地上波TVデジタル化の問題点を整理する

佐藤隆三(THK-OB)     



  テレビ画面の右上に「アナログ」と表示されるようになって、地上波テレビの停波が近づいていることを感じさせます。 東海病院の泰山木の花 それと歩調を合わせるように、放送が話題になると、なぜテレビがきれいに映っているのに、故障していないテレビを3年以内に買い換えなければならないんだという不満の声も高まっています。そこで、地上波デジタル放送の何が問題なのか少し論点整理してみたいと思います。

   2001年7月25日に施行された電波法の一部改正により、地上波放送をデジタル化することと、10年後にはアナログ放送を中止することが決められました。その後、2003年12月には三大都市圏で地上波のデジタル放送が始まります。
   何故、テレビをデジタル化する必要があったのでしょう。
   電波を監理する行政の立場からは、テレビが使用する周波数の節約と画面の高画質、高精細化などが上げられます。背景としてはテレビをデジタル化することで、アナログ放送の周波数の3分の1を節約出来、空いた電波を使って逼迫した携帯電話に対応するとともに、新しいビジネスモデルを作りあげることが期待されています。
   また、イギリスに始まった放送デジタル化の世界の潮流に取り残されるわけにはいかないという事情もありました。むしろ、積極的に技術大国日本の立場を固める必要があったということです。 そして、行き詰まっていた電器産業界に新しい需要を開拓するという役割もあります。

   視聴者にとっても地デジのメリットは大きなものがあります。
   東海テレビやNHKなどVHFのローチャンネルを使っている放送局は、毎年梅雨時になると、Eスポ障害と云って、中国や韓国からFM放送の電波が異常伝搬してきて、画面が妨害を受け、ほとんど見えないということが起こります。また、ビルや構造物、山陰などによるゴーストの障害で、見づらい画面を我慢していた家庭も多いはずです。他には、電力会社の送電碍子からの火花放電によるコロナノイズでちらちら白い点ノイズが入るテレビもありました。これらはデジタルでは解消されます。画面も高画質、高精細できれいです。
   このほかにも、5.1サラウンド、電子番組表などデジタルになって初めて付加されたサービスもあります。
   これらが、デジタルのメリットと云えるところでしょう。
栴檀(せんだん)の木の花
  ところが、放送局にとってデジタル化のメリットは何なのか、なかなか思い浮かびません。強いてあげれば、放送画質や音質がよくなったことでしょうか。

   では、問題点は何処にあるのでしょう。
   まず、放送する側から考えてみます。
   全国どこでも受信出来るように電波でカバーする困難さがあります。
   アナログ放送でも、田舎ではなかなか電波が届きませんでした。中継局を設置したり、住民が共聴設備を整えるなどしてやっときれいな画面を見ることが出来るようになりました。だが、共聴設備に入らないで、ノイズの中にわずかに映像が浮かんだだけでも、例えばドラゴンズが勝ったか負けたかなどの情報は入手出来るわけです。ところが、デジタルではある一定の強さ以下の電波では何も映らなくなります。ですから、山奥の一軒家でも地デジが見えるような条件を整えるのは容易なことではありません。
   ところで、民放連に加盟するテレビ・ラジオ局、194社の約半数が、08年度の中間決算で経常赤字になっています。
   赤字の主な原因は地デジへの投資で、民放全局で1兆440億円、地方局でも、平均で54億円の資金が必要です。
   また、アナログ放送終了までにデジタル放送が届かない難視聴地域(約30万〜50万世帯の山間部や島嶼地域)に放送衛星を使って電波を届ける「セーフティネット」が計画されています。この費用負担は国なのか、放送局なのか何れにしても莫大な費用がかかります。

   総務省は何がなんでも、2011年7月24日にはアナログ停波をやり遂げる決意を崩していませんが、もし、1年間アナログ停波が遅れると、NHKの場合、放送設備を維持するために年間40億円程度の負担が発生するという試算が行われています。民放には試算がないようです。
   いずれにしても、老朽化した放送設備を更新出来ず、何時停波になるか判らない状況に追い込まれることになり、当初の行政の拙速な計画が大きな問題を引き起こしていることは間違いないようです。

   次ぎに視聴者が抱える問題点を整理してみましょう。
花菖蒲   現在きれいに映っているテレビをなぜ故障もしていないのに買い換えねばならないのか、という不満があります。
   デジタルのメリットは非常に大きなものがありますから、資金に余裕のある家はアナログ停波までに1台は買い換えるものと思われます。しかし、2台目以降は難しいかもしれません。
   この問題の背景には、行政による強引な政策の推進があります。
   総務省はアナログ停波に条件はないと主張しており、デジタルテレビの普及率を条件にすることを拒否しています。
   地上波のデジタル放送が開始されてから、アナログ放送が停波するまでの期間が、アメリカでは、当初8年1ヶ月後に予定され、それが2度延期されて、10年7ヶ月になりました。しかも、まだ停波は出来ずにいます。韓国では、最初9年2ヶ月を予定していましたたが、延長して11年2ヶ月後の停波予定に計画変更されました。
   日本では、デジタル放送が始まったのが2003年12月です。2011年7月までの期間は7年7ヶ月で、アメリカの当初の計画よりも短いものとなっています。しかも、2003年に始まったのは東名阪の三大都市圏で、日本中の県庁所在地でデジタル放送が受信出来るようになったのは2006年12月になってからです。如何に停波まで短いかが判ります。
   テレビ受像器は通常8年から10年はもつと云われ、デジタル放送の開始からアナログ放送の中止までには10年以上みるのがスムーズな切換えの条件だと考えられます。

   ところで、格差が大きくなっている社会では、デジタルテレビを買う余裕がないという家は確実にあると考えるべきでしょう。その人たちが、アナログ停波とともにテレビを見られないことになってもいいのかという問題があります。
   政府が地デジチューナーを配布する対象としているのは、生活保護世帯など「NHKの受信料全額免除世帯」の約260万世帯だけで、受信料の半額免除世帯は含まれず、月平均4万7千円の国民年金のみで暮らしている1千万人の高齢者や障害者世帯、母子家庭などの実態を反映しているとはとても云えません。
   総務省が、地デジチューナーを生活困窮世帯に配布するのは、地上テレビ放送は、災害時の情報提供など、国民生活に必要不可欠な役割を果たしており、例外的に最低限度の支援を行うという考え方に基づくものだと説明しています。
   現在、地デジチューナーは1万円ぐらいしますが、これを大量発注することで5千円程度に値下げさせ、3年かけて調達していく計画です。
   国策としてアナログからデジタルに変更しながら、故障していないテレビ受像器を買い換えねばらない視聴者に対して、国は責任ないという立場です。
   総務省の方針では、全国に51ヶ所あるテレビ受信者支援センター(デジサポ)を通じて、高齢者家庭などにはどうやってデジタルに対応するか説明するとしていますが、アナログ停波でテレビが見られない人が出ないという保証はありません。

   共聴設備の更新でも問題はあります。
   ガクアジサイ 都市部ではビル影による受信障害に対して、ビル所有者が補償として共聴設備を提供してきましたが、これはあくまでもアナログ放送に対する補償です。デジタルでは放送送信アンテナの位置が異なるため、障害の発生する方向が違ってきます。また、ゴーストに強い方式で放送しているため、ビル所有者は共聴設備のデジタル化を拒否する例が多いようです。このような共聴で受信している世帯ではデジタルテレビを買ってもそのままではデジタル放送を享受することができません。
   名古屋地区の場合、放送送信アンテナが都心から瀬戸市に移ったことによって都市部での新たなビル影難視が発生しています。このケースではビルは既に建っていることから、誰が費用を負担するかが大きな問題となっています。
   過疎地の難視対策としての共聴設備にもデジタル化に対応する更新が必要です。多くの場合、このような共聴ではVHFチャンネルを伝送する設備になっているため、デジタル化には多くの費用がかかると予想されます。
   これらの解決はアナログ波が停波するまでに解決すればいいのですが、確実に解決するかどうかは予断を許しません。
   約2万の難視共聴施設、約5万の受信障害対策共聴施設、約52万の集合住宅共聴設備といった規模の改修が今後の課題となります。

   以上問題点を整理してみました。このままではアナログ停波後テレビを視聴できない家庭が発生するおそれがあります。しかも、テレビを唯一の楽しみとしている高齢者がテレビから排除される心配があります。かといってアナログ放送の延長は費用の点からも、設備更新の困難さからも難しい問題をはらんでいます。いま多くの人の知恵と柔軟な対応、そして、一人も地デジ難民を出さないという運動が求められています。

   私個人としては、アナログ波の停波を2年間延期することと、地デジチューナーの配布基準の大幅な緩和が唯一解決可能な手段だと思っています。この延長期間中は、アナログ放送機の保守整備などで深夜の放送休止を認めるなど、監督官庁による柔軟な対応が必要だと考えます。
   みなさんのご意見をお聞かせ下さい。ホームページ上で討論してみたらどうかと思っています。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ