マスコミは安倍「ポツダム宣言受け入れ」の検証を

2015. 6. 3  大西五郎 (CBC-OB)     



朝日新聞以外「安倍言明」を報道せず


宝鐸草

 安倍首相が1日に安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会で、民主党の細野豪志政調会長質問に答えて「ポツダム宣言第6項の(日本が)世界征服(をしようとした)を含めて、当時の連合国側の政治的意図を表明した文書だ。政府としては同項を含め、ポツダム宣言を受諾し、降伏したことに尽きる」と答えたことを2日の<ものみやぐら>で紹介しました。これは朝日新聞の記事を元にしたものですが、朝日新聞以外の全国紙は「1日の審議の詳報」欄を設けていましたが、この「安倍答弁」を紹介していません(地方紙には当たり切れていません)。
 テレビも放送時間が重なるため全部のニュース番組は視聴できませんでした。インターネットでホームページを開いて確認しましたが、報道していませんでした。


「首相はポツダム宣言を読んでいる」


 3日の産経新聞は「ポツダム宣言『首相は当然読んでいる』 政府答弁書」という記事を載せていました。政府は2日の閣議で維新の党の初鹿明博衆議院議員の「首相はポツダム宣言を一度も読んでいないのか。読んだことはあるが記憶に残っていないのか」という質問主意書への答弁書を決定した。
 答弁書は「総理は当然読んでいるが、通告が事前になされなかったため、つまびらかでないと申し上げた」としています。この答弁書のことはTBSも報道しました。



「ポツダム宣言は連合国が日本に叩き付けたもの」


 そうです。安倍晋三氏はポツダム宣言を読んでいました。自民党幹事長代理だった2005年に雑誌の対談で「ポツダム宣言というのは、米国が原子爆弾を二発も落として日本に大変な惨状を与えた後、『どうだ』とばかりにたたきつけたものだ」と語っています。
 首相だった13年3月に衆議院予算委員会で「東京裁判は連合国側が勝者の判断によって、断罪がなされたということだろう」と述べ、「A級戦犯は国内法的には戦争犯罪人ではない」という見解を披露しています。



ジャーナリズムの役割を果せ


どうだんつつじ

 2日の<ものみやぐら>でも私が指摘したように、安倍首相は「政府としてはポツダム宣言を受諾した」といいましたが、文脈からいえば、当時の政府が受諾したという事実を述べただけで、現在の首相の安倍晋三氏が宣言を受け容れているのかどうかは巧妙に避けています。先に挙げたこれまでの言行からは、受け容れていないということだと思いますが、マスコミが思考停止しているようです。
 マスコミは安倍首相に「貴方はポツダム宣言を受け容れているのか」と問い質すべきです。それが権力を監視するジャーナリズムの役割です。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ