<地デジ問題>

いま延期を決める理由は見当たらない

2009.6.10   坪井龍雄(CBC-OB)     



  佐藤さんの「地上波TVデジタル化の問題点を整理する」拝見しました。
バラ   「 2年延長 」とは、2013年7月にアナログ停波ということでしょうか。
  いま2011年7月24日という目標をめざして 国、NHK、民放をはじめ各所でディジタルへの移行作業がピッチをあげています。現在の進行状況ではまずまずの数字がでています。
   今の段階で延期をという提案には首をかしげます。

   公表されているデータからごく大雑把に現状をまとめると次のようになります。
   全国で、総世帯数 5000万、まだデジタル未対応の世帯は 2000万、デジタル対応可の世帯は 3000万で、ここに 5000万台のデジタル受信機があります。
   最近の6ヶ月間の増加数 824万、その前6ヶ月間の増加数 734万で年間 1558万となります。リーマンショックで気がかりでしたが、いまのところ大きな影響はないようです。
   むしろ増加率は上がっています。このままいけばあと2年余、2011年までに3000万の増加は夢ではありません。
   私の考えるアナログ停波の条件は、未対応世帯 2000万に最低1台の受信機が設置されることです。いま力を集中すべきことは、難視聴対策などの共同受信施設での改修工事の促進。
   経済的弱者、高齢者.障害者への充分な手厚い支援、対応です。

   睡蓮の花 3月時点の総務省の調査データによると、未対応世帯2000万では、保有しているアナログテレビのうち少なくとも1台は、アナログ放送の終了までに「対応予定あり」と回答した世帯は 82.2% となっています。ここで最近始められた各種支援策を強めていけば、目標達成の可能性は充分期待できます。
   いま受信機の価格は低下傾向が続き、インチあたり 3000円を割ってきています。
   チューナーも先日、5980円のものを店頭で見ました。価格の推移を睨みながら切り替えのタイミングを窺っている人も多いことでしょう。私自身も同じような体験をしました。

   我が家は3台のアナログテレビがあり、複数のチャンネルでゴーストに悩まされていました。一度に入れ替えとなると、かなりの金額で無理。とりあえず1台だけとして、アンテナを増設しなければと思っていました。しかし瀬戸方向にマンションがありビル陰となるのでかなり厳しいなと思っていました。

   そんなとき、ふとアナログテレビのゴースト対策についてなにか秘策はないかとNHK受信相談部にあたってみましたら担当の方が気軽に「これからお宅に伺います」との話となりました。結果は全く意外でした。簡単なチェックで名古屋テレビ塔(VHF)中京テレビ(UHF)を向いた従来のアンテナに全く手を触れず、そのまま同時に瀬戸タワーの受信も可能とわかりました。そういう経過があって現在はデジタル、アナログ受信機が混在しています。

   夾竹桃 デジタル放送を見ての感想ですが、あの不快なゴーストは見事に消えました。近所の電気機器からと思われるノイズも消えました。高解像度で大画面の映像は見事です。
   テレビの見方が変わりました。高品位の画像となって、いままでそれほど興味がなかった日本古来の芸術、浮世絵、歌舞伎、仏像や、世界の美術品、例えばゴッホの絵などを大変興味深く見ることができて楽しんでいます。

   基本的に録画してみるというスタイルに変えました。「あまり良い番組がない」との声をよく聞きますが私はそうは思いません。BSも含めて24時間の枠の中で探ると意外な発見があります。

   佐藤さんが心配されている地デジ中継局整備の問題ですが、NHKでは親局、大規模中継局は3月末現在 785局が開設済みで、これで 97%の世帯がカバーされています。小規模の局 1800局は、2010年までに建設終了と計画されているようですが、これはNHKの高い技術力をもってすれば可能だと思います。これには、次のような新しい技術開発の裏づけがあります。

http://www3.nhk.or.jp/pr/marukaji/m-giju199.html
http://www3.nhk.or.jp/pr/marukaji/m-giju212.html



  民放でも同じような努力を期待したいとおもいます。

  今回の地デジへの動きは、単なるアナログからデジタルへと、チャンネルの移動に止まりません。ポイントは 旧放送方式 NTSC から 新放送方式 ISDB−T への展開です。この新しい方式「ISDB−T」については、不勉強で最近まで知りませんでした。いろいろ資料を読んでいますが、難解で歯が立ちません。実に複雑で、巧妙なカラクリだと感嘆しています。

   これは、もともと日本生まれのもので次のような特徴があるとされています。


1、マルチパス障害(ゴースト現象)に強い耐性をもつ
2、単一周波数ネットワーク(SFN)が可能で、周波数有効活用となる
3、雑音などで発生するデータの誤りを訂正し復元することが可。
4、携帯端末向けや自動車など移動体向けサービスも可。

などなど優れた機能を持っています。

   ところで今、2011年7月24日のアナログ放送停止を延期すべしとの話がでています。
   バラ 停止でテレビがみられなくなる「地デジ難民」が多数でるからとの見方です。
   たしかに2011年までにどういう展開があるのかまったく予断を許しません。
   しかし条件をクリアーできる可能性もあるなかで、いま延期を決める理由は見当たりません。延期をするとは、NHK、民放のアナログ、ディジタルのサイマル放送が続くということになります。そこでは様々な問題が発生します。

   地デジへの転換には、国(税金),NHK,民放は,すでに巨額の資金を投入しています。たまたま金融危機ともかさなり、民放では非常にきびしい経営状態を強いられています。
   これが、延長となると、さらに大きな負担となり、ひいては制作番組の質の低下を招くことにつながります。いま民放の商品であるCM映像は、アナデジ混在のなかで、中途半端な形態をとっています。視聴者の方も、すっきりしない画面構成の映像を見続けることになります。
   現時点では、2011年7月24日 切り替え完了を目指すべきです。そして例えば一年前の時点で、状況により柔軟に対処すべき問題と考えます。

   以下参考資料です。クリックすればみれます。

5月末現在普及数

http://www.nhk.or.jp/digital/news/090604/index.html

普及数一覧

http://www.nhk.or.jp/digital/spread/spread_terrestrial.html

地デジについての調査データ

http://www.soumu.go.jp/main_content/000020447.pdf

地デジ普及の世界の動き

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/ithyouka/hearing/090317/siryou2_4.pdf

ISDB−Tとは

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070315/265346/




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ