ひまわりの歌ってどんな歌?

井上鉄郎(CBC-OB)     



  ひまわりの歌はどんなシチュエーションを歌っているのでしょうか?
「ひまわり」のCD   どなたも何度かご覧になった原爆被災地の写真に、壁に人の影が焼き付けられている、あの悲惨な光景を思いだされる事でしょう。その景色をベースに幼い少年の心を窓にしてこの理不尽な暴力に小さな抵抗を試みている、こんな風に感じ取れました。
   あの頃日本軍や政府は、鬼畜米軍は恐れを知らず攻撃している我が軍の後方かく乱を策して無差別爆撃や新型爆弾を用いてきたと宣伝、広島に落とされた爆弾何するものぞ、国民は敵機襲来には白布を纏ってその被害を軽微にする知恵をもって彼らの意図を挫くべしと叫んでいました。
「ひまわり」CD   現在半島北部の一国が策している核武装、これに対応できるように日本も核武装をすべきと主張する集団も声を大きくし始めています。これを認めるわけにはいきません。俺はハジキを持ってるんだぞと脅しを掛けて来るならず者は社会の連帯で武装解除させねばならないのです。

   幼い心に焼きついた悲しみは生涯拭い去ることができないでしょう。
   でも、これを明るい次世代への礎として進まなければならないと思います。



曲名      ひまわり


作詞:入君 正美    

作曲: KYOKO     


1.あのこ(女子)のスカートはひまわり模様
  暑い夏の かくれんぼ
  忘れられない あの日のことを
  8月6日の かくれんぼ
  青い空に 銀色に光る飛行機が来て
  あの子はそのまま 隠れてしまった
  壁に 小さな影 残して

2.あのこ(女子)の帽子は つばひろ帽子
  暑い夏の かくれんぼ
  忘れられない あの日のことを
  8月6日の かくれんぼ
  街を覆い立ち上る黒いきのこ雲
  あの子はそのまま 隠れてしまった
  壁に 小さな影 残して

3.あのこ(女子)はぼくの 妹だった
  二つ違いの 妹だった
  忘れられない あの日のことを
  8月6日の かくれんぼ
  青かった空から 滴り落ちる黒い雨
  あの子はそのまま 隠れてしまった
  壁に 小さな影 残して

4.深い深い 悲しみを
  これが戦争(たたかい)なんだからと
  忘れられない あの日のことを
  8月6日の かくれんぼ
  暑い暑い夏の日に
  焼け焦げた人 消えた街
  どうして みんなを 連れて行くの
  二つ違いの 妹も
  あの子は そのまま隠れてしまった
  壁に 小さな影 残して 

「ひまわり」CD

うえのCDの写真をクリックすると、たんぽぽ音楽事務所の、「ひまわり」視聴コーナーにリンクします。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ