続  「捨てるに忍びない一冊」

井上鉄郎(CBC-OB)     



  先日、HP担当の佐藤さんからメールを頂きました。
バラの花    それは以前私が投稿した「捨てるに忍びない一冊」をお読みになった方からのお便りでした。以下ご紹介させていただきます。


  "掲示板を見せていただきました。
   実を言いますと、私は広島の被爆者2世です。
   当地で計画している「被爆ピアノコンサート」のメイン曲・被爆の詩『ひまわり』の作詞をしました。
   イラク戦争を詠った『この一つの空の下に』の作詞も担当しました。
   二つの歌の作曲・編曲・弾き語りを担当したKYOKOさんは私のカミさんです。
   本業の傍ら「小さなコンサート活動」を2人で「たんぽぽ音楽事務所」として行っています。
   東海放送人九条の会のHPを大まかに見させて頂きました。
   その中で、大変目に留まるものが有りました。
   「捨てるに忍びない一冊」です。
   アサヒグラフの「原爆の記録・総集編」1982年8月10日発行・増刊号
   私たちの次回のコンサートのモチーフに出来たらと考えています。  もし良い方向でご検討頂けるようでしたら、連絡をさせて頂きたいと思います。
  勝手を申しますがご検討下さい。
   よろしくお願い致します。"


  当時回覧中の同誌は各位のご協力を得て急遽私の手元へ戻り5月17日に迫っていた被爆ピアノコンサートに間に合わせることが出来ました。


  "アサヒグラフが届きました。ありがとうございました。
クロユリ   何枚かの写真は話題になり見た物がありました。今は「被爆ピアノコンサート」の準備追込みでアサヒグラフを、どの様に活用するか思案が出来ない状態です。
   「被爆ピアノコンサート」の当日には広島で原爆を受けて家族4人を亡くされた「岐阜県原爆被爆者の会々長」の被爆体験談もプログラムに入れて有ります。
   このアサヒグラフをお見せしたいと思っております。"


  当日は生憎の雨、会場へ運ぶ足元も悪かったのではと想像していました。


  "ご来場頂いた方は『感動した!』と言ってお帰りになられました。
   本当にありがたいことでした。
   貴重な『アサヒグラフ』を見せていただきました。P20とP48の写真は何度見ても心が痛みます。
   岐阜県の「原爆被爆者の会」と今後の活動などについて、話し合いながら「軍備縮小」のための活動を計画する心算です。"


   任務を終えた冊子は再び私の手元へ戻って来ました。
   益々「捨てられない一冊」になりました。有効なご利用をお待ちしています。
アジサイ   本文のHPへの掲載について、許可を得ました。その時、次は「9条」から「25条」へ向かって進むと力強い計画を伺いました。


  "次回は被爆ピアノコンサートではなく「25条を歌う」コンサートを大垣市で計画しています。
   100人〜200人規模の小さなもので、「派遣切り・年金生活」について、「人間らしく生きられるか?」をテーマにしています。
   準備が中々進んでいませんが、たんぽぽ音楽事務所単独での開催です。
   反戦・反原発・軍縮のコンサートもゆっくりと息長く続けていく心算です。
   良きアドバイスをお願い致します。"


  アサヒグラフがお手伝いできた「被爆ピアノコンサート」のご報告でした。
  頂いたCD、おそらくコンサートでも唱和されたであろう「ひまわり」の歌詞は後日ご紹介させていただきます。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ