「情報7days ニュースキャスター」のお詫び

2009.6.7   櫛田 稔(NBN-OB)     



釣鐘草

  昨夜CBCテレビの「情報7days ニュースキャスター」を見ていたら、安住アナが、4月11日放送の「国と地方の二重行政の事例として紹介したVTRの一部」について総務省から厳重注意を受けたことについて「お詫び」をしていました。
   残念ながら私は、4月11日放送の「情報7days ニュースキャスター」を見ていなかったので何が問題で、安住アナが謝罪をしているのかハッキリと理解できませんでした。そこで、番組終了直後、TBSへ下記のようなメールを発信しました。


-----------------------------------


   TBS「情報7days ニュースキャスター」責任者 様


   6月6日(土)の今晩、この番組を久しぶりに視聴しました。
   安住アナが、「国と地方の二重行政の事例として紹介したVTRの一部」について総務省から厳重注意を受けたことについて「お詫び」をしました。
   私は残念ながら4月11日の放送を見ていなかったので、何故TBSが総務省から「厳重注意」を受けたのか「お詫び」の意味がよく理解できませんでした。
パラの花    安住アナの説明では不明な点について、さっそく新聞各紙を見たり、総務省のHPを見て「厳重注意の理由と原因」がやっと判明しました。

   TBSの報道マンが普段は清掃車が国道と大阪府道の交差点を通過するとき、ブラシを上げずに清掃しているにもかかわらず、作業員に交差点に入ったらわざわざブラシを上げて作業するようお願い(指示)してカメラ収録し「二重行政」のシンボル映像として歪めた放送したことが判明しました。

   6日放送の「情報7days ニュースキャスター」を見た限りでは、何故総務省から「厳重注意」を受けたのか、日常作業と違う交差点での「ブラシ上げ」というヤラセを何故報道マンが指示したのかという本質(真実)に迫ることをさけたのか、何故真実を覆い隠した「謝罪コメント」だけにしたのかお答えして欲しく思います。
   本来ならば、4月11日に放送した「ブラシの上げ下げの映像」と、それを作業員に指示した記者(ディレクター)の「理由説明(釈明)」の映像を挿入して、安住アナが反省とお詫びをするのが「真摯なTBSの姿」なのではないでしょうか。

   一度失われて信頼回復は容易ではないが、誠実に事の顛末を説明した映像を放送した方が、信頼回復にとって早道であるということをもっと知るべきではないでしょうか。
   TBSには経営者もヒラ社員も、公共の電波を預かって放送を行っているという放送マン、ジャーナリストとしての「志」と「誇り」があるはずです。
   私は、「報道のTBS」というあの輝かしい時代を知る人間の一人ですが、それが地に落ちたことが寂しく悔しくてたまらない心境でメールしていることをお察し下さい。

   夾竹桃の白い花 関西テレビの「あるある大辞典」、日テレの「真相報道バンキシャ」も「インパクト作り」「スクープ作り」に真実を曲げてでも「視聴率がとれるニュース作り」「番組作り」に走った結果があのようにテレビ局の信頼を放送局自らが喪失する結果を招きました。
   TBSにもかってオウム真理教に放送用テープを見せ「弁護士殺害」に加担した苦い経験がありました。身近な教訓がいくつも有るのに何故学ばないのか悔しくてなりません。学ぶ時間も心のゆとりもないのでしょうか。不思議でなりません。
   TBSが視聴率至上主義で報道番組にも意図的にヤラセを行って「インパクト」があり、視聴率がとれるニュース作りに日夜励んでいる(励まさせられている)姿の一端を見る思いをしました。

   この番組は、ジャーナリズムに高い見識あるキャスターや解説者を配置して真実を伝えようとした「筑紫哲也ニュース」のような姿勢では全く無く、視聴率をどうしたら稼ぐことが出来るかいうコンセプトを最優先したと言わんばかりの人気の安住アナ、お笑いタレントのビートたけし、タレント知事の東国原知事を配置するキャスティングは誰が見ても「報道のTBS」ではなく「視聴率狙いのお笑いTBS」に変質した経営体質丸出しのような気がしてなりません。
   NHKにはないのに他の民放局にも政治家とお笑いタレントを出演させ視聴率稼ぎの「お笑い政治談義番組」があるようですが、TBSだけは「商売至上主義」の悪しきマネをせず、「報道のTBS」と言われる「誇りと志」を取り返して欲しく思います。


櫛田 稔     




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ