映画「靖国 YASUKUNI」試写会を見て

5月3日    櫛田 稔(NBN-OB)


靖国神社

  ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」が4月より全国で上映が開始される予定であった。ところが、右翼からの抗議、自民党の有村治子参議院議員、稲田朋美衆議院議員らの圧力介入によって東京・大阪・名古屋など上映日が決定していたのに全館が上映中止に追い込まれた。 映画作品の上映中止は国民の知る権利を奪い、映画制作者の言論・表現の自由を実質的に圧殺することにな.る。新聞・テレビも一斉に「国会議員による事前検閲」などと問題点を指摘した。民放連も堀 鐵蔵報道委員長(名古屋テレビ社長)名で「表現の自由確保」を求めるコメントを発表した。

   この話題の「靖国」試写会が5月1日、メーテレBスタジオで報道・映画関係者向けに行われ、幸いにも見ることができましたのでその内容と感想を報告します。
   ナレーションは一切無く、8月15日を中心に全てが映像と靖国神社で集音したノイズマイク音と李イン監督が靖国刀の刀かじ刈谷さんへのインタビューのみで構成されていました。

   映像の約8割位は、靖国神社の境内で撮影され、靖国を訪れる小泉首相や軍刀を持った軍服姿の元軍人、右翼関係者などいわゆる「靖国派」と称される人たちの主張や動きを克明に記録しています。
   靖国参拝を肯定する小泉首相などのコメントや行動がたくさんある中で、靖国批判をする青年が突然現れたかと思うと靖国側の人たちが大挙して「中国人は出て行け」と暴行し、青年は口から血を流して境内外に追い出され、警察官によって無理矢理パトカーに乗せられ病院?へ運ばれるシーンがハプニング的にありました。これも靖国の一コマでしょうか。
靖国神社
   台湾人が植民地時代に日本に徴兵され、戦死・合祀されています。その遺族が「頼みもしていないのに英霊として合祀された」「父親は侵略戦争に無理矢理駆り出された犠牲者だ。決して英霊ではない」「父親の氏名を靖国から削除して欲しい」と神社側に要請する映像は説得力がありました。

   映画の後半部分は、昭和天皇が乗馬した雄々しい映像や、中国戦線での古い資料映像などが流され終わりました。

   中国人から見た靖国神社を一切の主観を排し、客観的な視点で貫き通した映画であり、靖国神社の実態を知らない人が「靖国とは何か」を知る上で役立つドキュメンタリー映画です。
   圧力をかけた稲田朋美衆院議員は、安倍晋三氏らの人選で刺客として立候補当選した小泉チルドレンの一人です。彼女は弁護士であり保守復古派の政治家で知られ、南京虐殺は虚構と主張し、大江健三郎氏の沖縄ノートは名誉毀損として集団自決に軍の関与はなかったと弁護し敗訴した伝統と創造の会会長、日本会議国会議員事務局次長でもあります。
   有村治子参院議員は、この映画にも白いスーツ姿で登場して長い決議文を朗読するが、出演者の刈谷刀匠に「映画から自分の写っている部分を削除して欲しい」と言わせしめるよう政治的に働きかけた議員です。
   李イン監督は事前に作品の意味や、監督が考える靖国問題、歴史問題、戦争問題を全て話して、了承を得ており、編集後のビデオを刈谷夫妻に見せ「上映頑張って下さい」という激励までいただいていたそうです。
   この映画は、決して反靖国を意図したとは思えません。映像の大部分は靖国派の主張と行動を客観的にとらえており、むしろ「親靖国」ではないかとも受け取れる内容になっている。もちろん反日でもない。
   靖国を理解する判断映像を提供しているに過ぎない。あとは見る人の歴史観や思想で解釈と評価は分かれるだろう。

   私は2年前の4月、桜が満開の靖国神社を初めて訪れ、遊就館も見てきました。国家が起こした戦争遂行で亡くなられた軍人を英霊として美しく祭り上げるこの神社の性格は、熱田神宮などの神社とは本質的に異なる「戦争遂行神社」であり、「日清・日露・大東亜の各戦争は正義の戦争」であるという歪曲した歴史観で貫かれていることを知りました。

   幸いにも、中止になっていた上映館が5月3日以降全国で上映を開始される運びとなり、名古屋でも今池の「名古屋シネマテイク」で6月下旬より上映されることになりました。

   平和憲法を戦争憲法に改悪しようとする政治家たちの「心の故郷」でもある「靖国神社とは何か」を考えるきっかけになれば、この映画を見るだけの価値があると思います。



関連記事

    注目  NBN「靖国」試写会を毎日が報道


    注目  映画「靖国」試写会を見て 〜放送と新聞を素材に〜



靖国神社の桜



こえ「目次」に戻る