「テレビは使命を果せ」という
 中日新聞に載った投書にどう応えるか

2015. 5. 2  大西五郎 (CBC-OB)     



 5月2日の中日新聞の投書欄に「テレビは使命を果せ」という三重県玉城町の64歳の方の投書が掲載されていました。
ニセアカシア  投書者は「言論の自由擁護を目的とした非政府組織『国境なき記者団』の発表によると、日本の報道の自由度ランキングは、順位を大幅に下げている。顕著な問題であり、由々しき問題だ。」と現在のテレビ局とテレビ放送の状況を嘆いておられます。
 そして「今日の放送業界はメディアの体をなしていない」と厳しく断じておられます。その理由として、「情報番組からワイドショー、特番、ニュースに至るまで、特定秘密保護法、原発、集団的自衛権、憲法、大阪都構想、沖縄の米軍基地など、山積する重要課題に目を閉ざしているようだ。さほど重要でもないニュースや社会問題、芸能ネタ、グルメ、スキャンダルといった番組構成でお茶を濁している。」を挙げておられます。
 おっしゃるとおりと云わざるを得ません。特にこの3月から4月にかけては、期末・期首特番が並びました。最近は期末・期首が何週間にも亘るようになりましたが、3月最終週と4月第一週の番組を見ても「世界衝撃映像100連発」(3月25日CBC)、「ザ世界仰天ニュース春爛漫・勇気と希望の感動の4時間」(3月25日CTV)、「超インテリクイズバトル”THE博学”春の3時間SP」(3月26日メーテレ)、「どっきり!夫婦きずな大賞 妻が夫に…夫が妻に…ドッキリを仕掛けたら」(3月31日テレビ愛知)、「奇跡体験!アンビリバボー2時間スペシャル」(4月2日THK)といった具合です。若手のお笑い芸人を集めたクイズ番組、それも内輪話のような質問内容。芸能人のスキャンダルの暴露のし合い。おどろおどろしいタイトルで「衝撃」、「奇跡」と事実を誇張して伝えるものなどが横行しました。
 3月末から4月のはじめにかけては、集団的自衛権の行使容認問題が国会でも論議されていましたし、自公の与党協議が進んだ時期です。沖縄の普天間基地の辺野古への移設問題、新年度予算案の国会審議など、マスコミ・ジャーナリズムとしては日本のこれからをどう進めるかについて問題点を指摘し、論議を進めるよう政治かと国民を促さなければならない時期でした。
 だから投書者は「今のテレビは獲物を捕ることを忘れ、飼い主の膝元でうたた寝しているネコのような存在だ。『目を覚ませ。爪を研げ。本来の使命を果せ』とテレビ局を叱咤しています。  そうです、マスコミ・ジャーンサリズムには”権力の見張り番”の役割があります。それなのに、政府・自民党からの番組への介入があっても、それに抗議もしないテレビ局は「飼い主の膝元でうたた寝しているネコ」と言われても返す言葉がないでしょう。「目を覚ませ。爪を研げ。本来の使命を果せ」という要請にどう応えるか、現役のテレビ局員とOBが一緒に考え、行動を起こすべき時だと思います。小さな話し合いから初めて、それを大きくしていきましょう。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ