カルタゴの運命と日本

佐藤隆三(THK-OB)



  編集担当の佐藤です。あまり投稿が少ないので自分で書くことにしました。みなさん、どしどし投稿してHPを盛り上げて下さい。

   1月14日の中日新聞朝刊に次のような投書が載っていました。以下に全文引用して、反論を試みたいと思います。

   見出しは、「国を守るため9条見直そう」というもので、投稿者は岐阜県大垣市の会社役員(77)となっています。

トサミズキ   『本欄には憲法9条を守れば、平和が保てるという投稿をよく目にする。
  こうした投稿を読むたびに思い浮かべるのは、昔、ローマ帝国と戦ったカルタゴが滅びたことだ。
   ローマとの戦いに終止符を打ち、平和になるのを信じてカルタゴは武器を捨てた。ところがローマはこの約束を守らずカルタゴを侵略。周辺の畑に塩をまいて作物が実らないようにし、二度と立ち上がれないようにした。
   強力な軍隊を保持して日本を侵略する力を持った国が周辺に存在するのに、9条を守れと主張する人は「カルタゴがたどった運命を日本も歩め」と言っていることにほかならない。
   本気で9条を守れと思っている人たちは、自衛隊を解散して日米同盟を破棄し、日本を丸裸にするつもりだろうか。
   侵略されたり、ミサイルが飛んできたりしたらどうするのか。国連が日本を守ってくれると思っているのかもしれないが、それは甘すぎる考えだ。
   国連の決議などあてにできないし、侵略軍と多国籍軍が、日本の国土で戦うことになれば朝鮮戦争の再現である。私は基本的に、カルタゴの時代と今とで大きな差があるとは思えない。』

   さて、どう反論しようかと考えたとき、最初に思ったのは、「カルタゴの時代と今とで大きな差があるとは思えない」というところでした。
   私たちは第2回総会のアピールで、『1920年の第一次世界大戦後の国際連盟憲章、1928年のパリ不戦条約、1945年第二次世界大戦後の国際連合憲章は、いずれも国家の政策の手段としての戦争の放棄を謳っています。』と指摘しました。カルタゴの時代と今との最大の違いは、「侵略戦争は許されないものになった」ということです。現代のローマはカルタゴに侵略戦争を仕掛けることは出来ないのです。もし、侵略戦争を仕掛けたら、イラクがクウェートに侵略したときのように世界中の非難を浴びることになります。いま、世界中の反対を抑えてでも、侵略戦争つづけているのはアメリカだけです。そのアメリカさえもイラクやアフガンではテロを拡大させて苦しんでいます。
デイジー   投稿者は「国連が日本を守ってくれると思ったら、それは甘すぎる考えだ」と述べています。しかし、守ってくれるのは国連だけでなく、世界中の人たちの、戦争はもう二度とごめんだという良識なのです。世界は、戦争がいかに国民を苦しめ、悲惨なものかを身をもって知ったのです。これが国連憲章になり、日本では憲法9条に結実したのです。投稿者は77歳とありますが、どんな戦時・戦後体験を持っている人なのでしょう。
   投稿者は「強力な軍隊を保持して、日本を侵略する力を持った国が周辺に存在する」「侵略されたり、ミサイルが飛んできらどうするのか」と言っていますが、近現代において、アジアで、大規模な侵略戦争を仕掛けたのは日本だけです。
   アジアでは東南アジア友好協力条約(TAC)が飛躍的に発展しています。現在中国、フランスを含め、24ヵ国、37億人、世界人口の57%が加入しています。ここでは、独立、主権の相互尊重、内政不干渉、紛争の平和解決、武力の威嚇・行使の禁止などが取り決められています。この不戦の流れを憲法9条を持つ日本が積極的に推進することこそ、現代のカルタゴにならない道なのではないでしょうか。
   最後に「9条を守れという人たちは、自衛隊を解散して日米同盟を破棄し、日本を丸裸にするつもりだろうか。」と投稿者が述べていることに私の意見を述べます。
   自衛隊については「会」の中でもいろいろな意見があることは当然です。
   私の意見は、日米安保体制下にある自衛隊は段階的に縮小し、災害救助の仕事を主たる任務にすることです。そして、日米安保条約を廃棄したあとで、憲法を改正して災害救助と自衛のための小さな軍事組織を持つことは必要だと思っています。
   日米安保条約下での自衛隊は、膨大な税金を使いながら、装備でも指揮系統でもアメリカ軍の支配下にある軍隊であり、防衛産業を太らせるための軍隊ですので、日本国民のためには有害だと考えています。



こえ「目次」に戻る