礒崎補佐官と軌を一にする首相答弁

2015. 7.28  大西五郎 (CBC-OB)     



従来の法解釈も政府判断で変更?


ひまわり

 安全保障関連法案は政府・与党による強行採決により16日に衆議院を通過し、27日から参議院での審議が始まりました。ところがその途端、安倍首相側近の礒崎陽輔首相補佐官の発言が問題となり、審議が紛糾する事態になっています。
 礒崎首相補佐官は総務省(入省時は自治省)官僚から大分県選出の自民党参議院議員ですが、26日に地元の演説会で、安保法制に関連して「法的安定性は関係ないんですよ。我が国を守るために必要な論理かどうかを気にしないといけない」述べたことが問題となっています。
 ある行為が合法か違法かなど法律上の規定が大きく変わらずに安定していることが必要(法の安定性)とされてきましたが、歴代政権が憲法上認められないとした集団的自衛権の行使を安倍政権が憲法解釈を変更して認めたことをめぐって、憲法学者から「法的安定性を揺るがす」と指摘されています。礒崎補佐官が政府の集団的自衛権行使容認を正当化するため「法的安定性は門題にする必要はない。政府の解釈の方が重要だ」と言ったのですから、野党から批判を浴び、罷免要求まで出ました。


礒崎発言をかばう首相


 菅官房長官は記者会見で「礒崎氏の発言は法的安定性を否定したものではない。辞任要求には全く当たらない」と弁護しましたが、「誤解される発言は慎まなければならない」とも云いました。自民党の谷垣幹事長は「極めて配慮に欠けたことだ」と礒崎氏の発言を強く批判しました。
 安倍首相は「法的安定性は確保することは当然で、疑念を持たれるような発言は慎まなければならないと考えている」と述べましたが、「憲法との関係とともに安保環境の変化を十分に踏まえる必要があるとの認識を示した発言だ」と礒崎発言に一定の理解も示し、辞任要求は事実上拒否しました。



礒崎氏は本当に国民にお詫びをしたのか


ひまわり

 自民党は28日午前の参院平和安全法制特別委員会の理事懇談会で礒崎補佐官が「私の発言で国民ならびに委員会運営にご迷惑をおかけし、心から反省し、お詫び申し上げる」と謝罪したことを明らかにしました。これに対し民主党は「反省の気持がないのではないか」などと批判し、鴻池委員長は「もう一度礒崎氏に注意を与えるように」と自民党側に求めたということです。
 礒崎氏は何を反省したのでしょうか。「委員会運営にご迷惑をおかけした」ことを反省したというなら、発言の時期や仕方が拙かったという反省ということになりませんか。「国民にお詫び」というなら、身内の自民党関係者に述べるのではなく、記者会見を開いて広く国民に「私の考えが間違っていました。今は法の安定性が重要と考えています」ということを述べるべきです。自民党の内部だけで形式的に謝って、問題を収めようとしているような気がしますが、皆さんはどうお考えでしょうか。


首相答弁が非現実的なことを国民は知っている


 きのう(28日)ときょう(29日)の国会中継を見ていました。きのうは「集団的自衛権の行使容認は法的安定性を損なう」などが問題になり、きょうは後方支援の兵站活動は戦闘行為に巻き込まれるということなどが問題になりましたが、安倍首相の答弁は野党の指摘にまともに答えるのではなく、「はぐらかし」答弁、「こじつけ」答弁が多く、例えば「外国軍隊に武器や弾薬を届けようとすれば、敵対している勢力から集中的に攻撃を受ける危険があり、戦闘行為に巻き込まれる」という質問に、「攻撃を受けない絶対安全な地帯で行動する」と安倍首相は答えました。しかしそのような場所にいたのでは武器・弾薬を友軍に渡すことはできないのですが、平気で「出来る」と云いました。
 もし本気でそう思っているのなら、私たちはとんでもない首相を持ったことになりますし、出来ないことが判っていても法案を通すために「出来る」と云っているのなら、許すことはできません。
 今国民は安全保障関連法が「戦争法」であることを見抜いています。だから連日、各地で反対の運動が燃え盛っているのだと思います。私たちも一声挙げましょう。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ