クマゼミ始末記

佐藤隆三(THK-OB)     



  ある日の夜7時20分ごろのことです。テニススクールに出掛けるための準備をして自転車置き場に行った。 クマゼミ 8台が精一杯の置き場に9台入っているので、出すのにひと苦労して、さあ出掛けるぞというときに、目の前の路上で小さなものが動いているのに気づいた。よく見ると蝉の幼虫だった。蝉の幼虫が出てくるには少し早い時刻だ。
   私は子供のころから蝉が大好きでよく蝉取りに出掛けたものだ。大きくなってからも、ミーンミンミンミーというオオゼミの声を聴くと一瞬気持ちが子供の頃に帰っていく。子供の頃聴いた蝉の声はほとんどがアブラゼミだったが、父の実家がある村に行くとオオゼミを聴いたものだ。
   それほどの蝉好きだから、目の前をヨタヨタ歩いている蝉の幼虫は宝石のようなものだ。
   テニスに行く時刻で余裕はない。急いで拾い上げると、玄関に放り込んだ。その日はカミさんも帰りが遅いので、わたしがテニスを終えて帰るより先に戻ることはない。玄関のマットの上に放ったが帰ってから直ぐ見つける自信があった。
   テニスレッスンは1時間30分。戻っても部屋は暗くカミさんは帰っていなかった。
   すぐに蝉の幼虫を探した。あのヨロヨロ歩きでは1時間半といえどもそう遠くまでは行くまいと思ったのだが、いくら探しても見つからない。玄関の近くには、私の部屋と東京に行って空き部屋になった娘の部屋があり、廊下を隔てて台所と居間がある。部屋中を探しまわった。だがどうしても見つけることができなかった。
旅行鞄に捉まって羽化したところを見つけた   探している最中にカミさんが帰ってきた。蝉の幼虫がどこを歩いているか判らないから踏んづけないようカミさんに注意し、一部始終を説明して、蝉の幼虫探しを頼んだ。私はテニスでぐしょぬれになったウェアを脱いで風呂に入ることにした。
   風呂に入るまえにトイレに入っていると、カミさんが「見つけた!」という声を上げた。
   急いでトイレを出て娘の部屋に行くと、カミさんの旅行鞄に捉まって羽化を終えたばかりの蝉がいた。この季節だからクマゼミだと思うが未だ背中は薄茶色だった。未だ羽が乾かないせいか、ビクともしない。急いでカメラを持ち出して蝉をモデルに撮影会になった。私は一眼レフカメラで、カミさんは携帯のカメラでの撮影だ。 それが済むと、部屋を暗くして蝉が不安に駆られないように配慮した。 それから1時間ほど過ぎた11時過ぎにカミさんが娘の部屋に入って声を上げた。蝉がひっくり返っているというのだ。少し動けるようになって、危機を感じて飛んでみたものの、飛ぶ力がなくて落っこち、床にひっくり返ったようだ。急いでつまんで娘のベッドに乗せた。背中の色が茶色に変わって、羽にも緑色の筋がはっきりと現れていた。また深夜の撮影会が始まった。恐怖に駆られたのかモデルさんはピクッともしない。
ベッドに乗せて深夜の撮影会   撮影は終わったが、いまは飛ぶ力もないので逃がすのは明日にし、他の部屋に逃げないように入り口の扉を閉めた。窓は網戸にして、暑くなりすぎないように配慮した。
   明け方5時頃に一度目覚めると、蝉のことが気になってふたたび眠りにつくことが出来なかった。テニスクラブに行く日は6時40分に目覚ましラジオが鳴るようにセットしている。そのラジオの音で半睡状態から起きあがって、直ぐに娘の部屋に行った。ところが何処を探しても蝉の姿がないのである。驚いてしまった。蝉の幼虫を見つけたときは宝石を拾ったような気分だった。ところが今は、シャンシャンシャーンというクマ蝉の声を聞けないうえに姿が見えない、部屋の何処かで死んでいるとしか考えられない。宝石を失ったというより、護らねばならない大切な命を自分の手で奪ったという後悔の念だった。どこかで生きていてくれ、直ぐに外に放してやるからと念じて探すのだが何処にも見つからなかった。
   テニスに出掛ける時刻になったので、探すのは帰ってからにした。
   真夏日の暑い日だった。1.5リットルの水を飲みながらテニスを楽しんだ。
   家に戻ってからまた蝉探しを始めた。娘のベッドのタオルケットや肌がけ布団を捲って調べた。どこにもいる気配がない。生きているなら短い鳴き声ぐらい聞かせるだろう。それがないのだからやはり死んでいるのだろう。ある日干からびたクマゼミを見ることになるかもしれない。
   いくら探しても見つからないので諦めた。いつものように昼寝をしたが、今日は朝早く目覚めたので30分の昼寝の予定が1時間になってしまった。そのあと、本を読んだり、「水戸黄門」の再放送を見て過ごした。
クマゼミ   夕方、夕食材料を買いにアピタに出掛けた。帰ってからしつこく娘の部屋に入った。すると驚いたことに、網戸にクマゼミがとまっていた。どこに隠れていたのか生きていたのだ。うれしくなった。なんとか早く逃がしてやりたい。だが、こちらの気持ちが蝉に伝わるわけではない。近づくと蝉は驚いて逃げ出し、蛍光灯にぶつかりながらあわてている。
   入り口の扉を閉めて蛍光灯を消した。また網戸に逃げていった。今度は慎重に近づき、網戸の下に落ちたところを捕まえ、網戸を開けて逃がしてやった。ホッとした。最後まで鳴き声がなかったところを見るとメスゼミだったようだ。護るべき命を失わせず済んだ喜びは大きかった。今後は蝉の幼虫を見つけても部屋に持ち帰ることは多分ないだろうと思った。
   カミさんの旅行鞄にしがみついた蝉の抜け殻がいまもそのままになっている。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ