反戦の詩人・川柳作家を描いた映画

「鶴彬 こころの軌跡」を見ました

2009.6.21    大西五郎(CBC-OB)     



  昭和初期、日本が中国への侵略戦争に突入していく時代に、「川柳」を武器に反戦を貫いた一人の若者がいました。
アジサイ寺(稲沢市の性海寺)で撮ったガクアジサイ    鶴彬を名乗ったこの若者は本名喜多一二(かつじ)といい、1909年石川県かほく市(旧河北郡高松町)で生まれました。一二は文学は人々の心の叫びでなければならないと既成の川柳の作風に反対し、プロレタリア文学運動に参加します。軍隊に召集されても「上官の命令にはどんなことがあっても従えと教えられましたが、上官の考えが間違っている場合でも従わなければならないのでありますか」と問い質すなど、反軍・反戦の態度を貫きました。無産者新聞を隠し持っていることが見付かり2年間陸軍監獄に入れられたりもしました。
   除隊後も活動を続けましたが、1937年、日中戦争の始まった年に治安維持法違反で逮捕され、翌年留置所で赤痢に罹り、29歳で生涯を閉じました。
   この鶴彬の生涯と活動を描いた映画が、生誕100年、没後70年に当たる今年、石川県を中心に多く人々が資金を出し合って作られました。監督したのは「郡上一揆」や秩父騒動を描いた「草の乱」、「最後の早慶戦」の神山征二郎さんです。
   この映画の試写会が6月19日に行われ、行ってきました。
菩提樹の花    映画は、当時のニュースフィルムなどを交えながら、国家の思想統制、弾圧が強まる暗い世相とその中でも「万歳と上げた手を 大陸に置いてきた」「胎内の動きしる頃 骨とどく」「米作る人人 粟を食べ」など反戦や人々の苦しみの告発を貫き通した鶴彬の生き方を描いていて胸に迫ります。
   神山監督の演出による主演の池上リョマの演技も抑えた中にも裂帛の気合が感じられるもので、秀逸でした。
   この映画は、8月1日から名古屋駅西のシネマスコーレで公開されます。みなさんの鑑賞をお奨めします。なお、この映画の公開に併せて神山征二郎映画の軌跡と銘打って神山作品の併映も行われますので、上映スケジュール(時間割)はシネマスコーレ(052−452−6036)で確かめてからお出かけになるといいでしょう。






こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ