月に願いを!

坪井龍雄(CBC-OB)     



  1957年 民放局に就職した翌年。ある資格試験を受験しました。当時は口頭試問もありました。試験官からの第一問は「貴方は、人類が将来地球の重力を脱して地球外に出ることが可能だと思いますか?」 まったく想定外の質問にドギマギ。 シナマンサクの花 少し考えて「不可能だと思います」と答えました。試験官の一人が、「同感!」とも取れる反応を示しました。
  なんとそれから半年も経ないある日ビッグニュースが飛び込んできました。
  ソ連がスプートニク1号を発射、成功。1ヶ月後に2号成功。この2号にはライカ犬も搭乗とのこと。
  翌日午前5時ごろラジオ放送開始前の社の屋上で、数人の仲間とこれを直視することができました。真西から頭上を経て真東に、白く輝く物体がゆっくり移動していきました。短波受信機から、ピ、ピという音を発しながら。
  このときの情景はいまだに強烈に焼きついています。
  この時点から、米ソの激烈な開発競争が展開されたのはご承知のとおりです。その後日本も衛星打ち上げ能力をもち、数多くの衛星を成功させています。私はその中で、2つの衛星とあるつながりを持っています。
   2003年の「はやぶさ」、2007年の「かぐや」です。
  「はやぶさ」では、日本惑星協会の企画、「貴方の名前を星(小惑星イトカワ)に着陸させよう」のキャンペーンに、世界から88万人が参加しました。
  次の「かぐや」(月周回衛星)では、名前とメッセージとなりました。20文字以内という制限のなかでメッセージをいろいろ考えました。結局「日本国憲法第9条を守ろう 坪井龍雄」に落ち着きました。
蕾のロウバイ   発射のときはハラハラドキドキ、でも以後、すべて順調。月を巡る軌道に投入され、多種な観測を見事にこなしています。関係者の奮闘には、心から敬意を表します。
   あれから一年余、先日テレビ番組「かぐやと巡る月世界」(NHK)でその成果の一端を見ることができました。ハイビジョンカメラでの鮮やかな月の素顔、そして月から見た青く輝く地球。驚きの連続でした。
   今回の 「月に願いを!」 キャンペーンには、41万人の人が参加しているとのこと。多分私と同じ趣旨のメッセージも多くあり、それを刻んだシートを搭載し地球を睨みながら、健気に周回している「かぐや」に拍手を送ります。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ