戦後70年の安倍談話
           曖昧のなかの二つの明言は

2015. 8.18  井土真杉 (SF-OB)     



 半年も前から前触れが盛んで、鬼が出るのか蛇が出るのかと世界からも注目された 衣笠草 安倍首相の戦後70年談話、この14日の夕刻やっと本人のお喋りの形で発表された。ちょうどNHKローカルで私の郷里尾鷲の空襲についての番組が予定されていて、録画もしながら観ようと構えていた時で、談話の特番のためそれが飛んでしまったのがまず残念だった。
 談話というからには密度の濃いコンパクトなものかと思っていたら、だらだらと3千字もの長広舌で、その点翌日の戦没者追悼式典での天皇の「お言葉」の方が短くてもはるかに心のこもった実のあるものだった。
 安倍談話についてメディアは、世界各国の反響や識者の意見、街の声など一斉に伝えているが、私の感想としては饒舌で曖昧模糊、甘みの薄いゼンザイのように遠くを通り過ぎて行ったような感があった。
 ただそんな不明瞭な言葉の海のなかに、はっきりと言い切った二つの主張が、私にはノドに魚の骨が刺さったような抵抗感をもたらしている。それは、いろいろ世間がうるさいので妥協を重ねて悪文を練り上げたのだが、「これだけは言わせてほしい」という本心が姿を表したのかのような部分に見える。
 一つは日本の戦前の歴史を振り返るくだりでの日露戦争への評価。彼は「日露戦争は、植民地支配のもとにあった多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」と断言する。 え、そうなの?あの戦争はほかでもない、朝鮮半島と満州(中国東北部)の支配権を日本とロシアが奪い合いしたのではなかったのか。勝って間もなく「韓国併合」を強行し、遼東半島に関東軍を派遣した大日本帝国の手口を、はたしてアジアやアフリカの人が喜んだのか?しかもアジアと言えば被害を受けた当事者である朝鮮、中国を含んでいる。彼らがどんな「勇気」を得たのだろうか。
 もう一つは先の大戦で日本が世界に与えた災厄への謝罪に関して彼は、「あの戦争に何ら関わりのない私たちの子や孫、その先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と明言したことである。
御前橘  この理屈を少し敷衍してみよう。私は戦時中いわゆる「銃後の小国民」で神国日本の不敗を信じて防空壕を掘り、竹ヤリの訓練もするなど、戦争遂行に微力といえども協力したから、いくらか「関わりがあった」と言えようが、戦後9年もたってから生まれた安倍には戦争責任はないということになる。だから彼は一貫して謝りたくないらしい。要は世代の問題ではない。自分は何もしていなくても、祖父さんの代に隣近所に大きな迷惑をかけたことがあれば、誰かがきちんと謝らなければおさまらないし、子孫はそのことを自覚して近所と付き合わなければならない。それだけのことだと私は思っている。
 それを我が家は今も昔も悪くない、特にオレの祖父さん(満州経営の立役者、A級戦犯容疑者)は世の中でいちばんエライ人だと信じているらしいから困ったものだ。
 さて私には目立って見えたこの二つの明言は、彼の本音であるとともに、いまの日本にまだ広く存在している大衆的な気分のウケを狙った彼一流の策略であるとも言えそうだ。
 つまり一つに、太平洋戦争は愚かな軍部が突っ込んだ無謀な戦争だったから悲劇的な敗戦となったが、日清、日露の戦争は明治のすぐれた政治家たちが指導して勝ち、大いに国威を発揚したという古い勝手な歴史観にすり寄るものだということ。
 そしてもう一つ、ネットの右翼的世論などの影響もあって「いつまで謝らなければならないの」という、若い世代の素朴な気分への一種の扇動と見える。マスコミのなかでも読売、産経などが、談話のこの部分を評価しているのも軌を一にしている。
 「いつまでも謝る」のではない。かつてきちんと謝った立場をあえて変えようとさえしなければいいのだ。





こえ「目次」に戻る