雑誌・世界「テレビに未来はあるか」を特集
国谷さん、金平さんらが執筆。ご一読を !!

2016. 4.21  大西五郎 (CBC-OB)     



大西五郎代表委員

 岩波書店発行の雑誌「世界」が5月号で「テレビに未来はあるか」という特集を組んでいます。
 「2010年には世界ランキング11位だった『報道の自由度』(国境なき記者団による)は、自民党の政権復活から年を追うごとに転落し、ついに2015年には過去最低の61位まで急降下した。とりわけテレビが直面する状況は危機的だ。『公正中立な番組制作への要求』を振りかざしてメディアに介入してくる政治の影はどこまで伸びるのか。疲弊し、萎縮していく現場は、この局面からどのようなジャーナリズムを展開していくことができるのか』という問題意識から組まれた特集です。
 現場で仕事をしていた人や研究者の何人かが執筆してます。



国谷裕子さん「インタビューという仕事」
(クローズアップ現代の23年)


 NHKの「クローズアップ現代」のキャスターを23年務め、この4月で交替した(させられた)国谷裕子さんは「クローズアップ現代は毎回スタジオにゲストを招いてインタビューを軸に番組を進めたりした。
 井上ひさしさんが『風向きの原則』と呼んだ現象がある。
 人気の高い人物に対して切り込んだインタビューを行うと視聴者の方々から想像以上の強い反発が寄せられる。最近ますます流れに逆らうことなく多数に同調しなさい、同調するのが当たり前だ、といった圧力、そのなかでメディアまでがその圧力に加担するようになっていないか。番組が問題点を見据えて指摘することが必要になっている」と指摘しました。



金平茂紀さん
「TVキャスターたちはなぜ声を挙げたのか」


 TBS「報道特集」キャスターの金平茂紀さんは、2002年4月に政府が個人情報保護法案や青少年有害社会環境対策基本法を国会に提出したことに対して筑紫哲也、鳥越俊太郎、田原総一郎氏ら在京民放テレビニュースのキャスターら7人が「表現の自由が侵される」として反対声明を発表した。
 今度も高市総務相の「変更した番組を繰り返した放送局の免許を停止することがある」という発言に対しても、ほぼ同じメンバーで反対声明を発表したが、テレビ報道の現場の空気が変容し、テレビ報道を取り巻く環境が息苦しさを増している。田英夫氏がTBSによって「ニュースコープ」のキャスターを辞めさせられた時はTBS労組はストライキをかけて反対しようとしたが、今の息苦しさは「内部からの要因」によるものが大きいと指摘しています。



豊富な問題点の指摘、一読の価値


 この他特集では、「番組編成基準は何を要請しているか」「政治家によるメディアへの圧力は犯罪とならないのか」「職場としてみた芸能界」「職業『女子』アナという孤独」などが並んでいます。
 私は「世界」がこのような特集を組んでいることは今月の半ばまで知りませんでした。19日に三省堂に行って、総合雑誌コーナーで「世界」2冊が平積みになっているのを見つけ購入して早速読みました。
 名古屋市の場合、各区にある図書館の多くが「世界」を置いています。インターネットで確認できますので、図書館に行き、ぜひご一読されることをお奨めいたします。





こえ「目次」に戻る