「『自衛隊のイラク派兵差止め訴訟』判決文を読む」
という本が出版されました。推薦します。

代表運営委員  大西  五郎     



茶臼山で撮ったザゼンソウ(09.3.15)

  私のところに自衛隊イラク派兵差止め訴訟弁護団の事務局長をなさった川口  創弁護士から「『自衛隊のイラク派兵差止め訴訟』判決文を読む」という本が贈られてきました。「お世話になった皆さんにお読みいただきたい」という手紙も添えられていました。
  私はこの訴訟で証人となり、戦争中の少年時代に軍国主義教育を受け、戦後新憲法に出会って、これこそこれからの道と感激した経験を話すとともに、自衛隊のイラク派兵で、国際貢献の名のもとに軍隊が外国に出かけることを戦前のように正当化する論理が強まっていることに危険を感じると証言したからだと思います。
   この本は、川口弁護士と編集者、評論家、漫画原作者の大塚英志さんとの対談で、自衛隊のイラク派兵は憲法違反とした名古屋高裁の判決についての対談をまとめたものです。
  川口弁護士が「裁判で勝てるか?」と訴訟に踏み切ることを迷っていたときに、書店で見た中学生や高校生が自分たちの言葉で憲法前文を書いた文章を集めた「『私』であるための憲法前文」(角川書店)を手にして感激し、それまで面識もなかったこの本の編集者の大塚英志さんと連絡をとり、大塚さんに「背中を押されて」訴訟弁護団の活動に取り組んだと本の中に書かれています。

   この本の目次を紹介すれば本の中身がわかります。


なぜわれわれはこのような裁判を始めたのか?


第1章  始まりのきっかけは何だったのか
第2章  誰でも参加できるようにやったことは
第3章  一審ではどう闘ったのか?


この判決文には何が書かれているのか?


第4章  初歩的だけど素朴な疑問
第5章  一言一句に意味がある判決
第6章  事実認定が明らかにするイラク戦争の実態とは?
第7章  政府答弁から導き出された違憲判決
第8章  「平和的生存権」の使い方



未来に対してこの判決文はどんな影響力をもつのか?


第9章  この判決は誰に向けたものなのか?
第10章  この判決の意味をもう一度考えてみよう


  という内容で、名古屋高裁の判決全文とイラク戦争の年表も付けられています。
   定価は1,500円(税別)ですが、川口弁護士と大塚さんは印税の全部をイラクの子どもたちの支援に使われるそうです。一読をお奨めします。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ