政治的資質より票を取れるかが基準の
自民党選挙候補者

2016. 2.17  大西五郎 (CBC-OB)     



公募でなった議員の不祥事相継ぐ


大西五郎代表委員

 きょう(2月17日)の毎日新聞に「自民『公募』に見直し論 人物評価困難 不祥事相次ぐ」という記事がありました。「自民党の宮崎謙介衆議院議員が女性問題で辞職したことが、候補者公募のあり方に波紋を広げている。宮崎氏に限らず、公募議員の不祥事が相次いだためだ」というのです。
 毎日新聞にはきのう(16日)も「失言・不祥事続き危機感 自民。 引き締めに躍起」がありました。
 自民党では、辞職した宮崎議員の他にも未公開株を国会議員枠で買えると持ちかけて知人から金を借り、返済をめぐってトラブルになった武藤貴也議員(離党して現在は無所属)や東京電力福島第一原発事故後に定めた除染などの長期目標を「何の科学的根拠もない」と発言し、その後誤りだったと発言を取り消して謝罪した丸川珠代環境相、記者会見で「歯舞」が読めずに秘書が耳打ちした島尻安伊子沖縄・北方領土担当相(島尻氏は2010年参院選を前に写真付きカレンダーを無料配布して禁止されている寄付行為と指摘された)など所属議員の不祥事が相次いでいます。



政治的スタンス変えて公募参加


トサミズキ

 宮崎元議員も武藤議員も自民党の候補者公募に応じて党の公認候補となり、当選しました。武藤議員は自民党と対立していた嘉田由紀子滋賀県知事の政策スタッフをしていましたが、自民党の議員死去に伴う滋賀県4区の補欠選挙の候補者公募に参加して当選しました。
 島尻安伊子沖縄・北方領土担当相は公募候補ではありませんが、元は民主党系の「アイラブ沖縄かがやく県民の会」の那覇市会議員でした。糸数慶子氏が沖縄県知事選に立候補するための議員辞職に伴う参議院沖縄選挙区補欠選挙に民主党を離党して自民・公明推薦で立候補して当選し、その後自民党に入党しました。
 このように政治的スタンスが曖昧な人物が公募で党の候補者に選ばれ、その選挙区で自民党が強い場合、そのままあまり苦労もせずに国会議員になった結果、脇が甘く、不祥事を惹き起こす原因になっているようです。それでもその結果、国会で「一強」と言われる状態が作り出されているのです。


適材適所ではない安倍ガール起用


 丸川環境相は元テレビ朝日のアナウンサーで全国ネットの報道番組の司会者などをしていて名前と顔が広く知られていました。このアナウンサー時代に当時官房副長官だった安倍首相の勉強会に顔を出し、安倍氏と親しくなったのが政治家になるキッカケと云われています。丸川氏の自民党などでのこれまでの役割は、厚生労働委員会委員、少子高齢化・共生社会に関する調査会理事、厚生労働大臣政務官といわゆる厚労族で、環境問題で活躍したとは聞いていません。自民党の中からも「丸川氏の入閣はまだ早い」という声があがっていますが、安倍首相が「女性の役割重視」のシンボルにしました。

 安倍首相の"独りよがり"の政治がこのように作られていくのは国民にとって不幸なことだと思います。





こえ「目次」に戻る