大きな感動を貰った品川正治さんの講演

      浅倉敬幸(SF-OB)     



  6月3日、革新懇主催で行われた「講演と音楽の夕べ」には1200人を超える市民で会場が一杯になりました。
  バイオリンとピアノによる音楽も楽しいものでしたが、経済同友会の終身幹事 品川正治さんの「このままでいいのか!日本」と題した講演は多くの人の感動を誘いました。
睡蓮    品川さんは、学生のころ特別授業で福井から招かれて教壇に立った詩人の三好達治さんが「こんな若い君たちが戦争に死にに行くのか」と壇上で号泣されたことは忘れられない記憶だ。また復員船のなかで、皆に読んでやれと隊長から渡された「日本国憲法」を、9条まで読んできたら感動の涙でその先が読めなくなり全員が泣きだし、隊長も泣いていたと「日本国憲法」との初めての出会いを話され、眼鏡をぬぐう年配者が目立ちました。
   品川さんはさらに「戦争は天災でない、戦争を起こすのは人間で、それを許さないのも人間」。戦争を人間の眼で見ているのが日本国憲法で、権力者は国家の眼で見ている。

   「経済も人間の眼で見る」これが経済人としての私の座標軸で私の戦後の生き方の基本、今の日本は人間の眼はおろか、国家の眼ですら見ていないし見えてない。金融資本の眼でしか見ていない。
   大企業のための「規制緩和」などアメリカの要請を拒否することにより、アメリカの世界戦略も変わり、世界史も変わる。いま日本国民は世界史を替えられる立場にいる」と時間いっぱい講演され、大きな拍手がいつまでも続いていました。



関連記事

    注目  憲法九条は、人間の眼で戦争を見ている

    注目  日本とアメリカとは価値観が違う



こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ