橋下徹氏がバラエティの司会者に
テレ朝の無節操 !?  いや政治的思惑か

2016. 3.24  大西五郎 (CBC-OB)     



◇「橋下×羽鳥 "新番組"始めます!!」


大西五郎代表委員

 昨夜(23日)CBCの「イッポウ」を視て、NHKの「ニュース7」を見終わって、何気なく新聞のラジオ・テレビ欄を眺めてびっくりしました。テレビ朝日欄に午後7時から約3時間「橋下×羽鳥 "新番組始めます"」という表示があったからです。政界を引退した(はずの?)橋下徹前大阪市長がバラエティ番組にレギュラー出演するというのです。
 番組のはじまる時間は過ぎていましたが、チャンネルを6に合わせました。その時は橋下氏が早稲田大学の学生時代によく通ったという食堂の場面になっており、橋下氏と大学も同学部というテレ朝の羽鳥慎一アナウンサーが大学のことや学生時代の友人などについて話し合っていました。
 やがて何十年ぶりに会うという学生時代の友人が現れ、「橋下氏は学生時代、キャンペーン・ガールとすぐ親しくなろうとした」などの裏話が紹介され、さらにもう一人の古い友人も紹介されます。この日の番組では新番組の内容(企画)を検討しようということのようでしたが、見ていて馬鹿らしくなって途中でスイッチを切ってしまいました。



◇テレ朝は何を狙っているのだろう


 橋下氏は大阪都構想の賛否を問う住民投票で過半数を得られず、政界引退を表明しましたが、その直後に安倍首相と会談するなど、政治の世界に色気たっぷりです。安倍政権の下で閣僚になるのではないかという観測も行なわれています。
カタクリの花  橋下氏が立ち上げた維新の会も「維新の会」と「おおさか維新の会」に別れましたが、維新の会は民主党と国会内で統一会派を結成し、さらに合併して「民進党」を結成することを決めました。7月の参議院選挙やささやかれている衆議院同時選挙で他の野党も加わって、自公勢力に対抗しようという動きを強めています。一方「おおさか維新の会」は憲法改正などをめぐって与党色を強めています。
 こうした時に橋下氏をメインキャスターに据えた番組を発足させようというテレビ朝日は何を狙っているのでしょうか。橋下人気で高い視聴率を稼げる番組を作ろうとしているのでしょうか。そのようなテレビ局の思惑と、あるいは今は雌伏の期間で、番組に顔を出し続けることで再び「話題の人」となり、政界復帰を狙う条件を生み出そうという橋下氏の思惑が一致したということなのでしょうか。



◇政権への"こび"でなければいいのだが


 政治評論家の淺川博忠さんは「テレビに出るのは全国区で顔を売る思惑があり、いずれ衆議院議員を目指す布石だろう。おおさか維新(の会)は関西では浸透しているが、全国では限界がある。自らはもちろん、おおさか維新の知名度アップの狙いがある。今夏に衆参同日選が実施されれば、降板して衆院選に出馬する可能性もある。安倍首相の改憲の協力者になり、ポスト安倍も狙っているのではないか」とスポニチ紙で語っています。
 橋下氏の個人的な願望だけではなく、テレビ朝日の視聴率稼ぎの願望ばかりでなく、高市総務相の「番組変更に電波停止もありうる」という放送への政治の介入、報道ステーションのコメンテーターの古賀茂明氏の発言をめぐって自民党情報通信戦略調査会がテレビ朝日の役員を呼びつけて事情聴取したことに見られるような圧力を、せめて自社だけには和らげてほしいという思惑が働いていなければいいのですが。





こえ「目次」に戻る