東海テレビ制作の「検事のふろしき」を見て

佐藤隆三(THK-OB)     



  録画しておいた東海テレビ制作のドキュメンタリー番組「検事のふろしき」を見た。
  オニユリ初めて検察にテレビカメラが入ったという謳い文句だが、「裁判長のお弁当」が裁判所の矛盾を露出させていたようには、批判的なものがない番組づくりだった。
   番組は、力士の暴行死事件と、裁判員制度を前にした模擬裁判を並行に進めながら組み立てられていた。 模擬裁判の判決は証拠が少なすぎて無罪になった。そのあと、若い女性の遠山検事がインタビューに応えて、「死人に口なしで、もし本当に被告がやっていたとして、やっていないと言って、証拠も少ないから何もペナルティを受けないのかってことを考えながら、評議される裁判員の方がどれだけいらっしゃるのかなぁっていうのは思いましたね」と言っていた。
   この裁判が始まる前には、同じく若い女性の渡辺検事が「人間がひとり亡くなっているのに、結局だれも処罰されないと、そういう社会になっていいのかという視点も常に私たちとしては持っている」と証拠の少ない事件を起訴した理由を説明していた。
   今回取材対象になった検事グループのリーダー格の長谷川検事が自分の心構えとして「先ず検事である前に、ひとりの人間として悪いことは許せないという素朴な正義感を持ちつづけること。そのうえでプロの法律家として厳しい眼で証拠を見て、捜査公判を通じて事件の真相を解明していく。まぁ、そういう検事になりたいと思っています」と述懐している。
   検事が、正義感に基づいて懸命に頑張っていることが伝わってくる。
アサガオ   だが、遠山検事や渡辺検事の言葉から、じつは検事の正義感こそ冤罪事件を生む原因ではないかという思いを強くした。
   同じような模擬裁判が全国で行われ、名古屋では無罪だったが全国では有罪22、無罪18と大きく割れている。怖いことだ。
   「もし、本当に被告がやっていたとして」という仮定は「もし、被告が無実だったら」という仮定と対置されねばならない。「人ひとり亡くなっているのに誰も処罰されない社会でいいのか」という正義感が冤罪を生む温床なのだ。「一人の人間として、悪いことは許せない」という気持ちは裁判所に向けるのではなく、十分な証拠を集めきれなかった警察に向けられるべきではないのか。そんなこと言ったって、あの状況じゃこれ以上証拠なんて見つかりっこないと思ったら、それは自分たちが負けたのだと考えるような検事になって欲しいとテレビを見ながら思った。
   今までテレビが入ったことのない検察にカメラが入ったことの意義は大きい。検察にゴマすりした番組という意見も聞くが、けっしてそうではない。国民はもっと検察のことを知るべきだし、検察が見せてもいい映像のなかにも問題点は見えてくる。制作者の意図もこの辺にあるのではないかと思った。
   冤罪は警察と検察だけで作るのではない。裁判所も一緒になって作っているのだ。
サルスベリの花   東海テレビの「裁判長のお弁当」が素晴らしい番組として評価され、数々の賞を貰っている。だが、未だマスコミの裁判批判は弱い。例えば足利事件で菅谷利和さんが再度のDNA鑑定で犯人でないことが判り再審が決まったが、警察の捜査や検察の立証方法を批判しても、誤った判決を出した裁判官がマスコミで批判されることはほとんどない。
   原寿雄元共同通信社社長が岩波新書「ジャーナリズムの可能性」で、「ジャーナリズムは裁判を聖域視する傾向が強く、監視しようという批判的な姿勢が弱すぎた」と指摘し、「裁判官による捜査当局への過度の信頼・依存をはじめ、不適切な職権行為や判断ミスで冤罪を生みながら、その責任を問題にしないのは差別的慣行である」と述べているのは同感です。と同時に検察に対する批判的な姿勢も弱すぎるように思われる。
   マスコミも批判されるべき点がある。被害者側にべったりと寄り添って、テレビが平然と犯人捜しや「裁判ごっこ」の放送を垂れ流すのは止めるべきだ。
   「検事のふろしき」を見て、検察官の正義感を信頼し、その正義感が冤罪を生まないようにするには取り調べ全過程の録画化と、自白は証拠としないこと、裁判員裁判には、疑わしきは被告の有利にを徹底し、評議内容の守秘義務範囲の限定などが不可欠だと思った。
蓮の花   番組のなかで、岳井検事が裁判員裁判の評議について、「評決、評議自体非公開ですけど、それを後で検討するような機会がないと、闇の向こうでいったいどんな話がされたんだって、たぶん一般の人も思うと思うんですよね」と言い、渡辺検事も「制度がつづけられるとしても、形をまぁどうしても修正していかないとなかなか存続が難しいと思います」と述べている。
  最高裁主導で進められている裁判員制度がこのままでは問題が大きすぎることを検察官も認めているということだ。
   裁判員制度がスタートしたが、問題点を修正させる働きかけが今後ますます大切なっていくように思った。




こえ「目次」に戻る













  講演会と学習会のDVD
    紹介ページへ