Nスペ「アジアの“一等国”」を見て

2009.6.7   櫛田 稔(NBN-OB)     



  4月1日(日)21時から1時間15分にわたるNHKスペシャルの「アジアの“一等国”」を録画して見ました。
バラの花   この番組は、日本が国際社会の一員として歩み出した明治時代からの道のりをたどる「JAPANデビュー」の放送第1回目でした。
   日本が植民地政策によってアジアの一等国になることを目指した19世紀末から20世紀前半の日本の姿を探る内容の番組で、現在もシリーズで日曜日の夜放送しています。

   1895年、日清戦争に勝利した日本は台湾を割譲され、初の植民地統治を始めました。
   やがて日本は、イギリスのインド統治やフランスのアルジェリア統治に倣い、植民地を持つことで一等国になろうとします。
   1910年、ロンドンで開かれた日英博覧会で日本は台湾の山岳民族を"展示"し、統治の成功を世界に誇示しました。
   その後も日本は「格差」と「同化」という矛盾した台湾統治を続け、30年代後半からは「皇民化運動」で日本文化を強制しました。
   NHKが2万6千冊に及ぶ台湾総督府の文書や近年発見されたフィルムなどを基に、半世紀にわたる統治の変遷をたどるNHKなればこそ出来る見ごたえのある力作です。



安倍元首相、中川前財務・金融相らがNHK番組の偏向を検証する議員連盟を立ち上げる


  6月5日の朝日新聞は、「日本の台湾統治をめぐるNHK番組が偏向しているとして、釣鐘草 安倍晋三元首相、中川昭一前財務・金融相、中山成彬前国交相ら自民党議員数十人が参加して番組内容や制作過程を検証する議員連盟を立ち上げる」と報道しました。
   自民党議員が問題視するのは、私が見て高い評価を下したNHKスペシャル「アジアの一等国」が偏っている断定しています。
   安倍氏は、自身のメールマガジンで「日本の統治時代について肯定的に話をする台湾人は李登輝元総統をはじめ枚挙にいとまがない。しかしこの番組は反日で貫かれている」として、「番組内容と共に公共放送(NHK)のあり方全般について議論する」と言っています。



これは「検閲」であり、政治介入の「宣言」ではないのか


  政権党の現職議員であり、ついその前まで国家権力を握っていた大物政治家が、自らの政治力でもってNHK番組を痛烈に批判・攻撃して番組作りを「検証」するということは、あからさまな政治介入であるばかりか、実質的な「検閲」に等しいといっても過言ではないように憂慮します。
   NHKが自民党国会議員連盟の数十名の批判を無視すれば、NHKの予算と事業計画が国会多数党の「人質」になっている現状からして、編集権の自主自立が危機にひんしていると言えます。



自民議員の圧力を否定 〜番組「改編」でBPO意見書にNHKが公式見解〜


アメリカキササゲ

  NHKは、ETV特集の従軍慰安婦をめぐる番組改編でも、安倍・中川両氏らから「偏っている」「公正に作るべきだ」と言われ、改編した「前歴」があります。
  4月末に出されたBPOの「意見書」に対し、NHKは公式見解として6月4日、日向英実放送総局長名でBPOへ「自民議員の圧力を否定」し「国会議員の意図を忖度して内容を改編した事実はない」と意見書の受け入れ拒否とも受け取れる「公式見解」を発表しました。

(全文はNHKのHPに掲載http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/090604.html )


  BPOの「意見書」や多くの視聴者の批判を真摯に受け止めた「公式見解」とは到底思えません。むしろ、BPOの「意見書」を全面否定し、個別番組への評価は「筋違い」と開き直っています。ましてや自己検証番組も作って視聴者の声を真摯に受け止めようとする姿勢など全くない姿勢です。
   こうしてみると、安倍元首相らが議員連盟を作って「偏向番組」を「批判・攻撃」しながら「検証」すれば、従軍慰安婦番組のようにNHKは政治家の意図に沿った番組作りを従順に行うだろうと誰もが容易に想像できるのではないでしょうか。恐ろしいことです。



どうすればNHK幹部の自主・自立姿勢を回復できるか?


このHP「みんなの掲示板」で「放送を語る会」の見解が転載されているように、NHKに対しては、「アジアの"一等国"」に対する攻撃的な批判に毅然として対応し、動ずることなく自律的な番組作りの姿勢を貫くよう期待するものです。
   その為にも、一視聴者として、放送OBとしてみんなでNスペスタッフに激励メールを出しましょう。
   根本的には、放送免許を政府から切り離した「独立行政法人」によって行われるようにし、経営委員会が真に視聴者代表を広く選出できるような形に改革し、予算・決算・事業計画も国会から切り離し視聴者代表の経営委員会が審議決定できる構造改革が必要でしょう。

   このHPをご覧の皆さんから「NHKのあり方」についてご意見を承りたく思います。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ