでいくなら安保法制懇(首相の私的懇談会)を作る必要はない」(つまり解釈を変更するために懇談会に行使容認の報告を出させるのが目的)と云ったり、民主党の議員が委員会で内閣法制局次長にこれまでの法制局の「集団的自衛権は行使できない」という結論を確認する質問を続けたのに対して安倍首相が「政府の最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任をもって、その上で選挙で審判を受ける。審判を受けるのは内閣法制局長官ではない。私だ」と発言したことが、「首相が変わればその都度解釈の変更が行われるのか」と自民党内からさえ疑問が出されています。この問題は国民の間でも広く討議されなければならない問題ですぅ。マスコミはそのための問題提起をする責任があります。オリンピック報道に押しやられているのは問題です。
その他教育委員会制度をどうするのか、非正規従業員をいつまでも非正規のまま使い続けることになるのかと問題になっている派遣労働法の改正(悪)問題など解決しなければならない政治の問題が山積している時に、です。



オリンピックは国別対抗戦ではない


 それともう一つオリンピック報道で気になるのは「日本がメダルをいくつ取れるか」「日本として初の金メダル」などと"国威発揚"調のニュースになっていることです。 ロウバイ オリンピックは個人が力と技を競い合うものです。国別対抗戦ではありません。日本人選手の活躍は同胞として喜ばしいと感じるのは自然の感情でしょうが、選手にメダルを取ることを強要するような報道になっていなかったでしょうか。
 女子ジャンプの高梨紗羅選手がワールドカップで好成績を挙げ、「金メダル候補」と言われ、日本の獲得予想の第一番に挙げられ続けましたが、彼女には強いプレッシャーになっていたと思われます。「みなさんに期待されて、それに応えるためにここへ来たのに、期待に応えられず申し訳ありませんでした」と17歳の少女に言わしめたものは何だったんでしょう。個人としての好成績を期待する以上に「日本に金メダルをもたらせ」というプレッシャーに実力を発揮できなかったのではないかと思えるのです。
 報道のあり方を一考してほしいと思います。

(この原稿は2月16日昼間の時点の状況を書いたものです 大西)





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ