野宿の青年は派遣切りされた青年だった!

穴澤 仂(NBN-OB)     



  1月12日(月)祝日、寒い中、岩倉市五条川沿いの『いこいの広場』で若者二人が沢山の荷物を抱え野宿していた。
ロウバイ   事情を聞くと「大口町の東海理化に派遣されて働いていたが、契約は5月末なのに12月末で解雇された。派遣会社サミット東海(本社豊田市)の寮がこの近くにあって寝起きしていたが1月8日に追い出された。東海理化はトヨタ自動車の関連工場で、部品を作る仕事で時給1100円だった。12月分の月給は1月20日支給なので所持金もそんなに無いので野宿するしかないと思い4晩過ごした。自分たちは秋田と沖縄から来て1年余り、20日に金が入ったらそれぞれ帰省するつもり」と言う。
   早速、今晩の宿泊を相談して一宮市の共産党議員板倉さんが引き受けてくれた。
   翌13日、当市の共産党議員と市役所に行って、災害時用の緊急避難用住宅をすったもんだの交渉の結果、1月20日まで1週間確保した。
   この住宅、めったに使用したことがないため、生活設備は皆無、屋根と畳があるだけ。野宿よりはましといった程度。
   市から寝具が貸与され、暖房器具や当座の生活用具は声をかけてかき集めて運んだ。
   風呂も壊れていてダメ。テレビもアンテナがないので映らないなど不自由な仮住まいだが我慢するしかない。
福寿草   14日から金山の愛労連の労働相談に行って指導を受け、犬山のハローワークで雇用保険の受給資格の有無を確かめたり江南の労基署に出向いて、契約期限内の首切りに補償はないのかと確かめたり、離職票が秋田、那覇の親元に郵送されていたのでこちらに返送してもらったりとボランティア支援活動をみんなで協力した。
   20日、21日と尾張健康友の会が運営している施設『ひだまり』に宿を移して、22日、二人の青年はそれぞれ秋田、沖縄へ帰って行った。

   二人は「首切りを宣告され、12月中、工場で働きながら、次の働き口を探したが無かった。寒空に放り出されて、自分たちの味方は居るんだろうかと大変不安だった。公園で声をかけられた時も『どっかに行け!』と言われるんだろうと思った。皆さんにお世話になったが本気で支援してくれるのか最初は半信半疑だった。皆さん、いい人ばかりで勇気づけられ、元気に挑戦して再出発できそうです」と旅立った。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ