その時 NHKでは何があったのか
〜ETV2001『問われる戦時性暴力』の制作現場〜

      佐藤隆三(THK-OB)     



  「ETV2001戦争をどう裁くか『問われる戦時性暴力』」をめぐる裁判の最高裁判決に対する「放送を語る会」の見解が送られてきたことで、この問題の経過を調べてみる気になりました。
愛西市(旧立田村)の森川花はす田の蓮花
  「放送の公共性の<いま>を考える全国連絡協議会(放公協)」のホームページに、この裁判の東京高裁判決の全文や松尾総局長、長井デスクの証言速記録などが載っていました。ここでは、長井さんの証言などを参照しながら、当時NHKでどのようなことが起こっていたのかをたどってみたいと思います。

   日本経済新聞社編集局の記者が最高裁判決の翌日、原告側民間団体「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」に「取材先の『期待』に報道が従うわけないだろう。常識を持て。ばか者」と匿名でメールしたことが明らかになっています。これをお読みいただきますと、どちらが「ばか者」かはあまりにも明白になるものと思います。とくに、放送現場で仕事をしたことのある人には実に簡単に見分けがつくものと思っています。

   また、このような事件はどの放送局でも起こりうることです。とくに上層部に自己保身の強い人物がついた時にはそうです。これは、憲法九条を守る上でも看過出来ない問題です。放送局の編成権を経営者に委ねるのか、経営権のない局長クラスに留めるのか、今後幅広い議論が必要なのではないでしょうか。

   主な登場人物は松尾武放送総局長、伊東律子番組制作局長、吉岡民夫教養番組部長、永田浩三チーフプロデューサー(CP)、長井暁デスク、そして、国会対策が担当の野島直樹総合企画室経営計画担当局長です。

   2000年(平成12年)9月26日、制作会社ドキュメント・ジャパン(DJ)の坂上さんが、女性戦犯法廷番組化の企画をNHKに持って行きます。その企画では「女性たちの国際法廷」〜戦時性暴力が裁かれる時〜」と題して、二夜連続シリーズとなっていました。

   NHKではその企画を、ユーゴ問題とか、フランスのヴィシ一政権の問題、アルジエリアの問題、南アの真相究明委員会のものなどを含めた「ETV2001『戦争をどう裁くか』」というシリーズの第二夜として構成することになります。

   11月16日、DJの企画に沿った番組提案が長井デスクから行われ、教養部会で通ります。委託先はNEP(担当者は林氏)ですが、実際の制作はDJが請負ます。内容が内容なので、吉岡部長から永田CPと長井デスクが関与するようにという指示が出されました。
   その日の夜、永田CPと長井デスクがDJスタッフと打合せを行い、この番組について、女性法廷の記録性を重視した番組とし、昭和天皇の責任については、女性法廷の判決・判断として放送するのであれば問題ないとの確認が行われます。 森川花はす田の蓮花

  12月20日ごろに、DJから構成案が出て来ます。それはNHKからみると甚だ不十分な構成案でしかなかったようです。NHKとしては、「女性戦犯法廷」と番組の距離を問題にします。
   NHK側の指示は、主にラッセル法廷と旧ユーゴ戦犯法廷の資料映像を提供し、歴史的経緯を踏まえたパターンを作成して、スタジオの議論の中でそれらを使ってほしいというものでしたが、20日の構成案ではそれらは入っておらず、その辺の改修を指示しています。

   12月26日にDJが制作した「女性戦犯法廷」の取材VTRを見た長井デスクらの感想は、「これも甚だ不十分なものです。具体的に我々としては、その法廷が作られてくるプロセスとか議論、それとインタビューなどがもっとあるものだと思ってましたから、それがなかったのが非常に残念でした」ということだった。

   そして、12月27日にスタジオ収録が行われます。この段階では、パターンもちゃんと作っており、ラッセル法廷と旧ユーゴの素材等も使われました。

   1月13日にその試写が行われます。試写を見た結果永田CPと長井デスクは、このままでは駄目だなと思い、どうやって吉岡部長の要求を満たしたらいいのかということを、DJのスタッフと協議を重ねます。

   女性戦犯法廷会場での感情的なシーンはなるべく少なくして、客観的な証言をつけ、加害兵士の証言などもあまり感情的なものにせず、スタジオの議論につなげるためのVTRにするべく、永田CPと長井デスク、DJスタッフは試行錯誤を繰り返します。

   1月17日に再度試写があり、まだ不十分なものだけれども違った角度からのアドバイスを期待して最初の吉岡部長試写となります。

   その結果、吉岡部長からは法廷との距離が近過ぎるとか、企画意図と違う、修正不能といった厳しい評価が下され、「お前らにはめられた。」という発言まで飛び出しています。 旧立田村の森川花はす田の蓮花

   どうするか。
   女性戦犯法廷が、死者を裁くこと、あるいは弁護人がいないことなどの不備をアナウンサーのコメントで補う。天皇有罪の判決を読み上げるところで、会場が非常に沸きたつのですが、その場面を使うのはやめることにして、客観的にということで、ナレーションにすることが現場で決まります。

   1月24日に2回目の部長試写が行われます。ここでの作品の出来具合について永田CPは裁判で、「例えば裁くことの難しさを考える上での素材等については足りないところはありましたけれども、私としては番組の趣旨をきちんと反映した、放送に足り得る立派な番組だったというふうに思っております。」と証言しています。
   ところが吉岡部長は「ボタンを掛け違えた。このまま出せばみなさんとはお別れだ。二度と仕事はしない。」と発言し、さらに番組の内容を変えることを指示します。それは例えば過去の慰安婦訴訟の映像や、女性法廷のシーン、それから女性法廷を評価し過ぎるようなスタジオコメントを削除するということでした。

   放送が間近に迫っての修正に次ぐ修正に、ついにDJは編集を投げ出します。あとはNHKの方でやって下さいということになります。

   1月24日にNHKで引き取ることが決まります。永田CPと長井デスクが構成のやり直しを行いました。
   NHKでは、取材したβカムテープをD3テープ(デジタルテープ)にダビングすると同時にS−VHSにもダビングして、S−VHSを使って仮編集をします。仮編集が完成した段階で、編集データをECSに入力し、D3テープを使った本番の編集をコンピューターで行います。そのECS作業に一日、音入れに二日、スーパーの焼き込みに一日と通常なら四日かかるところを長井デスクはECSを29日に、他の作業を放送当日の30日一日で終えるというスケジュールを組みます。

   そんなさなかの1月26日に、松尾放送総局長、伊東番組制作局長、吉岡教養番組部長、永田CP、そして野島直樹総合企画室経営計画担当局長が番組試写を行います。この段階では完成したテープはなく、DJが作成したテープや今後の編集方針にしたがった素材テープなどが吉岡部長と永田CPの説明付きで試写されます。 この試写のあと、松尾総局長と伊東番組制作局長からは、天皇の戦犯問題は取り上げるべきでないということと、野島担当局長からは、法廷に賛同している内海愛子さんが出ているのだから、法廷に批判的な研究者のインタビューも加えるべきだという意見が出されました。
   それで秦郁彦教授のインタビューが追加されます。 庄内緑地公園の薔薇

   28日の午前中に、町永キャスターと高橋哲哉助教授のスタジオの収録をやり直します。その後、午後2時から、秦郁彦教授のインタビューを撮り、素材が全部そろったのが午後4時ごろ。それから編集方針に基づいて編集が行われます。その作業が完了したのが午後6時過ぎでした。
   そのあと、吉岡部長の試写が行われます。
   基本的にはこれでいいということになり、細かい指示が数点だされ、午後11時ごろにはその修正も終わって、吉岡部長と、永田CP、長井デスクの3人による最終試写が行われました。

   その最終試写の結果、吉岡部長は「ああ、これでいいだろう」と了承します。
   長井さんのその時の受け止め方は、ETV2001の場合、番組の編集責任者というのは永田CPです。吉岡部長は現場の最終編集責任者です。ですから、我々現場のスタッフは、これは現場の最終編集責任者のオーケーが出たものだというふうに判断したと言います。

   翌、29日長井デスクは、午前11時からS−VHS編集機からデータを読み取る作業を行い、午後2時からECSの作業に入ります。終わったのは午後8時でした。

   ところがその日の夕方、まだECSの作業中に、伊東律子番組制作局長室で試写が行われます。
   試写に立ち会ったのは、松尾総局長、伊東局長、野島経営計画担当局長、吉岡部長、永田CP、長井デスクです。
   そこでは、長井デスクがコメントを読み上げ、永田CPが紙に書いたテロップ情報をその都度横から出して試写を行いました。
   試写が終わって少し沈黙があった後、野島担当局長が、「全然だめだ、話にならない」と言いだしました。
   その後、松尾、伊東、吉岡、野島の4人で話をしようということになり、永田CPと長井デスクは退席します。
   長井デスクはECSの作業に戻りますが、永田CPは、その後、番組制作局長室の前にあるソファーで待機しました。
   ECSが8時ごろ終わり編集室に戻っていた長井デスクのもとに、8時半ごろ永田CPが台本を持って現れます。試写の検討の結果、大幅に編集を手直しすることになったのです。変更点は台本に即して永田CPから長井デスクに逐一伝えられました。
   じつは驚くことなのですが、この永田CPへ変更の指示を出したのは吉岡部長ではなく野島担当局長だったのです。
   永田CPが再び局長室に呼ばれると、吉岡部長が激して、「もうやってられない」と荒れていました。そこで、永田CPがとにかく放送を出すために収拾しようと、「どこをどう直すんでしょうか」と聞きます。そして、局長室の隣の部屋のソファで野島担当局長が台本に書き留めておいた変更箇所を永田CPに伝えます。
   なぜ、永田CPに変更点を伝えたのが番組制作とは全く関係のない野島経営計画担当局長だったのか。じつは吉岡部長はその変更に同意せず、現場への指示も拒否していました。ではなぜ松尾総局長か、伊東番組制作局長でなかったのか。この変更提案のほとんどが部外者とも言うべき野島担当局長からなされており、松尾総局長も、伊東局長も完全には理解せず、野島担当局長以外に正確な変更指示が出来なかったと思われています。 睡蓮
   ここでの主な修正点は二つありました。
   一つは法廷の冒頭の部分、もう一つは吉見先生の資料を出す部分の紹介のコメント。
   これはどういうことかと言うと、
   当初長井デスクが書いた法廷の冒頭部分というのは、「今回の試みでは、日本軍による慰安所制度、性暴力が問われました」「慰安所は日本軍が占領した多くの地域に作られ、そこで、女性たちが慰安婦として被害を受けたと言われています」というコメントになっていました。それに対して野島担当局長は、永田CPに「これは、ビジネスで慰安婦になった人たちの証言ですとできないか」と言い、永田CPから「それは事実と異なる、そのようなコメントはできない」と反論されると、今度は、いろいろやりとりがあったあとで、「戦争中、女性たちが慰安婦にされた事情は様々だったと言われています。強制的に連行され慰安所に監禁された者、自発的な応募者、親が金銭を受け取り、引き渡したケースなどがありました。しかし、今回証言した女性たちは自らの意思に反して慰安婦にされたと主張する人たちばかりです」というコメントでいくことが決まります。
   映像では、慰安婦の存在を消す、慰安所制度に対する日本軍及び日本政府の組織的な関与を消す、女性法廷が日本政府及び昭和天皇の責任を認定したという判決部分を消す、あと戦後の日本政府の関与や責任、対応の部分を消す、というようなことが行われています。
   その結果、番組は4分カットされることになり、女性法廷に批判的な秦教授のインタビューを1分半プラスし、ほかに、こまごまと意味のないプラスをして43分番組を作りあげます。
   このとき、野島担当局長は、「毒は食らわば皿までだ」と言ったといわれています。

   この決定を受けて、長井デスクはECSによる再度の編集に追い込まれ、映像技術に頼み込んで、特例ということで技術職の管理職対応で深夜作業の編集にとりかかります。
   翌30日にはナレーションを入れなければならないので、吉岡部長と長井デスクはコメント直し作業を早朝までかけて行いました。

   長井デスクは仮眠も出来ずに、放送当日である30日の朝9時からダビング作業、外国語の吹き替え、音楽を付けたり、ナレーションを入れるという作業を行います。
   平行して、別チームがECSでテロップを入れるという作業を行いました。

   「音入れ作業」には、音声と音響効果のスタッフ、吉岡部長、永田CP、長井デスクが立ち会い、入れ替わり立ち替わり声優さんが入って、吹き替えを行いました。また、午後からは広瀬アナウンサーがナレーションの録音を行います。
   本来は2日かけてやる作業を1日でやるわけですから音声のスタッフも、音響効果のスタッフも大変でした。 柏葉紫陽花

  ところが、その作業中に野島担当局長と永田CPとの電話でのやりとりがあり、吉見先生を紹介するコメントが、当初は「今回の民間法廷には、歴史学の専門家が出て、慰安所制度に軍が関与したことを示す文書を提出しました」となっていたものを、「今回の民間法廷には歴史の専門家が招かれ、慰安所の募集に関する文書などを提出しました。これは民間による慰安婦の募集のときのトラブルをなくすことを目的に、軍が関与したことを示す資料です」と変更されることになります。

   広瀬アナのナレ取りが終わったのが午後4時過ぎ、そのあと、映像に音声を付加するミックスダウンを6時すぎに終えています。

   これで本来なら完成なのですが、ミックスダウンの最中に松尾総局長から電話が入り吉岡部長が呼び出されていきます。 しばらくしてから吉岡部長から永田CPに電話が入り、吉岡部長は、「3か所切ることになった」と伝えます。。一つは中国人の被害者の紹介と証言、もう一つは東ティモールの元慰安婦の方々の紹介と証言、そして慰安所制度や性暴力、強姦などについて語る加害兵士、元日本兵の方々の証言を切れという指示だった。

   それに対し、長井デスクはこれは絶対に切るべきではないと考えます。
  「これまでの大幅な変更を受け入れた私の理由は、番組がめちゃくちゃになってしまいましたけれども、 元慰安婦の方々の証言が残ることに意味があるというふうに思っていました。そこを切られるのは絶対だめだと思いました。」と証言しています。
   また、いま再編集するということは、44分番組が40分番組になるということで、こんなものを放送すれば、外に向かって番組が改編されたことを公言するようなものだと吉岡部長に訴えています。
   吉岡部長の返事は「それはおれも分かっている。おれも松尾にそう言った。だけれども、松尾さんは、『おまえらとこれ以上、番組論の議論をするつもりはない、これは経営判断だ、責任はおれが取る』と言っている。松尾の翻意は難しい。言われたとおり、指示どおり作業を進めてくれ」ということだった。

   永田CPも松尾総局長に抗議に行きます。そこには野島担当局長と伊東律子番制局長がいた。「どうして一番大切なその被害者の証言を切るんですか。やっていいことと悪いことがある。こういうことをするとNHKが致命的な傷を負いかねない。考え直してほしい」と説得しますが、松尾総局長は「放送に対する責任は私が取るのだから、私が納得する形で放送してほしい」と言い、野島担当局長は「君が、まじめで一生懸命なのはよく分かった。でも、これはもう決まったことなんだよ」と言って突き返します。
   伊東番制局長は何も言わなかった。 睡蓮

  一方、長井デスクは当時日放労の組合員だったので、組合の放送系列の委員長に電話で事情を説明し、組合からの働きかけを申し出ます。結果は、「これまで全く情報をもらっていなかったので、今すぐ動くことは難しい」という回答で、組合がこの問題で動くことはありませんでした。

   この段階で長井デスクが考えたことは、作業を拒否して放送を中止すると言うことに対する被害と影響の問題です。
   「作業を拒否して放送を中止するという方法も確かにあったと思います。当時、私の下に3人新たにディレクターが入っていましたので、デスクがそれを要請すれば、担当ディレクターたちも、音響効果の人たちも全員作業を拒否したと思います。けれども、まあ、恐らくそれは私だけじゃなくて、彼らもやっぱり処分の対象になるだろうというふうなことも考えました。」

   そう判断した長井デスクは具体的な編集作業に入っていきます。
   まず、予定どおり43分ものを仕上げます。
  その後、その3ヵ所のカットを行い、40分ものの完成品が出来上がります。音入れが済んだテープを編集したので、放送に耐えないものが出来上がったのです。
   作業終了は午後9時近くになっていました。
   放送開始時刻午後10時はもう目前でした。



関連記事

    注目  「ETV2001事件」  最高裁判決についての見解  <放送を語る会>



こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ