70年目の夏に ― 「戦争イヤ」は利己主義か ―

2015. 8. 5  井土真杉 (SF-OB)     



 毎年8月になるとテレビも新聞も戦争と平和を扱った番組、記事が多くなる。 深山オダマキ 特に今年は敗戦から70年の節目の夏とあって、さまざまの角度からこの問題を考えようとする企画が目立っている上に、盛夏に異例の延長国会で「安保関連法案」、人呼んで「戦争法案」が審議されているから、国民の関心も例年に増して高まっているのだろう。
 こうした日本のメデイァの戦争への視点は、空襲、原爆など内地の甚大な被害と国民のあらゆる自由を奪われた生活、玉砕、餓死や特攻隊など無謀で悲惨な戦場の有様、海外とりわけアジア各地での日本の加害行為など多岐にわたり、その切り口、迫力も玉石混交だが、共通して言えるのは戦争がすべて悲劇であり、よろしくない、二度とご免だ、という結論に達していることだ。
 ところが今夏は驚いたことに、この戦争はイヤという国民的雰囲気に対して、ちゃぶ台をひっくり返すような勇ましい発言が、かなり高いところから聞こえてきている。
 自民党の若手代議士で「文化芸術懇」などいわゆるアベ一族の一人、武藤貴也という男がネット上に意見を公開、安保法案に反対してデモなどを繰り広げる学生グループを批判したのだが、その言い分がすごい。これら学生たちは「<だって戦争に行きたくないじゃん>という極端な利己的考え」をもっており、「利己的個人主義がここまで蔓延したのは戦後教育のせいだろう」と言う。しかもこれは講演などで口が滑ったのではなく、文章として書いたもので、本人も訂正する気はないと言っているのである。
 バカバカしい発言と聞き流すこともできようが、やはり放っておいてはいけない気がする。
 まず「戦争に行きたくない」のが極端な利己主義だという発想。古今東西、戦に狩り出されて、表向きは別として、心から喜ぶ庶民がいただろうか。100%無法な侵略を受けた国の兵士が正義感を抱いて戦場に赴いた例はあるだろうが、これだって行かなくて済めばその方がいいに決まっている。先の大戦で「わが大君に召され」、「勝ってくるぞと勇ましく」出征した何百万の兵士も、旗を振って送った身内も、本心は泣きの涙だった。
 36歳のこのご仁、世界の国々が平和のために貢献しているとき、日本だけが参加しないのも利己主義だ、と意味不明のことを同時に書いている。そんなわけのわからぬ戦いに誰が己を捨てて出かけられるものか。
 それに現代の若者は「戦争はイヤ」でも、災害復旧のボランティアなどには多く参加しており、決して利己的とは言えない。
オニユリ  もう一つ大事なことは、利己的個人主義の蔓延が戦後の教育のせいだとしていることだ。
 「滅私奉公」を旨としてきた日本で、戦後の教育が、新憲法の主たる精神である「個人の尊重」を教え、教師たちも「教え子を再び戦場に送らない」と誓ってきたことは事実で、当然過ぎるほど当然のことではないか。珍しくも日本でこそ20世紀の半ば、敗戦時まで待たなければならなかったが、欧米ではすでに18世紀には人権、個人を何より尊重すべきだという考えが大いに「蔓延」していたのであって、それが後に日本国憲法の骨になったと言えよう。
 どうも武藤氏は日本国憲法の特徴である9条の戦争放棄の考えだけでなく、近代国家に共通の基本的人権という理念さえ転覆させようとする魂胆らしい。
 「政府が右と言うものを左とは言えない」と述べたNHKの会長について ある財界人が、「ふつう腹で思っていても、こんなことを正直に言えませんよ」と慨嘆していたが、「沖縄の新聞を潰してしまえ」とか「環境が変わったら法的安定性なんか関係ない」など相次ぐストレートな本音の吐露を見ると、親分はうそつきでも、アベ一族はよくよく正直者の集まりらしい。落語「禁酒番屋」ではないが、「この正直者めが!」と怒鳴りたい。





こえ「目次」に戻る