息子殺しの犯人を告発しながら
    戦争そのものを告発した映画

「告発のとき」

      大西五郎(CBC-OB)     



  「告発のとき」(原題名はin The Valley of Elah)というアメリカ映画を見ました。
   イラクから2週間前に帰還した息子が基地から失踪したという知らせを受けた父親(サントリーBOSSのCMで宇宙人ジョーンズ役を演じているトミー・リー・ジョーンズ)が息子を探しに行きます。父親は息子が軍からの脱走ではなく、殺されて死体がバラバラにされ焼かれたことを知ります。
立田の蓮    元MP(字幕では軍警察)軍曹の父親は犯人を告発すべく地元警察の女性刑事(シャーリーズ・セロン)と一緒に真相解明に迫るなかで、軍隊の同僚と諍いで殺された事実を突き止めますが、その過程で兵士のイラクでの任務の過酷さが語られていきます。イラクでは「移動中どんなことがあっても車を停めてはいけない。停めたらロケットで撃たれる」というのです。息子は移動中に道に出てきたイラク人の子供をハネて死なせます。息子はPTSDに悩まされ、何でもないことで同僚と諍いを繰り返していたこともわかりました。

   脚本、監督は「クラッシュ」でアカデミー作品賞を受賞したポール・ハギス。ハギスは息子を殺した犯人を告発する形を借りながら戦争そのものを告発していました。アメリカでこういう映画が作られたことに、アメリカの健全な民主主義を感じました。皆さんにお勧めできる映画です。


  「告発のとき」は名古屋駅前のトヨタセンチュリービル2階の「ピカデリー6」で7月25日まで上映しています。

   

こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ