自民議員 「NHKの政府批判は怪しからん」
マスコミは これを強く批判すべきではないか

2016. 2. 7  大西五郎 (CBC-OB)     



自民党総務会でNHK予算「了承」を2回も見送り


大西五郎代表委員

 NHKの各年度予算は国会で承認されることを放送法で求められています。このため自民党は1月29日と今月2日に総務会を開いてNHK予算案を国会で承認するかどうかを討議しました。
 会議ではNHK記者が取材用タクシー・チケットを私用で使っていた問題や関連会社員の経費着服などの不祥事にNHKとしての対応が不十分だとして2回に亘って了承を見送りました。そして6日に3回目の会合を開き、NHKが経営改革の状況を自民党に報告することを条件に了承したことを各新聞が一斉に報じました。


安保法案関連の報道をチェック


 これまでの3回の会議でタクシー・チケットの問題や関連会社員の経費着服が問題になったことは報じられましたが、NHKの報道内容が批判されたことはあまりはっきりと報じられませんでした。
マンサク  例えば、2日の会議の模様を報じた3日の中日新聞では「出席議員からは安保関連法に関する報道内容が偏っていたなどと番組への批判も出た。番組について『NHKの解説委員が無責任な評論家、コメンテーターのような発言をしている』と問題視。NHKの籾井会長は偏った考えを持った解説委員がいるとしながらも、公平、公正に配慮していると答えた」となっていました。朝日新聞でも同様の記事。毎日新聞も「一部の議員が、解説委員の個人名を挙げて批判した」となっていました。
 5日の3回目の会合でも「テレビのテロップで流れる視聴者の意見はどんな基準で選んでいるのか」といった質問が出たという(朝日)。中日新聞では「二階俊博総務会長は審議後の記者会見で、報告の要求は報道機関への圧力にならないかとの質問に対し『(報告は)良識の範囲で考えればいい。基本の基本をしっかり放送法に基いておやりくださいということだ』と否定した」としていました。
 なお、読売、日経、産経の各紙は不祥事が問題になったことを指摘しましたが、報道内容の問題には触れていませんでした。



本質に迫らぬ新聞報道


 これらの記事は私にとって”隔靴掻痒”です。解説委員の解説を批難した議員も、「安保関連法に関する報道内容が偏っていた」と言った議員も、「テロップで流れる視聴者の意見はどんな基準で選んでいるのか」と問題にした議員も、その考え方の基礎には「NHKは政府の方針や法案の内容を国民に知らせるのが務めであって、NHKの報道で安保法案を批判したのは怪しからん」と言っているのです。
 マスコミ・ジャーナリズムは権力の見張り番と云う役割を持っています。NHKも例外ではありません。ならば解説委員が法案や政府の方針に批判を加えることも役割です。新聞の報道を見ていますと、その辺が抜け落ちているように思います。新聞もテレビの報道もそのスタンスに立った報道を望みたいと思います。


(テレビの報道は放送時間が重なっているなどで十分に検証できず、新聞の報道に限りました。)





こえ「目次」に戻る