アフガン、イラク戦争について

坪井龍雄(CBC-OB)     



  2001年。あの9・11事件のあとアメリカは、ただちに翌10月アフガニスタンに侵攻し、続いて2003年にはイラクへと侵攻していきました。この時点でのアメリカのメディアの大勢は、戦争に肯定的立場をとっているように見えました。
はぼたん    そのあたりを実際に見てみたいと思っていましたら、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストの記事(電子版)が無料で入手できることがわかり、申し込みました。それから、連日多いときは、日に2,3通の記事が届いています。
   内容は、写真、動画を含め質、量ともになかなかのものです。
   ただ私の英語の読解力が貧しく、大半が読めないでいるのが実態です。でも、なんとなく雰囲気は読んでいます。

   その後戦況は泥沼化、戦死者数が増加するなかでメディアの論調は、変化してきました。ニューヨークタイムズは、2004年5月、それまでの自社の報道の誤りを認めました。
   また、米ABC放送は、2004年4月の深夜番組「ナイトライン」で追悼番組として開戦以来戦死した米兵全員(700名余)の顔写真を出し、氏名をひとりひとり読み上げる放送をしています。これには賛否両論があり、反戦プロパガンダとして放送拒否の局もあったようです。

   その後、ワシントンポストのWEBサイトに同様な内容のものがあるのに気づきました。
   ここには、米兵の戦死者についての非常に詳細なデータが公開されています。現在でも、毎日更新されていて、戦死者数4800名を超えています。 スイセンの花 顔写真、所属部隊、年齢、出身地、死亡日時、死因、出身地の地図などなど グラフ表示を含め統計的に処理されたデータが表示されます。画面は一見シンプルなつくりですが、その仕組みには驚きました。
   年齢の分布をみると、20歳、21歳あたりの年齢がとくに目立ちます。前途有為の若者が犠牲になっていることは悲しいことです。

   一方もっとも心を痛めるイラクでの民間人の死者の数については、いろいろな機関、組織が推計値を発表しています。10万人(Iraq Body Count)から100万人超(Daily JCJ参照)などあり、正確な数の把握は困難です。
   さらに負傷者などを加えると、想像を絶する多数の人々が犠牲となっています。その苦悩ははかりしれません。 大義なきこの戦争が一日も早く終結し、平和が訪れることを祈ります。


青字のwebサイトをクリックするとリンクします。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ