安倍秘書」 井上義行議員の「先制攻撃」発言

2015. 8. 5  大西五郎 (CBC-OB)     



「攻められる前に攻撃せよ」


 きのう(4日)は国会中継(参議院平和安全法制特別委員会)を見ていました。 ヤマユリ 午後の質疑で、民主党、公明党、維新の党、共産党に続いて日本を元気にする会の井上義行議員が質問に立ちました。
 井上議員は岸田外相に北朝鮮による拉致被害者の早期開放について北朝鮮に働きかけを強めるよう求めたりしましたが、私がびっくりしたのは、井上議員が自分の番がきて発言の冒頭で「わが国が外国から攻撃される危険が迫る状態になったら、敵の基地を先に攻撃すべきだという考えを私は持っています」と云ったことです。
 今国会では安保関連法制が最も大きな問題とされており、集団的自衛権が日本国憲法上認められるのか(違憲に当たらないか)、友好国支援の行動が国際法で禁じられている先制攻撃に当たるのではないかということが野党の側から厳しく追及されており、安保関連法によって日本が「戦争をする国になるのではないか」と連日国会前など全国各地で法案反対の集会やデモ行われています。


過去には拉致問題で「自衛隊を北朝鮮に派遣せよ」


 その一番の焦点である先制攻撃を「やるべきだ」という主張ですから、びっくりして日本を元気にする会のホームページを開いて、会の政策を調べました。「先制攻撃を認める」というのは会の公式の政策ではないようですが、井上議員は日本を元気にする会の国会対策委員長です。
 また井上議員の過去の議員活動についても調べてみましたら、「北朝鮮の拉致被害者を救出するために自衛隊の北朝鮮への出動を可能にする法を整備すべきだ」と主張していたことも分りました。
 井上氏は元国鉄職員で、後に総理府(現内閣府)の職員となり、安倍晋三氏が内閣官房長官のときにその秘書官に抜てきされました。第一次安倍内閣で首相秘書官も務めました。安倍氏の首相辞任に伴って井上氏も内閣府を去り、その後無所属やみんなの党から衆議院に出馬して落選を重ねましたが、2013年7月の参議院選挙にみんなの党の比例候補で立候補して当選しました。みんなの党が解散し、日本を元気にする会に移りました。



元秘書の井上さんが安倍さんの代弁?


 安倍晋三氏の秘書を永らく勤めた安倍氏の「お友達」の一員で、安倍氏と歴史認識を同じくしていると見られます。「いわゆる『安倍さんのお友達』は自分は安倍さんのことをよく知っていると思い込み、『安倍さんならこう云うだろう』ということを代わって発言する」と言った人がいますが、井上氏も安倍さんが総理の立場で言ったら問題になるようなことを代わりに言っているのでしょうか。
 礒崎首相補佐官も安倍さんの代弁をしているつもりなのでしょうか。わたしにはそのように思えます。





こえ「目次」に戻る