軍隊のない国に生まれ感謝

佐藤隆三(THK-OB)



 最近、インターネットで憲法関係の調べ物をしていて面白いものをみつけた。それは新憲法が揺籃期にあったときの首相である幣原喜重郎氏の文章だった。かれは、枢密院で憲法草案の9条について次のように説明している。
 「9条は何処の憲法にも類例はないと思ふ。戦争抛棄は正義に基く正しい道であって日本は今日此の大旗を掲げて国際社会の原野をとぼとぼと歩いてゆく。正しい事であるから敢えて之を行ふのである。原子爆弾と云ひ、又更に将来、より以上の武器も発明されるかもしれない。 シャガ 今日は残念ながら各国を武力政策が横行しているけれども此処20年、30年の将来には必ず列国は戦争の抛棄をしみじみと考えるに違ひないと思ふ。その時は余は既に墓場の中に在るであらうが、余は墓場の蔭から後をふり返って列国がこの大道につき従って来る姿を眺めて喜びとしたい。(昭和21年3月20日)
 これを読んだあと、NHKテレビで『日本国憲法の誕生』という放送をみた。番組では、幣原首相がマッカーサーに対し、「戦争を放棄するというようなことをハッキリと世界に声明すること、それだけが日本を信用して貰える唯一の誇りとなることじゃないだろうか」と述べている。
 また、『マッカーサー回想記』では1月24日(昭和21年)の会談で、幣原首相は、「新憲法を書き上げる際に『戦争放棄』条項を含め,その条項では同時に日本は軍事機構は一切持たないことを決めたい」、とマッカーサーに提案したとのこと。これはマッカーサーノートよりも前の会談です。
 占領軍による提案であろうと日本人自身による発案であろうと、いいものはいいのですが、それでも、9条第2項の「軍隊を持たない」という日本独特のかつ先進的な条文が日本人によって提案されたことは嬉しいことです。
 憲法を「改正」するかどうかを決めるのは国民です。だが、発議するのは衆参の国会議員です。誤った発議をさせないため、この政治決戦での私たち一人ひとりの判断と行動はとても大切です。子や孫たちを兵士として国に差し出す時代を絶対に招来してはいけないと決意している次第です。



こえ「目次」に戻る