マスコミのあり方を考えさせられる映画

「消されたヘッドライン」と「路上のソリスト」

2009.5.7    大西五郎(CBC-OB)     



  この程、マスコミのあり方を考えさせられる二つの映画の試写会に参加する機会を得ましたので、紹介させていただきます。
藤の花
   一つは、政治とジャーナリズムの葛藤を描いたアメリカ映画の「消されたヘッドライン」です。
   2003年にイギリスBBCで6回のシリーズで放映され、評判になったドラマが原作で、ワシントン・グローブ紙のカル・マカフリー記者(ラッセル・クロウ)が黒人少年の殺人事件と自殺と報じられた大学時代からの友人である国会議員のスタッフ女性の死を追ううちに、その陰にイラク戦争で莫大な利益をえている軍産複合体ポイント・コープ社の陰謀があることを突き止め、議会の大物議員との関係も明らかになる。
   女性スタッフは殺されたのだ。ポイント・コープ社は殺し屋も雇っていた。そして女性スタッフがポイント・コープ社から議員のもとに送りこまれたことを突き止める。議員と女性スタッフが不倫関係にあったことも他紙に暴露される。
   ワシントングローブの新しい経営者は「記事は難しい政治問題ではなく、センセーショナルな記事を書け」と要求するが、カル記者は「記事は推測ではなく、事実の確認だ」とさらに取材を続ける。
   軍産複合体の実態を暴く記事はワシントン・グローブ紙のヘッドライインを飾れるのか。取材の結果は友人の政治的生命を失わせるような不利な新しい事実に突き当たる。しかしカル記者は事実を書く。
   「政治とジャーナリズム」を考えさせる映画です。

   もう一つは、記者と優秀な音楽的才能を持ちながら気ままに路上生活を送っている男との関係を描いた「路上のソリスト」です。
ニセアカシアの花   ロスアンゼルス・タイムスのコラム記者スティーブ・ロペス記者(ロバート・ダウニーJr)は、ある日公園で2本しか弦のないバイオリンで素晴らしい演奏をしている路上生活者に出会う。その男は名門ジュリアード音楽院に通い、将来を嘱望されたナサニエル・エアーズ(ジェイミー・フォックス)の今の姿だった。
   ロペス記者は担当するコラム欄でナサニエルのことを紹介し、それから毎日のようにナサニエルに会って「なぜ、輝かしい未来を捨てて "路上のソリスト"になったのか」彼の心の内をコラムで紹介し、彼と社会の関係、自分の生き方はどうだったかと考える。
   ナサニエルは有名になる。コラムの読者から彼の本来の演奏楽器であるチェロも提供される。ロスアンゼルス・フィルでの演奏の機会も与えられる。ロペス記者は彼に「屋根の下での生活」をさせようとアパートの部屋も用意する。ナサニエルは綜合失調症という病気を抱えていたのでロペスは病院に強制入院させて病気を治させようとするがナサニエルは拒否する。ナサニエルは路上で演奏を続けながら貧しい人々と一緒に暮らす。ロペスはナサニエルから自分が失っていた魂の純粋さを教えられる。
   人は「信じるもの(ナサニエルには音楽)があるから心豊に過ごせるのだ」ということを訴える映画のようですが、私には「記者は取材対象の心の中にどこまで入り込んでいいのか。それが相手を支配することにならないか。相手を自分が理想とする像として伝えることが正しいのか」を考えさせる映画でした。

   なお、「消されたヘッドライン」は5月22日(金)からミッドランドシネマスクエア他で全国ロードショーが、「路上のソリスト」は5月30日(土)から名演小劇場で公開されます。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ