パラリンピックの感動を 民放はなぜ伝えないのか

2016. 9.19  大西五郎 (CBC-OB)     



選手の姿と観客が感動的だったパラリンピック


大西五郎代表委員

 8月は5日からリオデジャネイロでのオリンピックがはじまり、続いて9月5日から同じリオデジャネイロでパラリンピックがはじまりました。オリンピックのときはNHKも民放も競技を中継したり、ニュースのかなりの時間を競技の結果、特に日本選手のメダル獲得に充てていましたが、パラリンピックになると、NHKが実況中継やパラリンピックの特集を組んでその日の競技の結果を知らせましたが、民放では実況中継や特番はなく、通常のニュースの中で競技の結果、それも日本の選手がメダルを取ったかどうかを伝えるにとどまっていました。  障害を持った人たちが懸命に競技に臨む姿にとても感動しました。そしてメダルが獲れなくても、自己記録を更新したことを誇らしげに語る姿を見て、胸にこみ上げてくるのを覚えました。
 また観客の姿にも感動しました。選手がスタートを切る前にスタンドに向って両手を頭の上でうって観客に勇気を与えてくれるよう頼むと、観客が自分の国の選手だけに拍手を送るのではなく、一斉にグランドに立った選手を激励する拍手を送っていました。清々しいものを感じました。



障害者の競技への理解も


 17日の毎日新聞の夕刊に次ぎのような記事が載っていました。
 「16日の陸上女子走り幅跳び(視覚障害T11)で、高田千明(31)が自己ベストの日本記録を更新し、8位になった。ブラジル特有の大歓声に悩まされたが、観客の変化に、視覚障害者や障害者スポーツへの理解が少し進んだことを肌で感じた。
 1回目の試技で4m45を飛んで自己ベストを更新したが、2回目以降、場内の大音響のBGMや観客の歓声に悩まされた。
 視覚障害者の中で最重度の「T11」クラスは、アイマスクをつけた選手が「コーラー」と呼ばれるパートナーが発する声や手拍子などを頼りに跳ぶ。選手の助走時は静かにするのがマナーで、幅跳びのバックスタンド前の観客はプラカードの指示に従がった。だが、他の場所はトラック種目に一喜一憂し、ウエーブも起きた。
 コーラー、大森盛一さん(44)の声が届かない。右や左にずれる助走の修正に時間を費やし、2回連続ファールとなった。それでも終盤、場内の雰囲気が変わった。トラック種目が終わり、運営側がBGMの音量を下げ、観客も静まった。(中略)
 高田。リオ本番は試技6回で3回ファールした。「3本しか跳べなかった。もっと跳べたらさらに自己記録を更新できていたかもしれない」と悔しがった。それでも「最後はお客さんも『シーツ』と言ってくれた」。コーラーの大森さんも「何回も助走をやり直す選手を見て、客席も分かってくれたのだと思う」。試行錯誤しながらも障害や障害者スポーツを理解した運営側や観客の「静けさ」の気遣いに、2人とも満足そうだった」。



民放よ、役割を考え直して欲しい


 民放はなぜパラリンピックの放送を敬遠したのでしょか。企業や地域の応援団もいる五輪選手に比べ障害者スポーツはマイナーで視聴率がとれないと考えたのでしょうか。障害者スポーツへの理解を広めることが放送局の役割であることを忘れてもらっては困ると思います。





こえ「目次」に戻る