5月3日憲法集会に参加しましょう

2015. 4.16  大西五郎 (CBC-OB)     



特別に重要な今年の憲法記念日


 5月3日は憲法記念日です。今から68年前の1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法は施行されました。愛知県下では毎年この日に愛知憲法会議が主催する憲法集会が開かれてきました。今年も名古屋市公会堂で「歴史のまなざしと憲法のこころ」という集会が開かれます。
どうだんつつじ  今年の憲法記念日はこれまでになく重要な意味を持っています。安倍内閣は私たちが大事にしてきた憲法九条を投げ捨てて、集団的自衛権の行使、具体的にはアメリカ軍と一体となって地球規模で自衛隊を派遣し、戦闘に参加できるようにする「国際平和支援法(案)」と外国からの攻撃が予想される場合に先制的戦闘行動に入ることを認める「重要影響事態安全確保法(案)」を連休明けの国会で成立させようとしています。憲法改正の手続きをすることなく、解釈の変更でこれを行おうとしているのです。
 一方、政府の動きに呼応してジャーナリストの桜井よしこ氏らが代表を務め、現憲法を否定する運動を行っている「美しい日本の憲法を作る国民の会」が3月19日に行なった今年度の総会で、10月末までに改憲の早期実現に賛同する国会議員の署名を憲法改正の発議要件である3分の2以上集めることを決め、各都道府県ごとに「県民の会」を組織するよう呼びかけ、すでに神奈川、栃木、高知などで会が作られました。そして憲法改正を求める1000万人署名を集めると云っています。
 このように今年の憲法記念日の集会は改憲を許さない意志を表明する大事な集会です。


 憲法集会の内容を紹介します


 憲法施行68周年・愛知憲法会議結成50周年記念 市民のつどい
        歴史のまなざしと憲法のこころ

 と き  5月3日(祝) 13:00〜16:00(12:15開場)
 ところ  名古屋市公会堂ホール
 第1部 戦後70年の日本と憲法
      高橋 哲哉東京大学大学院教授
 第2部 コンサート 沖縄のこころを歌う
      古謝 美佐子さん
 特別企画「これからの憲法運動を考える」
      森英樹名古屋大学名誉教授、 久野由詠弁護士
 参加費 一般 (前売り)1,300円 当日1,600円
     中高生・障害者・年金生活者
        (前売り) 900円 当日1,200円
 ※高橋教授は哲学者・近著に「犠牲のシステム」など
  古謝さんは沖縄民謡歌手の代表的存在の方です


 前売り券あります。
 この集会には日本ジャーナリスト会議(東海)も協賛していて、前売り券を預かっています。私か事務局長の加藤剛さんにご相談ください。券の受け渡し方法などご相談します。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ