安倍さん「国民の信任を得て」いません

2014.12.25  大西五郎 (CBC-OB)     



第三次安倍内閣が発足


水仙

 衆議院総選挙の結果を受けて特別国会がきのう(12月24日)招集され、自民党の安倍晋三氏が第97代首相に指名され、その日のうちに組閣を終わって、第三次安倍内閣が発足しました。
 安倍首相は野党から政治と金の問題を追及されている江渡防衛相を除く全閣僚を再任(江渡氏の代わりに中谷元氏)しました。


アベノミクス選挙と言っていたのに


 安倍首相は組閣が終わったあと記者会見を行いました。首相は記者会見で「アベノミクスの成功を確かなものにしていくことが最大の課題だ」と述べながら、集団的自衛権の行使容認に伴う安全保障法制については、 水仙 「国民の理解を得る努力を続けながら、来年の通常国会で関連法案の成立を図る」と述べ、憲法改正にも「自民党結党以来の大きな目標だ。今回の衆院選の公約でも憲法改正に取り組むことを明記してある。歴史的なチャレンジと言っていいが、簡単なことではない。国民投票での過半数獲得が一番のポイントだ。どういう条文から国民投票を行なうのか、またその必要性について、国民的な理解を深める努力をしたい」と述べました(首相発言は25日中日新聞から)。
 新聞各紙は、朝日新聞が「第3次安倍内閣 経済・安保 改革の推進強調 改憲「国民の理解へ努力」。毎日新聞が「長期政権へ景気優先 改憲にも『挑戦』」。読売新聞が「首相 長期政権にらむ 憲法改正など目指す」。中日新聞も「安保法制の整備加速 経済・原発政策 継続 首相『この道に信任』」と、安倍政権が憲法改正に強い意欲を持っていることを伝えています。
 そしてこれから進める政治について「賛否は大きく分かれるが(衆院選で)引き続きこの道を進んでいけという信任を得て、有言実行、まい進していく決意だ」と宣言しました。



「国民から信任を得た」?――数字は否定している


 小選挙区での自民党の得票率は総投票数の半分以下の48%でした。それなのに小選挙区に割り当てられた議席295の76%にあたる223議席を獲得しました。比例区では得票率は33%で、議席獲得率は38%でした。
 マスコミがこぞっていう「自民大勝」は小選挙区制の制度の歪みがもたらしたものです。今度の選挙では、民主党その他の政党が自民党に対抗するため候補者の調整を行ない候補者を立てない選挙区が出ました。ですから小選挙区の得票状況から各政党に対する選挙民の支持の度合いを見ることはできません。それに比べて比例区では全ての政党が選択の対象となるため、政党に対する支持の度合いが比較的正確に現れます。だから自民党の得票率が小選挙区に比べて少なくなっているのです。
 朝日新聞の冨永格特別編集委員が「各党の地力に近い比例区の得票率で全議席を分けるとどうなるか」を試算して発表しています(25日付け「日曜に想う」)。冨永さんの試算によりますと、自民党が157(290)、民主党が87(73)、維新の党が75(41)、公明党が65(35)、共産党が54(21)、その他が37(15)と自民党以外の党の議席が増えることになります。( )内は実際に獲得した議席数。
 小選挙区の全国投票率が52.66%(比例区は52.65%)でしたから、自民党の全有権者に対する絶対得票率は小選挙区で24%、比例区では17%です。この数字で「国民から信任を得た」と言えるでしょうか。「信任を得た」を口実に憲法改正に突き進むことはするなと声を大にして言いましょう。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ