安倍さん、武藤議員の離党届提出に
「仕方ありませんね」 でいいのですか

2015. 8.20  大西五郎 (CBC-OB)     



武藤貴也衆議院議員に金銭疑惑


 安全保障関連法案に反対する学生団体を「『戦争に行きたくない』という自分中心、 クルマユリ 極端な利己的考え」とツイッターで批判して問題になっている自民党の武藤貴也衆議院議員が19日、未公開株をめぐる金銭トラブルを週刊文春に報じられたことを受けて、自民党に離党届を提出しました。
 19日発売の週刊文春によりますと、武藤氏は昨年、「国会議員枠で買える未公開株がある。公開されれば値上がりは確実で、必ず儲かる」とソフトウエア会社の株の購入を知人らへ勧め、23人から計約4000万円を集めました。しかし株は実際には購入されず、出資金が別の支払に当てられ、一部が出資者のところへ戻っていないということです。


離党届に安倍総裁「仕方ありませんね」


 武藤氏は金銭トラブルの発覚を受け、「これ以上党に迷惑をかけるわけにはいかない」として自民党の谷垣幹事長に離党届を提出し、党本部は同日付で受理しました。
 きょう(20日)の毎日新聞によりますと「谷垣幹事長は離党届を受理後に自民党総裁である安倍首相に経過を報告しましたが、首相は『それは仕方がありませんね』と述べた。安保関連法案への批判が強まるなか、速やかな離党で幕引きを図った形だが、野党に新たな追及材料を与え、今後の国会審議にも影響しそうだ」としています。
 実際に公開すれば値上がりが見込める非公開株に「国会議員の割り当て株」があるのかどうか知りませんが、そういう口実(国会議員の特権が行使できる)で金を集めたというのは国会議員として許されることではありません。これを深刻な問題と受け取らず、あるいは国会議員の間ではそのような特権が日常的に行使されているのか、「仕方がありませんね」でやり過ごした安倍首相の政治倫理感覚が問われます。



国民に対する責任をどう考える


トリカブト

 離党というのは党に対する責任のとり方です。武藤議員は自分の国会議員としての身分・地位の保全だけが頭の中にあり、国会議員としての国民に対する責任は考えていないようです。安倍首相(この場合は自民党総裁)も、国会議員としての責任には思いが至らなかったようです。安倍首相は「私が最高責任者です」が口癖ですが、このような問題にキチンと対処できない「最高責任者」を持った国民は不幸せです。
 なお拙稿の「新聞の片隅に載ったニュース」bQ08でも指摘しましたが、武藤貴也議員は滋賀県の嘉田知事時代に県議会で嘉田知事を支持する会派の政策スタッフを務めていましたが、嘉田知事とは対立していた自民党の衆議院議員候補者公募に応じて滋賀4区の自民党候補者になりました。嘉田元知事の下で働いていた時は知事のダム反対政策に呼応してダム反対を主張していましたが、自民党の候補になった途端ダム推進派に豹変した”実績”を持っています。このような者を党の公認候補にした自民党の責任も問われます。





こえ「目次」に戻る