映画「靖国」試写会をみて
             ・・・放送と新聞を素材に・・・

    校條(めんじょう)善夫(CBC-OB)



はじめに

  試写会が終わってアンケートを書いて帰った。アンケートには平凡ながら「仕上がりのよい作品だ。早い一般公開が期待される」と、どの試写会でも通るような感想を書いてきた。
アカシアの花    この投稿が発行される頃には、全国の各所で公開されていることだろう。またそれを期待したい。
   試写会が終わって連休中のある日電話のベルが鳴って「試写会の感想を書いてほしい」と、大西五郎さんから電話がきた。問題意識をもって見守っていた人は多くいただろうと思うが、私は問題の経緯については極めて「オンチ」であった。
   したがって上映に至る経緯、実はこれが映画それ自体より重要な検討課題かも知れないが、ここではその点を省略し、私が映画を見た後の感想という、狭い範囲の感想になる。
   素人の粗雑な映画評になるが、お許しを願い我慢強く一読願えれば幸いである。私以外のいくつかの感想文や批評、論評を参考にされることを期待したい。情報は多様なほど、物事の真実は掘り下げられる。



NHK「クローズアップ現代」で紹介
〜 二つの反応 〜

  5 月7 日夜のNHK の番組でこの映画をとりあげていたので、それまで知らなかった人もこの番組を見た人はこれでおよその経過は承知できただろうと思う。NHKの「クローズアップ現代」では問題の経過をたどり、テレビニュースでは映画を観た人達にインタビューをしていた。テレビニュースのインタビューでは、初老の女性が「反日というよりも、反戦の映画ですね」という一言があった。もうひとつは青年か中年かわからないが、ある男性の「なにを言いたいのか、よくわからない映画だった」という一言があった。
ドーダンツツジ    他にも発言はあったが、このふたりの発言が印象的だった。
   前者の年輩女性の「反戦の映画」という感想には共感がもてた。最近急に上映是非の論議は静かになった。その理由は断言し難いが、あるいは中国の胡錦濤国家主席の来日を控えて、その筋からの圧力があったためか。もしそれがなかったとしたら、そのまま状況をひきずって、ひとつの芸術表現は窒息させられたか、なんとも不気味で空恐ろしい現象である。言論と表現の自由の封殺。かっての戦争の前ぶれを思い出すが、「前ぶれ」だからではなく、それ自体が今我々の日常を不自由にする重大問題だから無視できない。
   いずれにしても平穏に映画の公開が続行されるよう期待したい。映画の話から飛躍したが、「反戦の映画」の一言は、そんな連想になった。これも感想のひとつである。
   後者の「監督は何を言いたいのかわからない」という話は気になる。この映画は、昭和初期から終戦までの日本史やアジア史の断片でも知っていないと、共感する部分は皆無かもしれない。人間生来の裸の心情や文学の世界とは次元を異にする物語である。この種の映画には伝聞にしろ自身の体験にしろ、あるいは書物にしろ漫画にしろ、昭和史前期の歴史認識は不可避ではないかと思う。そういう意味で直ぐに思ったことは、小学校や中学校での日本史教育は現在どうなっているのかということだった。



記号の羅列か

  この映画の背景には日本の植民地支配の歴史がある。
   あの映画で台湾の老婆が、自分の息子を靖国から「分祠してくれ」と訴えていた。この状景は台湾の日本統治の歴史を問題にしないと(知っているだけでは不十分)、おそらく理解は無理ではないかと思う。朝日新聞(5月3日)は、映画「靖国」について3人の識者のコメントを紹介していた。 津島市天王川公園のフジ 映画監督原一男氏は「(この映画は)『靖国史観』や光景を、羅列した印象だ。( この映画の)監督は人物を記号として映そうとした」と話している。
   私には単なる「記号の羅列」とは思えなかった。具体的で重い歴史的実像として胸に迫ってきた。朝日新聞に登場した3人の中では、映画監督原将人氏の発言内容に共感を抱く。
   4月の下旬だったが、名古屋市東区の「ウイルあいち」で「陸に上がった軍艦」という映画を観る機会があった。映画監督新藤兼人氏が海軍の兵士として苛酷で不条理な軍人生活を過ごした自分史を映画にしたものである。映画の題名は、海軍でありながら敗戦間近になると、敵の本土上陸に備えて蛸壺から飛び出して敵の戦車に爆雷を投げ込む訓練を指している。軍艦とは海軍のことである。この映画は、日本の軍隊の話なのでアジア史を背景とする「靖国」を理解するほどの歴史認識はなくてもわかる内容だと思うが、同じく印象深い映画だった。
   今は朝鮮人や台湾人(台湾に住む中国人か)でも、かっては日本人だった人達がいる。その人達の中には老齢で原爆症や戦前の労役による身体損傷被害等で苦しんでいる人達がいる。日本は元同胞に日本人同様の保障をするのが、人権尊重の実践であり人道と国際信義に適う行為だと思うがどうか。



分祠の実現を

  そして靖国の分祠の解決を望みたい。
   若い頃「靖国で会おう」という合言葉は日常の言葉になっていた。念のために言うが、「会う」といっても「英霊となって靖国で会おう」という話である。こういう注釈が要る時代になった。戦場での死亡は「名誉の戦死」であり、日本は必ず戦争に勝利する。だから遺族は終生大事にされ暮らしは心配ない。「英霊」となるのはごく少数である。大多数は元気に生きて帰る。だから「英霊」は尊い。こういう時代だった。事実はその話と全く違った。
   分祠ではA級戦犯の話もあるが、かりに「天皇陛下万歳」といって敵弾に打たれて戦死した兵士が「靖国」にいたとすると、A級戦犯と顔を合わしてどういう気持ちになるのか。考えたくないが、つい想像してみたくなる。
   この映画の上映は、戦争と「靖国」の結びつきを解き明かすよいチャンスでもある。
   この映画は日本の近現代史とアジア史の歴史認識を背景に鑑賞すれば、歴史認識の検証にもなるし、映画公開の意義は大きいと思う。



関連記事

    注目  NBN「靖国」試写会を毎日が報道


    注目  映画「靖国 YASUKUNI」試写会を見て







こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ