若者はなぜ不寛容なんだろうか

2014. 4. 3  大西五郎 (CBC-OB)     



 3日の朝日新聞で「欧州の右翼 政治は難題を避けるな」という社説を読みました。
あせび  「移民の排斥などを訴える右翼思想の政党が、欧州の至るところで勢力を広げている。フランスで先月あった地方選で、右翼政党である国民戦線の首長が12の都市で誕生した。得票率も躍進し、党首は『第3の政治勢力だ』と宣言した。
 英国では、欧州連合(EU)からの脱退を説く政党が、2大政党を脅かす勢いの支持を得ている。オランダでも、反イスラム教徒を掲げる政党が世論調査で支持率トップの座を争う。
 移民が雇用を奪い、福祉を食い物にしている。彼らが増えたのは、国境の壁を低くするEUのせいだ――。共通するのはそんな不満から『よそ者』を締め出そうという考えだ。
 冷戦の終結でイデオロギー対立が消え、政策の幅も狭まった結果、選挙が時の政権を『選ぶ場』から『罰する場』に変質したといわれて久しい。特に懸念されるのは、排外的な主張が若い世代の支持を集めていることだ」。要約するとこのように指摘しています。。
 若い人たちが不寛容になっているというのはヨーロッパだけではなく、日本でも見られます。在日特権を許さない市民の会(略称在特会)という組織があります。在日コリアンの多い東京・大久保や大阪・鶴橋で「チョンコ!」「在日朝鮮人の特権を許さないぞ」「日本から出て行け」などのヘイト・スピーチをしながらデモなどを行なっています。在日コリアンが生活保護を受けているのが怪しからん。朝鮮名がありながら通名(日本風の名前)を使っていることなどを特権として糾弾しています。
かたくりの花  また先に行なわれた東京都知事選挙では、元航空自衛隊幕僚長で、イラク派兵は憲法違反という名古屋高裁の判決について「そんなの関係ねえ」と云ったり、「日本は侵略戦争をしていない」と云った田母神俊雄候補が誰も予想しなかった61万票を獲得しましたが、朝日新聞の出口調査では田母神氏に投票したのは20代で24%、30代が17%でした。
 田母神氏に若者の投票が多く集まったことについて、在特会など右翼的潮流の取材をしているジャーナリストの安田浩一氏は「若者の間には、今の日本は近隣諸国に弱腰で奪われるばかりという恐怖感があり、その裏返しで『強くなりたい』と熱望する気分がある。田母神氏はその代弁者ととらえられたのだろう」。また専修大学の岡田憲治教授(政治学)は「第一次大戦後のドイツや欧州のネオナチ勢力をみても明らかなように、格差社会が広がると若年層が過激化し、排外主義に傾く」と分析しています(中日新聞)。
 今ネットに現れているある特定の人なり現象に攻撃的で、人格否定的ともいえる言論が集中していることも、非正規雇用ばかりが増える格差社会に対する憤懣をぶつけているのかもしれません。また、道路や駅など公共の場での他人を無視したような"スマホ歩き"も、若者が自己中心的になっていることの現われかも知れません。
 アベノミクスがマスコミによってもて囃されましたが、自分の周りに恩恵が届かない若者が閉塞感を抱いて安倍流「強い日本」に共感し、右翼的な政治を許容するとしたら、いつか来た道に戻る危険があります。「偏狭な主張には正面から反論し、難題について丁寧な説明を尽くす。そんな本来の政治の責任を全うしてほしい」と朝日新聞の社説は結んでいました。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ