八月の感慨 ・・・「東條直筆メモ」に思う・・・

井土真杉(SF-OB)     



 

  子どもだったとはいえ戦時中にもの心がついていた私たちの世代にとって、やはり8月は特別な思いのある月である。廣島、長崎の原爆被災、ソ連の参戦、そして「玉音放送」で敗戦へと、まさに世界史的に濃密な時間を経験したのだから。
ネコノヒゲ
  1945年8月、現在の(三重県)紀北町矢口浦の父の生家に疎開していた5年生の私は、折から今でいう熱中症(魚釣りが原因)にかかって高熱と下痢でふらふらしていたし、もともと極度の情報不足の時代だから、日本が戦争に負けたといわれても何がなんだかよくわからなかった。ただはっきり覚えている当時の気持ちは、一つはもうB29や艦載機の空襲がなくなり逃げなくてもよかろうという安堵感。もう一つは、ずっと信じ込みながらもどこか一抹の不安があった「神州不滅」、「必ず神風は吹く」という国の教えはやっぱり嘘だったのだ、という感慨だった。歌い続けてきた「金甌無欠(きんおうむけつ)ゆるぎなきわが日本の誇りなれ」などという愛国行進曲の文句も、裏づけのない一種の「信心」に過ぎなかったことがわかり、子どもなりにほっとしたともいえようか。

   ところがこの終戦前の数週間、わが国家の中枢部では、私の二つの感慨とは程遠い宗教的ともいえる政治劇が繰り広げられていたことが後になってわかってくる。
クマゼミ    勝った勝ったと国民をあざむきながら、太平洋でも大陸でも、さらに沖縄、本土空襲と完全な負け戦でどうにもならなくなった日本の中枢は、7月下旬、連合国から「ポツダム宣言」によって事実上の降伏を迫られるのだが、それへの対応をめぐって、天皇を中心に陸軍、海軍、政府、元老らの議論がもめにもめた様子はさまざまな資料で示されており、たいへん興味深いのである。
   かねてからソ連の仲介に望みをかける一方、三種の神器(神代から天皇家に伝わるとされる剣、鏡、勾玉のこと)をどう守るかに腐心して降伏に消極的だった昭和天皇も、ソ連参戦、2発の原爆による未曾有の大被害という事態に意を決し、ついに8月9日夜の御前会議でポツダム宣言受諾を表明したと伝えられる。地下壕でのその御前会議に出席していた内閣書記官・迫水久常は、天皇が白い手袋で眼鏡と頬をぬぐっていた様子を回想し「建国二千六百余年日本の初めて敗れた日であります。日本の天皇陛下が初めてお泣きになった(ほんとかな?)日であります」と書いている(「終戦の真相」)。
   ところがその後も「国体護持」にこだわって内部ですったもんだがあり、最終的な受諾の「聖断」が下されたのは14日だった。この数日間にもいかに多くの兵士や非戦闘員の尊い命が失われたことだろうか。
   これら降伏をめぐる内部資料は天皇自身の「独白録」をはじめ、側近や首相らの日記などさまざまあるのだが、最近になって東條元首相の8月10日から14日にかけての直筆のメモが国立公文書館から発表され、大きく報道された。 ブーゲンビレア 若い人は知らないかもしれぬが、東條英機大将とは太平洋戦争開戦時の首相でいわば戦争の張本人だが、終戦時には更迭されていて御前会議に出る立場ではなかった。ただ会議の決定に関して「重臣」として意見を求められたということで、当時のやりとりをきょう日の人間にはとても書けないような美文調の文語文で、ハガキ30枚分のメモとして残していたのが見つかったのだ。その要旨は、つまるところポツダム宣言受諾などとんでもないことだ、ということ。曰く、武装解除されたら手足をもがれたようなもので、国体護持もあったものではない。それができなければ「一億一人となるを敢然戦ふべきは当然なり」とし、大義のために今もみな敢闘して喜んで死んでいるのだから、「新爆弾に脅へ、ソ連の参戦に腰を抜かし」て降伏した印象を与えては将兵、国民の士気にかかわる。簡単に手を挙げるような指導者や国民がいるとは夢にも思わなかった、と彼は悔しがっている。でも1億人が一人になってしまって、はたして天皇の安全や国体とやらが守れると思っていたのだろうか。
   こんな理不尽な意見が仮にも採用されなくてよかったと今もしみじみ思う。だいたい「元総理」などというものは古今ろくな役割を果たした試しがない。



こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ