「生意気な安倍君」の たとえ話

2015. 7.31  井土真杉 (SF-OB)     



 ヨーロッパへ行くとあちこちにキリスト教の古い大聖堂があり、暗いその内部に必ずと言っていいほど輝かしい色彩のステンドグラスの窓が見られる。 アメリカデイゴ そしてその窓には、聖書に出てくるいろんな大事な場面の絵が描かれているのだ。というのは、昔の信者たちのほとんどが字を読めなかったことから、聖職者たちがその絵を用いて、聖書のありがたい中身の「説明」を繰り返し授けていたのである。
 驚いたことに現代の日本にも似たような光景が展開されている。国民の大多数が理解できないと言っているいまの「安保関連法案」(戦争法案とも言われる)について、「ていねいに説明する」つもりなのか首相は、米軍艦に日本人の母子が乗った絵や、アメリカの家の火事を日本の消防士が消している模型などをテレビで陳列しながら解説し、法案への理解を広げようと努めている。あたかも中世の司祭が、無学な信者たちを窓ガラスの宗教画で布教説得する姿と重なるが、番組出演者や視聴者からは「何のたとえかわかりにくい」「余計わからなくなった」などの声が聞かれている。
 「天地創造」や「処女懐胎」の話を信仰するならともかく、「理解」せよと言っても、いまの中等教育を受けた日本人には通用しないのと似ているのではなかろうか。
 アベ流の法案たとえ話にはこのほかにもう一種ある。ネットで彼が公開したネタで、あらまし以下のような話だ。<「安倍君は生意気だ」(その通り! 筆者の独り言)と私を殴ろうとする3人組の不良がいる。「おれはケンカが強いから守ってやる」という麻生君に3人が殴りかかる。私も麻生君と一緒に対応する。これが集団的自衛権なんです>と。
 難解な話だが私なりに解きほぐしてみよう。生意気な安倍君は日本、ケンカの強い麻生君はアメリカらしい。すると不良たちは? どうも中国、韓国、北朝鮮あたりだろうか、となってくる。たしかにアメリカは世界一の軍事大国で、気に入らなければどこへでも殴り込みをかけそうだ(「強い」のかどうかはベトナムやイラクの例を見る限り保証はないが)。また不良の一人が北朝鮮であることは、国会の答弁でも「北のミサイル」という表現がたびたび出ているから明らかだ。
睡蓮  首相は「不良」の一人が中国を指しているとは明言していない。しかし戦争法案が必要になったとされる「安全保障環境の変化」が、中国の軍事増強や海洋進出、さらに尖閣などの領土問題であるとしていることから、第一の「仮想敵国」は中国であることは疑いを容れない。
 要は、隣近所の「不良」とのいざこざを千里も離れたケンカ坊に頼って助けてもらい、一緒に戦争もします、という話ではないか。
 たしかに今の中国は問題が多いようだ。社会主義を掲げながら、実は資本主義国に敗けない貧富の格差が生まれ、人権無視、公害、政治家・役人の腐敗も深刻だと聞く。国土拡張の意志も強いようだ。でも日本人がこの国を「不良」で仮想の敵国と位置付けていいものか。
 私が子どものころ、中国を「チャンコロ」と呼んでさげすんでいた。そう教えられていたのだ。戦時中に帰還した親戚のおじさんからは、中国人の捕虜を銃剣で突き殺した話も聞いた。満州にいた人からは、引き揚げの苦労とともに、それまでいかに中国人をこき使っていたかを聞かされた。だから私には芯から彼らに「すまん」という思いがある。
 まして日中は二千年も前からの文化、経済の深い関係があるお隣さんである。
 一国の安全保障は外交から、敵を作らないことから、というのが鉄則だとある軍事評論家が言っていた。いま両国のちゃんとした外交関係は成り立っていない。その一因が、安倍君の生意気で国際的に特異な言動にあることは間違いない。





こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ