シンポ 「生き残れるかテレビ」

櫛田 稔(NBN-OB)     



  私も参加している市民と言論実行委員会では、「生き残れるかテレビ」というテーマで、下記のように第23回シンポジウムを開催します。
バラ
   関西テレビの「あるある大事典」、日本テレビの「バンキシャ」・・・・でヤラセやがせネタが起きたかと思えば、今度はTBSの「情報7days ニュースキャスター」もヤラセ報道で総務省から「厳重注意」処分を受けました。
   放送界は信頼を損ねる事件を相次いで起こし、自らの媒体価値を引き下げています。

   経営的にも民放局の3月決算は、インターネット広告に食われ、世界的な経済危機、そして過大な地デジへの設備投資で多くの局が創業以来の赤字に追い込まれています。
   そのしわ寄せは、番組予算と人件費の削減、下請けプロダクションへの単価切り下げなど、生き残りを図るため、地デジ移行を前にして大きな岐路に立たされています。



日 時:6月24日(水) 午後6時30分開始
場 所:名古屋ボランティアNPOセンター12階(研修室)(地下鉄伏見駅6番出口から南へ350m)
テーマ:「生き残れるかテレビ」〜番組作りの現場から〜
シンポジスト
   大西文一郎(元東海テレビ報道局長)
   諏訪 誠彦(民放労連東海地連副委員長)
コーデネーター
   大西 五郎(日本ジャーナリスト会議東海代表)

資料代700円(学生300円)



   お時間があったらご参加下さい。
   終了後、私も参加予定の「懇親会」を用意しています。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ