私たちは戦後最悪の首相を持った

2015. 7.13  大西五郎 (CBC-OB)     



歴代首相は憲法九条の範囲内で


オニユリ

 今はあまり使われなくなりましたが「鉄面皮(てつめんぴ)」という言葉があります。広辞苑によりますと、鉄のような面(つら)の皮の意で、恥を恥とも感じないこと。あつかましいこと。ずうずうしいことを表す言葉です。
 私はこの言葉を安倍晋三首相に捧げたいと思います。戦後の宰相には、ワンマン吉田茂氏や小選挙区制の導入を図り、1人1区制を基本としながら社会党の強い地域は2人制にして自民党候補も当選できるようにしようとしてハトマンダーと言われた鳩山一郎氏、東条内閣で商工大臣を務め、戦後A級戦犯に問われた(不起訴になる)がのち政界に復帰し、日米安保条約改定を行った安倍首相が心から尊敬する祖父の岸信介氏、日本列島改造論を唱え、庶民宰相として人気を集めたが、ロッキード社からの収賄を問われて失脚した田中角栄氏、自主憲法の制定を唱え、現在も新憲法制定議員同盟の会長をしている中曽根康弘氏、首相の方針に従がわない候補者には刺客を差し向けて郵政民営化を実現した小泉純一郎氏など、数々の首相就任者がおりますが、彼らは憲法改正を唱えながらも現実政治では「憲法の範囲内」の制約を守ってきました。
 アメリカから show the flag boots on the ground と言われて小泉首相は自衛隊をイラクに派遣しましたが、イラク特措法を作り、「イラク派遣はPKO活動だ。現地では給水、医療支援、学校、道路の補修活動を行うのが目的で、戦闘行為は行わない」と、憲法九条を守ることを表明しました。



解釈改憲で九条を破棄する安倍首相


 ところが現職の安倍晋三首相は戦後わが国が守ってきた、そのために世界の国々から尊敬もされ、信頼もされてきた平和憲法の解釈を内閣に都合のいいように変えて集団的自衛権の行使、すなわち日本を戦争をする国にしようとしている戦後最悪の首相です。
オニユリ  国会における安保関連法制の審議をみても、「自衛隊員のリスクは変わらない」と言ってみたり「リスクはある」と言ってみたりと首相の答弁が日によって変わったり、「ホルムズ海峡に機雷が撒かれ、石油の運搬が困難になれば日本国民の安全が阻害されるので自衛隊を派遣する」と安倍首相の主張と「経済問題だけで直ちに自衛隊を派遣することにはならない」という防衛相の答弁とが食い違ったり、自民党のインターネット番組のカフェスタで「不良グループがアベは生意気だから殴ってやろうと相談していると、友人のアソウ君がおれは喧嘩に強いからと一緒に歩いてくれることになった。不良グループがアソウ君に殴りかかってきた。その時アベ君はアソウ君を守る行動に出る」などとお伽噺のような譬えで集団的自衛権の必要性を説いたりで、国民は「安全保障関連法についての政府の説明が不十分だ。こんな状態で今国会で安保関連法を成立させるのは反対だ」と言っているのに、安部首相は「もう十分話し合った。維新の党から対案も出たので、決める時は決める」といって今週半ばに強行採決しようとしています。


殆どの憲法学者が「違憲だ」というのに耳も貸さず


 中日新聞の憲法学者に対するアンケート調査では、回答した204人のうち9割に当たる184人が「法案は憲法違反だ」と回答しており(7月9日朝刊一面)、多くの回答者が安倍首相の政治手法は「立憲主義の否定」だと捉えています。
 ところが安倍首相は「国民の生活と安全を守るのが政治家の役割で、学者ではない」「憲法違反かどうかを最終的に決めるのは最高裁だ」と憲法学者の意見を否定しています。
 しかし、元最高裁判事だった那須弘平さん(現在は弁護士)が日弁連の安保関連法案についての勉強会で「(今の国際情勢で)憲法解釈を変更するのは法律的にも政治的にも認め難い。日本の安全が脅かされるほどの緊急かつ深刻な事態が現実に起きているとは思えない。現段階では、新たな解釈が正しいという説明を政府はしていない。憲法前文は不戦の誓いで平和を願う祈りの言葉。これを基本に国会は良識ある判断をしてほしい」(7月10日中日新聞)と述べておられます。憲法について最終判断をする最高裁の元判事の言葉を安倍首相は何と聞くのでしょう。



若者や主婦も「反対」の行動に立ち上がった


 最近の新聞には連日(読売新聞や産経新聞を除く)国会前や街頭での「安保法制反対」の集会やデモの様子を伝えています。選挙の投票率が低く、政治に無関心と見られていた若い人や抱いた子どもの将来を心配する主婦の人たちが自然発生的に集会やデモに加わっていて、これまでと違う雰囲気です。
 「新聞の片隅に載ったニュース」204号でも紹介しましたが、沢地久枝さんや鳥越俊太郎さんらの呼びかけで18日には「安倍政治を許さない」というポスターを家々に張り出したり、街頭で掲げる運動も呼びかけられています。
 60年安保闘争が行われた時の状況に近寄っているように私には感じられます。大江健三郎さんらの九条の会による「集団的自衛権の行使反対」の署名活動も行われています。これに協力することも含め、憲法九条を守るために、私たち一人ひとりが何をなすべきか考えましょう。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ