ワイツゼッカー独元大統領逝く     
     安倍首相は彼の言葉を何と聴く

2015. 2. 1  大西五郎 (CBC-OB)     



過去に目を閉ざすな


梅の花

 元西ドイツ大統領で、ドイツ統一後の初代大統領だったリヒャルト・フォン・ワイツゼッカーさんが1月31日に亡くなりました。94歳でした。
 ワイツゼッカーさんは大統領だった1985年の5月8日、この日は第二次世界大戦でドイツが崩壊した日ですが、大戦終結から40周年に当たるこの日、ドイツ連邦議会の演説で、「過去に目を閉ざす者は、現在も見えなくなる」という演説を行なって世界中から共感を得ました。ドイツ人は第二次大戦中にナチス・ドイツが行なったユダヤ人の虐殺や近隣の国々の国土を侵略したことの責任を忘れてはならないと説いたのです。
 当時私はこの演説を襟を正して聴き(読み)ました。演説の主要部分をもう一度見てみましょう。
 「ドイツ人だから罪を着せられるわけではないが、先人は重い遺産を残した。私たち全員が過去に対する責任を負わされている。それは過去を乗り越えることではないし、過去は変えられない。過去に目を閉ざす者は、現在も見えなくなる。非人間的な行いを記憶しない者は、また(非人間的な考えに)汚染されるおそれがある。和解は記憶なしではあり得ないことを理解すべきだ。」


「反省とお詫び」を言わない?安倍首相


安倍首相が8月15日に戦後70年に当たっての首相談話を発表する意向を示しています。50年には当時首相だった村山談話、60年には小泉談話が出され、「過去の植民地支配と侵略に痛切な反省と心からのお詫び」を表明しましたが、安倍首相は自分が出す談話では「反省とお詫び」という表現を使わないつもりのようです。それよりも「次なる80年、90年、100年に向けて、日本は積極的平和主義の下、アジアや世界の平和と安定のため、より一層の貢献を行なっていくことを表明する」と述べています(1月27日の衆議院本会議での共産党穀田恵二議員への答弁)。



過去と向き合うことが必要


「過去の反省とお詫び」は口にしたくないというのが安倍首相の心情のようです。
 安倍首相は戦後レジームからの脱却を政治スローガンにしています。戦後の日本の政治・社会制度は占領軍によって押し付けられたものだから、憲法も作り直さなければならないと主張しています。
 基本的人権の尊重、思想・信条、言論・表現の自由は、戦前の日本国民には権利として認められていませんでした。戦後日本国憲法が保障する国民の権利よりも、「統治」の政治を志向しているように見えます。
 ワイツゼッカーさんが指摘されたように「過去に目を閉ざす者は、現在も見えなくなる」のです。過去に日本が行なった植民地支配と侵略の事実にしっかりと目を向けてこそ、周辺諸国や世界の国々と平和で友好な関係が築けるのです。
 安倍首相にワイツゼッカーさんの談話をもう一度深く読んでほしいと思います。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ