映画「フロスト×ニクソン」を見て

大西 五郎(CBC-OB)     



  「フロスト×ニクソン」という映画の試写を見ました。
  四季桜ウォーターゲート事件が発覚してアメリカ大統領の歴史上初めて辞任に追い込まれたニクソン元大統領が、ヘリコプターでホワイトハウスを去る時の実況中継から映画は始まります。
   イギリスとオーストラリアでトークショー番組の司会者をしているフロストはこの中継が世界中の4億人が見たことを知り、それが成功すればアメリカの放送界に地位を築けると、ニクソンへのインタビューを企画します。
   紆余曲折を経てインタビューが実現するまでを映画は追いますが、ニクソン側は60万ドルのギャラを要求し、質問項目や順番(ウォターゲート事件についての質問は最後にしろ)、応答の時間の割り振りまで決めて契約するという、アメリカテレビ界の内幕も描かれます。一方、フロストの側も放送界で活躍しているジャーナリストやノンフィクション作家(後にニューヨ−ク・タイムズ編集長になるジェームス・レストン)を参謀につけて質問内容を練ります。



テレビの機能の素晴らしさと恐ろしさ


  インタビューが始まると、ニクソンはフロストの質問を巧みな話術でそらし、大統領としていかに成果を挙げたかを強調し、勝ち誇ります。そのやりとりは、インタビューが言葉の格闘技であることを示しています。このあたりのニクソン役を演じたフランク・ランジェラの演技は秀逸。
ピラカンサスの実   そして4回目、最後のインタビューを前にフロスト側はニクソンがウォターゲート事件の隠蔽を図り、金も使って司法妨害したことを示す未公開の資料を手にいれます。この資料をニクソンに示して「あなたは法を犯した」と迫ります。追い詰められたニクソンは「仮に法に適わないとしても、大統領が行えば、その行為は不法行為ではなくなる」と発言します。
   この時のニクソン(フランク・ランジェラ)の表情は事態が何であるかを、余すところなく伝えます。テレビの恐ろしさです。
  テレビというものがどういう力を持っているのか。使い方によって真実を伝え、あるいは虚偽を真実らしく伝えるという機能を持っていることを考えさせる映画でした。
   なお、この映画は3月28日から、名古屋市東区の名演小劇場で上映されます。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ