「議員同盟」の企みを打ち砕くために

広江吉信(CBC合唱団-OB)



   昨今のマスコミ報道で唖然とし、頭にきた。
   正常な普通の人であれば誰でも同じ気持ちになるであろう。それは自民党の中曽根元首相を先頭に、自民党、公明党、民主党、その他の共産党を除く諸党239名からなる憲法9条を無くそうとする「議員同盟」なるものである。
桜の花   マスコミでは今、国民の中で広がりつつある「九条の会」への対峙としてあつかい、争点を逸らしているが、彼らの狙いは軍国主義国家の再現でしかない。
   憲法9条がこれまでに国民に対して、何か不利益なことが一つでもあったか。あったとしたら一つでもいいから答えてみろよ。
   小学生の頃の戦争中、東京大空襲の時、爆弾の降る中を愛宕山の広い墓地の下に掘られた防空壕へ、おふくろに手を引かれて逃げ込んだこと。
   長野県や山梨県へ疎開したとき、食べるものが無くて毎日毎日泣いていたこと。
   テニスボールで野球の真似ごとしているときストライクという言葉さえ使えなかったこと。
   それら惨めな思い出は沢山あり絶対に忘れることが出来ない。
   戦後八丈島へ引き揚げたが、サツマイモや里芋、お米のご飯が腹一杯食べられることが一番嬉しかった。
   戦時中、出兵して行った若い兵隊さんだと思うが、誰かが言ったそうだ。「日本が戦争を始めようとしていた時、大人たちは何をしていたのだ」と。いま大人である私にはズキッとくる。
  日本国中の正常な大人達が憲法9条を守るために、「議員同盟」の企みを打ち砕くために、今、まさに立ち上がる時ではないだろうか。

(2008年3月17日記)





こえ「目次」に戻る