中京テレビ制作  「法服の枷」の再放送を願う

佐藤隆三(THK-OB)     



  裁判員制度が施行されました。7月には実際に裁判が始まると言われています。しかし、問題がないわけではありません。代用監獄はそのままだし、捜査・取り調べの段階をすべて録音・録画する「全面可視化」も実現していません。
タチツボスミレ   裁判員が参加する公開の裁判が始まる前に、裁判官と検事、弁護士が非公開の密室で裁判の準備をする公判前整理手続きというのがあります。ここで争点整理として証拠を全部出すことになっています。公判開始後に弁護側が新しい証拠調べを主張したり、新事実が出てきても、それが証拠として採用されることが難しくなります。このことは、審理の過程で真実が明らかにされるのではなく、決まった筋書きで有罪か無罪かを判断することになります。
   また、有罪判決が確定するまでは「無罪の推定」をする。そして裁判では、もう合理的な疑いがないところまで、検察側が立証しなければ無罪にする「疑わしきは罰せず」の原則が不可欠といわれますが、裁判に素人の市民が、その大切な原則を説明されることもなく裁判に参加することの恐ろしさはあります。
   最も懸念するのは、裁判終了後も評議の内容などについて守秘義務を課されることです。6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金という重い罰則付きです。判決は裁判官と裁判員の多数決で決まります。少数派であれば、あれは冤罪だと思っても、有罪を下した裁判員としての立場が残ります。裁判後に冤罪救援活動をしようとしても守秘義務の壁から動きがとれなくなる可能性があります。
二輪草
  だから、裁判員制度がダメだというのではありません。5月31日の中日新聞社説は、「裁判員と民主主義社会」と題して19世紀のフランスの政治思想家トクヴィルを紹介し、「犯罪者を裁く人間こそが真に社会の主人です。すべての市民を裁判官席に着かせるアメリカの陪審制は人民主権の教義そのものでした」と書いています。人民の判断力の育成、理解力の増強に信じられぬほど役立つ、無償でいつでも開いている学校との結論を伝えています。

   ただし、アメリカの裁判の現状に批判がないわけではありません。
   「私は服部剛丈君射殺事件の時、YOSHIの会の、銃規制署名運動の事務局になりました。  剛丈君の母と幼馴染だったからです。  アメリカの刑事裁判で、犯人が無罪になったときの激しい怒りは今も忘れられません。
   『アメリカの陪審制は人民主権の教義そのものでした』というにはあまりにお粗末です。民事裁判ですばらしいアメリカ人弁護士に出会え、有罪が確定した時は泣きました。
   イラク裁判の法廷でも、銃で解決することをあたりまえとするアメリカの体質を陳述しました。」と書かれたメールをいただきました。

   裁判員制度は私たちに主権者としての自覚と責任を求めているのかもしれません。しかし、私たちが参加を求められている司法の世界はいまどうなっているのでしょう。裁判官は自己の良識にしたがって判決を書いているのでしょうか。裁判官の評価はいかに早く裁判を終えるかにあるというウワサを聞くことがあります。裁判員がその「一丁あがり」式の裁判の隠れ蓑にされるとしたらたまったものではありません。
   その点で、裁判官がおかれた立場を鋭くえぐり、司法の世界にメスを入れた素晴らしいドキュメンタリーが中京テレビから放送されました。5月29日(金)深夜2時20分から放送された「法服の枷」です。
山猫の目草
  私がこの番組のことを知ったのは、会員の坂東さんからのメールでした。
   「今朝の午前2時(放送界では昨夜と言うのでしょうか)20分から中京テレビですばらしい放送がありましたのでお知らせします。
   もし、ごらんになっていましたら、マスコミの勇気を分かち合いたいと思いました。
  こういう放送に感動したという気持ちをお伝えしたかったのでテープ起こししたものをお届けします。」と書いてありました。
   長沼ナイキ訴訟で裁判長を務めた福島重雄元裁判長と、戸別訪問禁止は憲法の表現の自由を侵すと無罪判決を出した安倍春彦元裁判官、それと、疑わしきは被告人の利益にと公職選挙法違反で起訴された20名の被告に無罪を言い渡した丹羽日出夫元裁判官。この3人の裁判とその後の裁判官生活、人生を見つめ、裁判所が抱える問題点を浮き彫りにしています。

   なかなかスポンサーがつかないということで、ドキュメンタリー番組は深夜に放送されることが多いのですが、このような素晴らしい番組が深夜の放送で多くの人に見られることなく終わってしまうのは残念でなりません。東海テレビは日曜日の昼にドキュメンタリーを放送しています。中京テレビに、「法服の枷」の視聴者としての感想と評価を伝え、この素晴らしいドキュメンタリーがいかに裁判員制度を迎えたいま必要とされているかを明らかにし、激励しながら、昼の時間帯での再放送を要求していきましょう。それこそ、大西五郎さんが「戦争とメディア」の最後で述べている、アクセス権ではないでしょうか。
   見逃した私も是非機会を見つけて視聴したいと思っています。


  では、「法服の枷」の詳細を報告します。



中京テレビ制作    「法服の枷」


<ナレ> 自衛隊派遣。5年間続いたこの光景も最後となりました。
<自衛隊> 「私どもはあくまでこのイラクの復興支援活動は憲法の範囲内で実施しているということでありまして…」
<ナレ> しかし、「自衛隊の活動は憲法9条に違反する」。裁判所の判断でした。
   (裁判所の外で原告たち)「やったーっ!憲法が生かされたーーー!」
<内河弁護団長> 「はっきりと憲法違反を謳った、この担当裁判官の勇気というか、それを褒めてやりたいと思います。」
  ( 拍手「そうだ、そうだ!」)
<ナレ> 名古屋高等裁判所が示した自衛隊と9条への見解。35年ぶりの自衛隊違憲判決でした。この判決を出した担当裁判長は、退官した今も取材にはいっさい応じていません。裁判官達の間では、判決についてむやみに語るべきではないという考え方があるようなのです。判決から半年。この日開かれたシンポジウムで、ある発言が注目を集めました。男性は元裁判官です。

<福島> 現在の日本の裁判所において、憲法、特に9条について判断を示すということは、色々な諸条件から見て極めて困難なことであると、私は思います。そのような事件を処理するには裁判官はおそらく自分の職をかけて事に当たらなければならないような状況に追い込まれるという事はありうることだと思います。

<ナレ> 福島重雄元裁判官。35年前、自衛隊の憲法9条違反を言い渡した最初の裁判官です。胸に秘めた想いを語り始めました。この違憲判決の陰には組織という名の呪縛に囚われまいとする必死の抵抗がありました。その結果、翻弄された1人の裁判官。かつては、胸躍らせ初めての法服を身にまといました。
<ナレ>(日記) 法服。長い裁判官生活のうちには、おそらく法服の袖に腕を何百回何千回と通し、そして、そのうちには全く不感症のように、そのような時にはそうするものぐらいにしか感じなくなってしまうだろう。でも、今の僕にはそうでない。色々と法服を着た自分について、雑感に想いをめぐらしている。やはりその中には現代日本社会の正義感と国民の信頼感も大きな地位を占めている。
<ナレ> 以来半世紀。法律家としての人生全てが綴られた50冊の日記。それは、何ものにも囚われず、真実だけを見極めようとした裁判官の独立の証です。

富山県富山市。ここに弁護士事務所を構える福島重雄さん。78歳。転勤の多かった裁判官時代。故郷の富山には裁判官を辞めた20年前に戻りました。3人の子供たちは既に独立。妻と二人暮らしのマイホームです。
<福島> こういうふうに34年、何と書いているか知りませんけど…
<インタビュー> ちょうど50年前ということですね。
<福島> 「今年は、1959年は私にとっては一つの希望をなしている年である」と、裁判官になるか弁護士になるか知らんけど、修習生は今年で終るんだと、今年から新しいスタートになるからというようなことから…
<ナレ>(日記) いよいよ明日から1人の裁判官として仕事をするという、サッとした一抹の緊張感が心の中を走る。
<ナレ> 初めは法律には興味がなかったと語る福島さん。若い頃は体格が良く、スポーツに汗を流していました。司法修習生だった28歳。裁判官になると決めた頃に日記を書き始めました。今まで一度も開くことのなかった過去のページ。
<福島> あんまり良い思い出でもないからね。嫌な思い出だったから早く忘れた方がいいと思って。
<ナレ>(日記) 裁判官は誰しも名誉欲がある。いや、人一倍に強い。良い事件の裁判をしたい。そして、新聞に、テレビに報道されるような裁判をしたい。判例集に、法律の本に残るような判決を書きたい。名誉欲。嫌な感じのする言葉だ。
<ナレ> 苦い思い出だという裁判官時代。偶然回ってきた一つの事件を裁いたことが、全ての始まりでした。舞台となったのは北海道夕張郡長沼町。のどかな田園風景を見下ろす高台には自衛隊のミサイル基地があります。1969年。昭和44年、この基地の設置を巡り、反対派の住民が起こした裁判が長沼ナイキ基地訴訟です。結果として自衛隊の違憲性が問われた歴史に残る裁判です。この訴訟を担当したのが、当時裁判長になったばかりの福島さんでした。
<ナレ>(日記) 「今までの裁判所は何だかんだと言いながら、自衛隊の憲法9条問題を避けてきた。だが、いつかはどこかで誰かがやらなければいけない問題である。夕方一人役所の裏門を出る。孤独な闘いが裁判官の心を揺さぶる。」
<ナレ> そして、4年に渡る審理の末、自衛隊は憲法9条に違反すると認定したのです。
<山本> その日はね、晴れた日でね、雲一つない日で。
<ナレ> 判決の日。札幌地裁に来ていたという山本さんです。裁判所の前にあふれる市民の姿がはっきりと眼に焼きついています。
<山本> いや、これ見渡す限りいっぱいだったと思う。そのぐらいの人数。興奮してたですね。おばさんだったりおじさんだったり高校生だったりね。色んな人がいたですよ。
<ナレ> 大勢の市民によって支持された判決。その陰には裁判長が自らの職をかけて挑んだもう一つの闘いがありました。

始まりは一通の手紙。福島裁判長の元に国側の勝訴を暗示する文書が届きました。しかも、差出人は札幌地裁の平賀所長だったのです。
<ナレ>(日記) 長沼事件は重大なことになってきた。所長から書簡が来た。内容は、『長沼事件は国側の勝訴になるはずである』と、明らかな裁判官干渉だ。怒った。俺は怒った。何たることだ。
<ナレ> 裁判官の独立は憲法に定められています。何ものにも左右されず、裁判官の良心と法律のみに従って、事件が公平に裁かれる必要があるからです。裁判の結果に干渉するなどもってのほか。その時、福島さんがとった行動は後に大きな波紋を広げます。
<福島> 常に公表して、その上でどう処理するかね。それを国民の見てる前で公表しましたって、納得できるような処理を求めないと。内輪で取引してたんじゃあしょうがないからって、公正に解決できないからって。最初から僕は公表に踏み切ってやるつもりでやってた。
<ナレ> 書簡はマスコミに流れ、この問題は、当時裁判官の独立を脅かす大問題として日本全国に知れ渡ります。この書簡の公表が元で、国会の裁判官訴追委員会にかけられた福島さん。結論は「訴追猶予」。処分は見送るが責任はあるというものでした。その直後です。裁判所が動きました。
<ナレ>(日記) 11時過ぎ。高裁に呼ばれ、長官から口頭による注意処分。私は怒った。隣にいる私の一言の弁解を聞くこともなく、しかも長官は「この処分は公表しないことになっているから」との付言。秘密裡の処刑だ。国民に知らせまいとする。即日辞表提出だ。
<ナレ> 身内であるはずの札幌高等裁判所。福島裁判官を極秘に処分したのです。政治の前に膝まずいたのでしょうか。
<福島> (ニュース)裁判所自らが司法権の独立を放棄し、時の政治権力に進んで迎合した、はっきりとした証左である。現在の裁判所の中では、自分の良心に従って裁判をやっていくって事がもう出来ないっていうことですよ。
<ナレ> 裁判所に辞表を叩き付けた福島さん。自分の職と引き換えに裁判所を内部告発し、世論に訴えたのです。
<福島> しっかり国民の前に示してこそ初めて信頼なり何なりが得られる訳であってね、それがうやむやのうちに知らーんふりして適当に処理してたってのじゃ、そりゃ、権威なり信頼を傷つけるという事になるという事です。
<インタビュー> それが例えば、辞めた立場から批判するのと、中にいて批判するのは…
<福島> 批判は出来ないですよ。そりゃ、自分の首をくくっとるようなもんですわね。
<インタビュー> じゃ、その処分された事を公表するために、まずは辞表を出すってことが…
<福島> そう。それしかないんじゃないかという判断で…
<ナレ> しかし、その後福島さんは辞表を撤回すると表明したのです。
<福島> (ニュース)随分私はびっくりしたんですけど、非常に多くの国民の方から、色々辞めるべきじゃないっていうようなご支援のお電話や電報を頂きまして、やはり自分としても留まってやるべきじゃないかっていう…
<福島> 180度転回っていう事になるんですけど、若干軽率ではなかったかという…
<ナレ> この辞表撤回騒動は、当時激しい賛否両論が渦巻きました。その渦中の福島さん。当日の日記には苦悩の跡が滲んでいました。
<ナレ>(日記) 今度の闘いを通して、正直に言って僕は一つ成長した。というのは、自ら良心的と名乗る裁判官も、良心の土壌と権力の土壌に二股かけて苦悩している。僕も何だかんだと言いながらも、実際はそうだったんだろう。が、片方の土壌から全く足を取り去る時は、この苦悩が消える。良心の土壌に移る。これが今度私に得られた成長なのだ。多くの裁判官はこの苦悩を棄て切っていない。

<ナレ> その後自衛隊の存在を問う裁判は福島裁判長の下、粛々と進んでいきます。現職の自衛隊幹部らを次々と法廷に呼び、世間を驚かせました。自衛隊の実態を検証することが目的でした。
<ナレ>(日記) 裁判所が自衛隊の違憲問題に本格的に取り組む姿勢を見せるや、所長が狼狽し、政府が狼狽し、そして最高裁までが変調をきたした。もし合憲を国が主張するならば、堂々と主張すれば良いのではないか。
<ナレ> 孤独な闘いの日々。そんな福島さんの心を癒してくれる特別な場所がありました。
<ナレ>(日記) 8時5分の列車でニセコへ行った。今日は高原第6リフトから頂上へ向かった。上る事37分で頂上についた。やはり何よりもの好天。十分に日焼けした。
<ナレ> この360度の大パノラマが広がる山頂で、福島さんは1冊のメモを残しています。手帳に記された走り書きは、後に歴史的と言われた自衛隊違憲判決の構想。この日以降、吹っ切れたように判決を書く筆は進みました。こうして書き上げられた歴史に残る判決。しかし、高裁、最高裁で原告の訴えは棄却。いずれの裁判所も自衛隊の憲法判断を避けたのです。以来、名古屋高裁までの35年、自衛隊について憲法判断に踏み込む判決は一度もなかったのです。
 戦後、数々の自衛隊裁判に関わってきた内藤功弁護士。司法が政治問題に触れる覚悟を持っていないと指摘します。
<内藤> 一つの呪縛みたいなものが裁判官にかかっていて…縛りが。つまり、高度の政治問題については裁判所の審理に馴染まない。国会と内閣が決める事。この理論が裁判官の中に悪い意味で入っていてね、影響を与えていてね。政治問題、特に安保とか自衛隊とか米軍とかいうことはもう触れない方がいいという雰囲気が、ある程度あったんじゃないか。
<ナレ>(日記) それにしても、この事件で感じた事。いかに裁判官が憲法論をやることを恐れるか。憲法について判断するのを回避したがるかという事だ。
<福島> ま、結局ね、そりゃ最高裁は判決させないように、させないようにしてますのでね。それを破ってやれば、その後は差別されるか左遷されるかね、昇給ストップさせられるか、何かになることを分かっていますのでね、だから皆やりたがらないっていう
<インタビュー> それでもあえて福島さんは、それをされた訳ですよね
<福島> うん。だからやっぱりそりゃ、問われた事について判決を出すのは裁判官の義務だから。出世するとかしないとかという事と関係ない事だから。
<ナレ> 長沼判決に悔いはない。福島さんは今でもそう言い切ります。例えその後、裁判長の椅子を追われたとしても。



-----------------------------


<ナレ> この日、埼玉県飯能市の公民館を一人の弁護士が訪ねました。名古屋の川口弁護士。イラク訴訟弁護団のメンバーです。迎えたのは、元裁判官の安倍春彦さん。この会は名古屋高裁が示した、自衛隊違憲の判決についての学習会です。名古屋の弁護士たちが中心となり、これまでに全国で200回以上開催しています。
<川口> 家族に拡げ、皆さんの訴え、一人一人の訴えに、私は一個人として裁判官ということを超えて共感すると言った訳です。ものすごく人間らしく豊かな判決だと思いませんか?
<ナレ> この学習会に参加した安倍さんには、元裁判官としての特別な想いがあります。名古屋の判決を担当した裁判官の姿に現役時代の自分自身を重ね合わせます。
<川口> この判決は集約して評価すべきじゃないと逆に思っているんです。
<安倍> 司法官僚統制。これが諸悪の根源であると。自分が考えたとおりに裁判をしたいと思っても、それが出来ないような色々な圧力がある訳ですよね。
<ナレ> ものが言えない裁判所の体質。安倍さんは司法官僚統制と表現します。最高裁を中心とする裁判所組織。その下には全国に8つの高等裁判所、それに地方裁判所、家庭裁判所が50。さらにその支部や簡易裁判所が700ヶ所以上。この体制がそのまま最高裁を頂点とする官僚的な統制に繋がっているのではという指摘があるのです。元裁判官の安倍さん。定年退官後弁護士になって10年が経ちました。書斎には裁判官時代を偲ばせる1枚の写真があります。
<安倍> ここで仕事していて、その時こうやって、すぐ目の前に見えるからね。天国があるとは思わないけれど、天国があるんだったらぜひ持って行きたいと
<インタビュー> この写真を?
<安倍> うん。持って行きたい「記憶」であると。
<ナレ> 出勤のため玄関を出る安倍さん。そして当時まだ幼かった二人の子供達。裁判官になって10年目の春、安倍さんは裁判官の職を追われるかどうかの瀬戸際にいました。
<安倍> 裁判官生活の中で一つの節目であり、意義ある時期だったですよね。確かにその後冬の時代、つまらん時代を20年くらい過ごしたけれど。つまんなかったですよね、確かにね。
<ナレ> きっかけは判事補時代に下した、ある違憲判決ではないか。そう安倍さんは振り返ります。
<安倍> 個別訪問をしたという事で起訴された事件が来たんですよ。で、それを担当しなくちゃいけなくなった。それが、私が違憲判決をした最初なんですね。
<ナレ> 個別訪問とは選挙の際、個々の有権者の家を訪問し、投票の依頼をする行為です。これは公職選挙法で禁止されています。過去に最高裁でも個別訪問は違法行為であり、有罪であるという解釈を示しています。これに対し安倍さんは、個別訪問は憲法に保障された表現の自由であるとして公職選挙法の規定が憲法違反であり、被告人無罪の違憲判決を下したのです。
<安倍> 裁判官は独立だから、裁判の仕事については法律と、自分の良心に従ってやればいいんだと、最高裁に行って何て言おうが、自分がそれは違うと思ったらやっていいんだという考えで入ったんだけど…
<ナレ> 最高裁の判例に背く独自の判決。
<安倍> 違憲判決するような奴は裁判所に本当はいてもらったら困るんだと、だから、給料、任地、職務。僕の場合は、ほぼ裁判官になってから3分の2は刑事から追放されている訳ですよ。刑事の本体からはね。弊害を生まないような所にやる。その極が家庭裁判所ですよ。家庭裁判所の家事部に私が何で長いこといるかって事が、そういう理由。世の中の実際には役に立っているんだけどね。所謂天下国家に関係ないと、私はよくそういう言葉を使うんだけど。
<ナレ> 最高裁の下で行われた、安倍さんが訴える人事による制裁。裁判所内部で実際にそのような例があったと指摘する専門家もいます。
<馬場> それはその判決の後に突然、何て言うか、左遷されたりとか、その後戻って来なくて、判決がある前と後で処遇がぜんぜん変わってしまった事例というのが、これはデータとして残っている訳だからですね、それが今でもずっと続いているとかね、そういうことは簡単には言えないと思いますが、過去に、特に70年前後にそういうことがあったという事は、これはもう事実だという他ないと思いますね。問題は、その違憲判断を出した人が、裁判官の職務を誠実に法と良心に基づいて果たした事によって、不利益を受けるという、これは裁判官の処遇としてあってはならない事ですから。
<ナレ> この件について最高裁に取材を申し込んだところ、2週間後に返答がありました。
<ナレ> (最高裁)インタビューは受けません。理由はあるともないとも言えません。
<ナレ> そして、裁判所の人事に関する質問については、文書での回答が送られてきました。内容は最高裁のホームページをそのまま印刷したものでした。

最高裁の存在。個々の裁判官たちは良心と保身との狭間で揺れている。日記は語ります。
<ナレ>(日記) 裁判所という大きな組織。いや、裁判官組織体とでも言うべきか。その中で出世を重ねるには上司に気に入られなければならない。いくつかの事件では、真実は消え、被告人は泣いた。特に再審事件ではそれが如実に現れる。最高裁が有罪として上告棄却したものを一審はどうして破棄しえよう。いや、破棄は可能だ。しかし、その報いは厳しい。一審裁判官はわが身を考えて被告人を捻り潰す。よくあることだ。よくあることだ。
<ナレ> 富山の福島さん。一人ひとりの裁判官は組織の中で、あまりに無力だと嘆きます。
<福島> 再審事件なんかやってね、最高裁でもう確定してる奴を一審でひっくり返すのはね、最高裁の裁判官なんかね、「俺の顔に泥を塗るつもりか」なんて、そりゃ、露骨に言ってきますよ。本当にね。それでも尚やろうと思うかね、うーん。
<インタビュー> やっぱりそれだけ高裁、最高裁というものに対して抵抗するっていうのは、一人の一裁判官には…
<福島> 無理ですよね。
<ナレ> やはり最高裁に従わず、裁判所の中で排除されたと語る、元裁判官の安倍さん。
<安倍> 本当に差別の極地でね、支部ばっかり回るようになるし、やっぱりね、何になれなかったのが辛かったかというと、裁判長になれなかったのが辛いですね。若い裁判官と一緒に具体的な事件に応じて話が出来る。そういうポストなんですよね。
<ナレ> 安倍さんは永年、小さな地方裁判所の支部や家庭裁判所を回り、裁判長を務めたいという希望も遂に叶いませんでした。それでも裁判官としての仕事には熱心に取り組みました。中でも忘れられない裁判があります。この日、地方の小さな裁判所支部で出された画期的な判決。原告は劣悪な環境の銅山で働き、健康被害に泣いた労働者達です。鉱山を経営する会社を相手に損害賠償を求めた裁判。争点は時効の解釈でした。被害を受けてから10年以内に裁判を起こさないと認められないという時効の壁があったのです。
<安倍> 「時効の壁を動かした」と言われたけれど、私は執拗に裁判長と右陪席を合議の内容までは言えないけれど、説得したんですよ。
<ナレ> 3人の裁判官による合議の法廷では、左陪席に若い判事補。右陪席には中堅の裁判官がつき、裁判長をサポートします。当時安倍さんは右陪席でした。裁判長ではなかったものの、審理に積極的に関わり原告救済の道を拓く力となりました。その結果、新たな時効の解釈を示した判決。従来は症状の認定を起点としていたのに対し、訴訟を起こせると知った日から10年と、救済の枠を拡げたのです。
<原告> ええ。長かったです。もうちっとね、早く聞かせてやりたかったです。
<原告> 苦しんで苦しんで亡くなりましたからね。だから、こうやって少しでもいいお話があれば、主人も少しは浮かばれます。
<安倍> 今までの例で行けば、「時効だから請求棄却。ダメだよ」という人が、私の場合、その原告全員が救済された。落ちちゃう人が全部救済された。
<インタビュー> やっぱり訴えた方達の立場に立ったものだった…
<安倍> そりゃ、そうですよ。可哀想ですよ。公害被害者っていうのは。裁判官は皆そう思うと思う。何とかして救ってあげたいと。
<ナレ> 辛かった裁判官時代。安倍さんの心にはいつも家族の存在がありました。
<安倍> 手入れなんかしてない。
<夫人> 手入れしてあれば、こんだけ草は生えませんよ。何にもしてないから(笑)。
<ナレ> 現在、夫婦二人暮らしの安倍さん。今一番の楽しみがあります。
<安倍> これは、この一つが私の宝物のアルバムでね。
<ナレ> 可愛い孫娘の成長です。これを、だけど、弁護士事務所の事務員なんかに見せると、目を背けて、ハハハハハ「やだぁー」なんて。これ良い写真だと思うんだけどな。
<ナレ> 裁判官生活36年。安倍さんは現場一筋で定年まで勤め上げました。
<ナレ>(日記) 裁判官は外に向かっては聖職であり、内では労働者である。一生を名も無く、只黙々と働き続け、搾取され続けてやがて追い出されて行く。何と物寂しくはないか。



-----------------------------


<ナレ> 夕方のテニスコートで汗を流す男性。岐阜県大垣市に住む丹羽日出夫さん。半年前に定年を迎えた元裁判官です。7年前、名古屋の小さな裁判所支部で丹羽さんが下した判決があります。
<ナレ> (判決)主文。被告人を死刑に処する。
<ナレ> 当時、社会を震撼させたマニラ保険金殺人事件。3人の男が保険金目当てに3件の殺人計画を実行。1年半の間に3人の命が奪われました。裁判長だった丹羽さん。冷酷非情の犯行で酌量の余地は無いと、被告人3人全員を死刑とする判決でした。目の前の被告人。迎えた言い渡しの日のことは今でもはっきりと覚えています。
<丹羽> 自分がほんとに合法的とは言えね、死刑って言うのは人の命を奪うことでしょ。そりゃ、やっぱり相当苦しみますよね。うーん。悩みますよね。だけど、誰かがやらなければならないことであって、日本国で裁判をやってる以上誰かがやらなければならない。
<インタビュー> 死刑がある日本では…
<丹羽> ある以上はね。
<丹羽> これはお弁当だね。
<夫人> (笑)弁当作っています。
<丹羽> 結婚してからさぁ…
<ナレ> 丹羽さんは最近になって弁護士の仕事を始めました。
<丹羽> ほとんどない
<夫人> 若布でしょ、こんにゃくも煮たの。お弁当忘れないでね。車の鍵と。家の鍵と。はい。
<ナレ> 裁判所時代と変わらない愛妻弁当を持って仕事に出かけます。
<夫人> 50代でとった車の免許なので、ちょっと心配。車の運転が下手くそ。だからすごい心配。
<ナレ> 自宅から弁護士事務所まで片道1時間かかります。現在の仕事場。誰も住むことが無くなった実家を改装して弁護士事務所の看板をかけました。
<丹羽> 全然お客さんがなくて、まだお金がないけどもさ、これが、朝来て最初にやる仕事がね、野鳥にね、パンを切ってね、野鳥にパンをあげるの。
<ナレ> のんびりとした日常。しかし、半年前までは現役の裁判官として多忙な日々を送っていました。2008年11月。丹羽さんの最後の任地は名古屋家庭裁判所でした。法服を脱ぎ、振り返る現役時代。裁かれる人たちの納得を何よりも大切にしてきたと言います。
<丹羽> 法服を着る事によってね、その権威をまとうとかという事じゃなくて、法服を着るからこそね、謙虚に耳を傾けて、そして、過ちがないように慎重な判断をしなければならない。
<ナレ> そんな丹羽さんが今でも手元においている裁判官時代の証がありました。
<丹羽> あ、これだが。これだ。これだ。
<ナレ> それは、自分自信が書いた無罪の判決文です。
<丹羽> 僕、1万人か2万人くらい判決を書いてるよね。大部分は有罪なんだけどね。無罪の判決とかね、これはまあ上級審ではあまり評価されなかったけどね。自分では、あぁ立派な判決だって思ってるのはね、残してあるよね。だから、平凡な無罪判決だけでもこんなけあるんだよね。
<ナレ> 中でも、特に記憶に残る判決があります。東海地方のある裁判所にいた時のこと。国政選挙に絡み、ある候補者を支援する町議会議員が町民達を接待。公職選挙法が問われた裁判です。この時、接待を受けたとして警察の取調べで自白した町民17人が、警察官に自白を強要されたと訴えたのです。
<丹羽> 17人全員が言うんだからね、強制、拷問、あるいは脅迫によってやられたって事は分かったんです。
<ナレ> 丹羽さんは裁判所として一から町民達を調べ、調書を作成。警察側の供述調書は採用しませんでした。
<丹羽> 検察庁は、もう有罪とする証拠が無かったから、求刑論告を放棄しちゃったんです。だから、実質上20名以上が無罪になった。
<ナレ> 疑わしきは被告人の利益に。その刑事裁判の原則に、まさに忠実に事件を裁いた結果の判決でした。ところが現実には裁判官の数と比べて、あまりに事件が多く、一件、一件に十分な審理が尽くせないと感じています。
<丹羽> 儀式化しちゃってる訳でしょ。はっきり言えば。ベルトコンベアみたいに流れてってね。もうそんな、被告人の納得とかね、そんなこと考える余裕もなくてね、とにかく目の前の事件の処理を終らなくちゃならんという事になってたらね、国民が納得…納得までいかなくても分かる裁判というものがね、出来ないじゃないかと。
<インタビュー> それは裁判を受ける側としては、ちょっと不幸な状況ですね。
<丹羽> 不幸な状況ですね。裁判官にとっても不幸な状況じゃないでしょうか。
<ナレ> 似たような状況は既に30年前の裁判官の日記にも記されていました。
<ナレ>(日記) 今日は午後4時から裁判官会議。まず、その始まった内容に驚かされた。全く株式会社裁判所東京支店の、営業成績報告である。売り上げの増大した部、課には所長や所長代行から繰り返し、深甚の謝辞が繰り返される。そして、多数のエリート裁判官は黙々とこの報告に聞き入る。そして、決意を新たにする。『俺もあの事件を早く片付けなくちゃ』。裁判官。汝の名は事件清掃人である。
<ナレ> この日記を書いた頃、福島さんは、札幌地裁から東京地裁へと転任したばかりでした。札幌では裁判長まで勤めたにも関わらず、東京の配属先は民事の手形部。木造の小さな分庁舎が職場でした。
<福島> 札幌から外れてからは一度も裁判長の長の字も、ハハハつかないですわね。
<インタビュー> 気に入らない判決を…
<福島> そうそうそう。そういうような奴は冷飯喰わせて左遷しちゃえっていう事だもん。うん。そういう冷飯は喰いたくないと思いますよね。誰も冷飯大好きって奴はいないでしょうから。それはしょうがないですよ。裁判所の体質ですから。



-----------------------------


<ナレ> 今年3月に弁護士として第二のスタートを切ったばかりの丹羽さん。(草刈り)これから先、実現したい夢があると言います。実はこの事務所の二階を行き場の無い非行少年達に開放したいと考えています。
<丹羽> 法律的に恵まれなくて非行に陥った子と一緒に生活して、その子が立ち直ってくれたらと、立ち直るきっかけになったらという事でね、その少年の居場所を作ってあげたい。
<ナレ> そんな気持ちが芽生えたのは最後の任地、名古屋家庭裁判所にいた頃です。裁判官として問題を抱えた少年達と交流してきたのです。
<丹羽> これは私がね、ある非行少年についてね、少年院へ入れた事件なんです。
「お正月の前に退院できて良かったね。おめでとう。君ならもう二度と非行や犯罪を犯す事は無いだろう。私はそれを信じています。どうか元気に立派に成長してくれる事を祈っています。裁判官 丹羽日出夫」。こういう内容ですね。
<ナレ> これまでは裁判官として更生と償いの機会を与えることが仕事でした。しかし、これからは少年達の社会復帰を一緒に手伝いたいと願っています。
 一方、埼玉の安倍さん。裁判官時代には十分に携わることが出来なかった刑事裁判に生きがいを見出しています。弁護士として担当した恐喝事件で、アリバイが成立するにも関わらず、一審で有罪になった被告人がいました。その東京高裁での判決の瞬間です。
<安倍> 一審判決を取り消して、「有罪判決を取り消す。で、被告人誰々は無罪」って判決。とーうとう無罪判決とったけど、これは随分しんどかったなぁ、大変だったなぁ。
<インタビュー> 今までは判決を下す側、無罪判決を出してきた側が、受けるって体験をした訳ですよね。
<安倍> そうそう。初めてだった。無罪判決受けたの、初めて。
<ナレ> 裁判長は法廷での言い渡しを済ませると、足早に立ち去りました。その時、法壇の上にいる若い陪席裁判官の姿が目に留まりました。
<安倍> ひょっと気がついてね、見たらね、右陪席と左陪席が退場の途中なんだろうけどね、壇の上で私の方をジーッと見てるんですよ。あぁ、だから、やっぱり裁判官には裁判官の想いがあったんだろうな。こういう裁判官もいるんだと。だから、裁判所がこういう裁判官のような人が増えて、裁判所が変わっていくということも絶対に今絶望的だということはないなと。

<ナレ> 法壇の上の裁判官。かつて大法廷の裁判長を勤めた福島重雄さん。その姿は傍聴席からはどんなふうに見えていたのでしょうか。
<山本> そりゃ、偉く見えたですよ。うん。判事さん3人がね、入廷される時には、僕ら起立して迎えて。
<インタビュー> それこそ雲の上の人のような…
<山本> そうそう、雲の上。
<ナレ> 雲の上の人だった裁判長と山本さんは6年前、思いがけない再会を果たしたのです。
<山本> いやもうびっくりしましてね。気さくな方で。一緒に写真撮らせて下さいってね、ほんで撮ってね、「あなたと握手できるなんて夢にも思っていませんでした」って言ったら、「法壇では偉そうに見えたでしょ。このように只の人です。」って言われたのが印象的でしたね。「このように只の人です」。只の人がああいう判決を書くのがすごいと思うんだけど(笑)。
<ナレ> 自衛隊を裁いてから35年。福島さんは判決を下した時の心情を胸に秘め続けてきました。
<ナレ>(日記) 人生に一度、全く情熱を打ち込む事柄があるとするならば、僕にとっては、それは長沼事件であったかもしれない。長い不安と苦悩の日々。今はただ、思い出の一コマにすぎない。
<インタビュー> もう福島さんとしての誇りを持って…
<福島> そりゃそうですよ。自分は自分なりの良心に従ってやった、仕事したって事は、自負してるって云やあ、自負してる事になるでしょうね。良心はこうだったんだけども、こう言われて仕方がない、こういう判決しちゃったっていうような嫌らしい妥協はしなかったっていう事ね。そりゃそうですよ。
<インタビュー> それを35年経った今もずっと変わらない…
<福島> そりゃ、変わらないですよ。同じ事ですよ。
<ナレ> そして、今。長沼の思い出は意外な形で福島さんの日常生活に溶け込んでいました。
<福島> 「長沼判決を終えて」と書いてある。48年10月28日と書いてある。これ、拾った覚えがありますよ、まだね。
<ナレ> 緊張から解放された福島さん。ぶらりと海岸へ出かけました。その時に拾った記念の石です。
<福島> もう、どうもね、裁判官の仕事ったら、もう陰気臭い仕事ですからね。そんなに派手に飲み歩く訳にいかないから、まあ、せいぜい休みとか何とかという時は山に行ったり海に行ったり、魚釣りに行ったり、そんな事ぐらいしか出来ないですわね。フフフ。
 これ、はぐれちゃうんだ。止まらないんですよ、これがね。あ、止まる事もあるけど。これ、押さえにしてあるんです。フフフそういう事です。ちょっと蓋が緩いんですよ。だから蓋が閉まらないと鳴らないから、それで置いといたの。ハハハ。うん。そういう事。
<ナレ> 歴史に名を留めた孤高の裁判官。今、平凡で静かな日常を送っています。
<ナレ>(日記) 考えてみればみるほど奇妙にも思えるここ数年であった。一介の平凡ないち下級裁判所の裁判官である僕にとっては、全く奇妙な事に思えてしょうがない。おそらく、現在でも、また将来でも日本の裁判について語る時、平賀問題、福島裁判長、長沼裁判なる言葉について触れる事なしには語ることは出来まい。どうしていったいそんな事になったんだろう。まさに歴史か運命の皮肉か。戯れ以外に理解しようがないのではないだろうか。


----- 終わり -----




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ