「土人」という言葉が生きていたのに驚く

2016.10.23  大西五郎 (CBC-OB)     



機動隊員の「土人」発言が問題に


大西五郎代表委員

 沖縄で米軍のヘリパッド建設に反対してヘリパッド予定地前に座り込んでいた沖縄の人たちに向って、警備に当たっていた大阪府警から派遣された機動隊員が「土人」と発言しました。また別の機動隊員も反対の県民にむかって「黙れ、シナ人」と怒鳴りつけたことが問題となっています。
 大阪府警は21日不適切な発言だとして、発言した巡査部長(29)と巡査長(26)を戒告の懲戒処分にしました。
 「土人」と言った巡査部長は「つい口に出た」と云い、「シナ人」と言った巡査長は「(反対する県民に対抗して建設推進を唱える集団もいて)その場で飛び交っていた言葉を使ってしまった」と云い、2人ともそれぞれの「言葉の差別的な意味を知らなかった」と述べ、「申し訳ありませんでした」と謝りました。



日本がアジアに覇を唱えるようになって


 広辞苑によりますと、土人とは「@その土地に生まれ住む人。土着の人」ということを表す言葉でした。風土記の中に「村名の起を尋るに土人の伝ふる所によれば」などの記述もあります。 ホトトギス それが「A未開の土着人として軽侮の意を含んで使われるようになった」そうです。(他に「B土で作った人形」の意味もあるようです。)
 私の子供の頃、少年雑誌に「冒険ダン吉」というマンガが連載されていました。ダン吉はある日船に乗って海に出ましたが、寝てしまい、南の島に漂着します。文明社会の知恵を持ったダン吉は村の人から尊敬を集め、やがて人々に推挙されその島の王になります。ダン吉は未開人を軽蔑したり、差別することはなく、一緒に新しい生活に取組みます。
 また、近所の大人たちが歌っていた歌に「私のラバさん酋長の娘、色は黒いが南洋じゃ美人」というのもありました。
 だから"南洋の土人"を蔑んだりする気持はなかったと思います。
 ところが日本が西欧の国々に対抗してアジアに覇を唱えるようになってから、日本民族の優位性を強調するために、文明から立ち遅れたアジアの人たちを「土人」といって軽侮するようになったのだと思います。今の若い人が「土人」と言ったということに、「今でもまだその言葉が生きていたのか」と驚きました。


警察官の間で日常的に使われていないか


 大阪府の松井知事は「表現は悪かったし、反省すべきと思う」と述べた上で、「機動隊員の彼自身命令に従がって沖縄のために無用な衝突が起こらないように職務を遂行しているわけで、個人を叩くのはやり過ぎでしょう」とメディアの報道を批判しました。
 松井知事の言う通りでしょうか。機動隊員は「言葉の差別的な意味を知らなかった」と云いましたが、その場の雰囲気からすれば、相手を誹謗する気持があったことは否定できないでしょう。大阪府警の監察室長は「発言は誠に遺憾。このようなことがないよう指導を徹底する」といいましたが、使われなくなったと思っている「土人」とか「シナ人」という言葉が、警察官の間ではごく普通に使われているのではないかという疑いも残ります。全国の警察を検証する必要があると思います。





こえ「目次」に戻る