衆議院・参議院のネットでの中継について

2009.4.23    坪井龍雄(CBC-OB)     



  ご承知の方も多いことと思いますが、数年前から本会議はもとより各種委員会でのほぼ全審議についてネットで生中継され、その後は録画でみることもできます。
桜通りのヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)   私は、平成15年ごろ、衆議院憲法調査会などをよく見ていました。当時は、女性天皇の是非をめぐっての議論がひとつの問題でした。技術的に画音とも、まずまず十分なレベルの品質で討議を詳細に、そして生々しい現場の空気を感じることができました。
   その後しばらく見る機会がありませんでしたが、最近また見ています。
   ひとつは、ソマリア沖での海賊対策法案 (海賊対処・テロ防止特別委員会)
これは連日の討議のあと 本日4月23日委員会で採決がありました。
   次にわれわれ放送人OBにとって大いに関心のある地デジ問題です。とくに4月9日衆議院総務委員会ではアナログからデジタルへの移行をめぐっての発言がいろいろありますので、一度覗いて見られることをお勧めします。
   見るための手順は簡単です。特別の予備知識も不要です。
   インターネットに接続できるPCと、Windows Media PlayerというソフトがあればOKです。このソフトは、多分皆さんのPCに既にセットされているはずです。もしなければ無料で簡単に入手できます。バージョンは、9以降であればOKです。

   いきなりですが、次のURLをクリックしてください。
   これは、衆議院総務委員会 4月9日冒頭部分のURLです。接続のための若干の時間がかかりますが議事冒頭の映像と音声が出てくるはずです。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=39717&media_type=wb&lang=j&spkid=18482&time=00:10:44.9
   桜通りのヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)
もしこれでうまくいかないときは、GoogleかYahooで「衆議院TV」をキーワードでアクセス、「衆議院TV」へ。そこで、日時はとりあえず4月9日としてください。委員会名は、総務委員会。あとは発言者のところをクリックすればOKです。
   (回線がADSLまたは、光の方は、ブロードバンドの設定をしてください。)

   今回、改めてこの国会中継サービスは、なかなか良いものだと思いました。憲法9条を始め国会でのさまざまの動きに身近に接することができます。データが膨大にあるので、うまく必要なところをみつけることがポイントです。すこし慣れればできます。もしなにか、説明で疑問、不具合などありましたらお知らせください。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ