私が2○○9年に期待する事。
(親父ギャグとの批判にも負けず)

水谷芳孝(NHK-OB)     



  独断と偏見で、西暦2009年を読み解くことにする。
紅葉した桜の葉
   単にキリストの生誕から数えた数字が2009である。厳密にはキリストの誕生日からではないとのことですが、今回は数字の語呂合わせであるから無視して2○○9を眺めると、2はヤマト言葉で「フ」である。すなわち、「ヒ」「フ」「ミ」「ヨ」「イツ」の2は「フ」と読みます。そこで、フ千救年と考えて、不戦を救う年としました。

   更に、アラビア数字の零が輪に見えてきました。○(輪)が二つ並んでいますので、並輪となり、ヘイワと発音すると平和と浮かびます。ゼロを発見した昔の印度人を尊敬、ただし、核兵器を持つ現代インド政府に猛省を求めよう。
四季桜
   さて、2○○9年を不戦平和救年と考えての活動は、憲法9条を護る運動は従来以上に行うとともに、憲法99条の「公務員は、憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」を世間に声を大にして訴えることが必要である。
   攻撃型飛行機の現場責任者が肩書き付きで、物的証拠の印刷物に不戦平和理念の現行憲法精神を批判することを書いている。
   正しく憲法99条違反であると、わたくしは思いました。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ